デジタルで切り開くビジネスの未来

セキュリティを強化し、働き方改革を加速させる! Windows 10 に今すぐ移行すべき理由とは?

TOP

セキュリティを強化し、働き方改革を加速させる!Windows 10 に今すぐ移行すべき理由とは?

Date : 2018.11.22

Writer : MOTOKI HONMA

2020年1月14日のWindows 7 の延長サポート終了まであと1年と半年を切ったものの、Windows 10 に移行していない企業はまだ多い。しかし、最新OSの導入は、サポート終了への備えというだけではなく、企業にとって大きなメリットがあるため、できるだけ早期に実施した方がよいという。今回は、2018年10月11日(木)に東京・新宿で開催されたセミナー「WorkStyle Innovation in 新宿」の講演内容から、その理由や背景を探っていこう。

Windows 10 の最新防御戦略

企業のセキュリティの向上と働き方改革をテーマとした「WorkStyle Innovation in 新宿」の幕開けを飾ったのは、日本マイクロソフト株式会社 コンシューマー&デバイス事業本部 デバイス&ソリューションマーケティング本部 コマーシャルエバンジェリストの佐藤氏が登壇者を務めた「変化をチャンスに変える Windows 10 の導入メリットと移行のポイント」。

日本マイクロソフト株式会社
コンシューマー&デバイス事業本部
デバイス&ソリューションマーケティング本部
コマーシャルエバンジェリスト
佐藤 実氏

講演の冒頭、佐藤氏は2020年1月14日にWindows 7 の延長サポートが終了することを説明した上で「サポートが終わるため入れ替えなければいけないということだけでなく、Windows 10 にすること自体に大きなメリットがある」と説明。そして、そのメリットの1つがセキュリティに関する機能だと語った。

現在、セキュリティの脅威は標的型攻撃による情報流出やランサムウエアによる被害が主流で、企業が直面するセキュリティリスクは高まる一方だ。またプログラムの脆弱性を衝いて攻撃を行うゼロデイ攻撃のようにセキュリティパッチを充てる前に攻撃が仕掛けられるケースも増えている。

つまり現在の情報セキュリティリスクは「攻撃を受けないようにするという従来のセキュリティ体制では防ぎきれない」(佐藤氏)のだ。その点、Windows 10 のセキュリティ機能は「設計思想が従来のOSとは根本的に異なっており、万が一マルウエアが侵入しても勝負できる強さがある」という。

そんなセキュリティ機能の1つが「Windows Defender Exploit Guard」だ。これは脆弱性に対する攻撃を緩和したり、ランサムウエアによって、データがロックされないように不正アクセスから重要なフォルダを守るものである。

「Windows Defender Exploit Guard」は全エディションに標準で搭載されているが、さらにセキュリティを万全にするために「企業で使うのであればWindows 10 のエディションはPro以上で検討して欲しい」と佐藤氏。

なぜならHomeエディションでは、「Windows Defender Application Guard」と「Windows Information Protection」が利用できないからである。前者は、攻撃者から狙われやすいブラウザをコンテナ型仮想化技術により保護するもの。攻撃されてもコンテナを破棄することで安全が担保できるのだという。後者は、アプリケーション間のコピー&ペーストをブロックしたり、所有権が企業のデータを自動的に暗号化することで情報漏洩を防ぐ機能。どちらも企業のセキュリティリスクの低減に大きく貢献できるのは想像に難くない。

Windows Defender対応一覧表

NEXT PAGE

Windows 10 世代のモダンITとは?

1 2

あわせて読みたい

Interview

2018.11.22

ビジネスIT環境構築に
「PC as a Service」を
利用した方がよいこれだけの理由

Writer : MOTOKI HONMA

最新記事

九州ベンチャー企業のPC活用術(後編)農業ベンチャーが取り組んだ働き方改革の極意とは?

