デジタルで切り開くビジネスの未来

テクノロジー×イノベーション 不動産業界の常識を覆す新しい働き方(前編)

TOP

テクノロジー×イノベーション 不動産業界の常識を覆す新しい働き方(前編)

Date : 2018.12.07

Writer : 森 祥子

「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を」という理念を掲げ、不動産業界の変革に取り組むGAテクノロジーズ。その改革は、社内で日常的に行われている業務改善が礎となっているようだ。リアルとテクノロジー、セールスとエンジニアが理想的な形で融合した同社の働き方を、それぞれの立場から語ってもらう。

テクノロジーの力で不動産業界を変えていく

──GAテクノロジーズさんの事業について教えてください。

株式会社GA technologies
AI Strategy Center
R&D Team
General Manager
稲本 浩久 氏

稲本浩久氏(以下、稲本氏):AIを活用した中古不動産流通ポータルサイト「Renosy(リノシー)」を中心に、物件探しからリノベーション、資産活用、購入後の管理など、不動産の入口から出口まで一生寄り添うようなスタイルでサービスを提供しています。最近では、一口1万円からのクラウドファンディングサービスも開始。今までにない不動産との新しい付き合い方を提案しています。

そのベースになっているのが、テクノロジーの力で不動産業界のイノベーションを起こすReTech(リーテック)の発想。不動産会社でありながら、自社にAI戦略やブロックチェーン戦略に特化した専門部署を持っているという点も当社の特長です。

AIを活用した中古不動産流通プラットホーム、「Renosy(リノシー」。
家探しからリノベーション、資産活用、購入後の管理までを
トータルでサポートする中古不動