2019.01.21

九州ベンチャー企業のPC活用術(前編) モバイルPC×クラウドサービスで“無駄な移動時間”を減らす

2019.01.21

“よくない”を削るのではなく“いい”を増やしていく 「いいじかん設計」でより良い働き方の実現を目指す(後編)

2018.12.21

テクノロジー×イノベーション 不動産業界の常識を覆す新しい働き方(後編)

2018.12.21

少数精鋭・生産性の高さが鍵 業績を上げ続ける上場企業のヒミツ(後編)

2018.12.14

オススメ記事

手間いらずで低コスト、“中小企業に
とって最適なリモートアクセス”とは

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

生産性向上と人材確保へ、
PCレンタル活用で始める働き方改革

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

半年に一度大型更新のWindows 10、
プロの知恵を借りて課題を解決せよ

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

進まぬWindows 10移行の処方箋
Windows 10時代にはOS、
PCデバイス、人が三位一体で進化する

日経 xTECH Active 
Date : 2018.10.12

アーカイブ

無駄の多い会議をスマートにする
「Intel Unite® ソリューション」

会議室のディスプレイにPC画面を投影するために設定を変更したり接続ケーブルを差し替えたりする作業に時間を無駄にしていませんか?

この問題を解決する手段として「Intel Unite®ソリューション」が注目されています。会議室のディスプレイに表示される6桁のPIN番号を、専用アプリをダウンロードしたデバイスに入力するだけで、最大で4台のデバイスを表示できるようにします。

ワイヤレスだから、表示デバイスの切り替えもワンタッチ。同時に複数画面を表示させたり、画面にマークやコメントを記入したりも可能になり、資料共有や比較を驚くほど簡単にします。あなたの会議をIntel Unite®ソリューションでより生産的なものにしませんか?

スマートな会議室よりスマートなコラボレーション

Intel Unite® ソリューション

スマートな会議室よりスマートなコラボレーション

SSD並みのHHDで生産性と効率アップを実現する
インテル® Optane メモリー

インテル® Optane メモリーは、インテル® 3D XPoint メモリーメディアと先進的なシステム・メモリー・コントローラー、インターフェース・ハードウェア、ソフトウェアIPを独自に組み合わせた「インテル® Optane テクノロジー」を搭載する、革新的な高速キャッシュメモリーです。PCデバイス固有の処理パターンを学習し記憶することで、生産性と効率を飛躍的に向上させます。

インテル® Optane メモリーは、高スループット、低レイテンシー、優れたQoS機能、高耐久性を実現し、さまざまな製品でシステムパフォーマンスの可能性を引き出します。特に新たなデータ・ドライブ・アクセラレーション機能を利用することで、高い応答性能を実現できます。

また、データセンターの要件に合わせて設計された「インテル® Optane DC パーシステント・メモリー」も市場に展開されています。

高速化したコンピューティングを体験

インテル® Optane DC SSD

高速化したコンピューティングを体験

ビジネスの高いパフォーマンスを実現する
インテル® vPro テクノロジー

インテル® vPro テクノロジーは、高い生産性を実現するCPUに、セキュリティー機能を内蔵し、リモートでの管理機能を搭載したプラットフォームです。インテル® vPro テクノロジーの一つであるインテル® AMT機能では、電源制御からリモートKVM、IDEリダイレクションなど多様な機能を提供し、社内だけでなくリモートにあるPCデバイスの運用管理の効率化、容易化が可能です。例えば、ネットワークに接続されているPCデバイスの電源が入っていなくても、PCデバイスの状態を外部から把握、修復、保護支援ができます。

さらにインテル® Authenticate ソリューションでは、顔認証対応の強力な多要素ID保護を提供し、煩雑なパスワード再設定が不要で素早いログインを可能にします。認証情報とITポリシーを強化し、OSよりも深い階層でIDを保護します。これら次世代の企業向けPCデバイスに最適化された多様な機能によりビジネス変革を実現します。

インテル® vPro プラットフォーム 次世代に備える
インテル® vPro プラットフォーム 次世代に備える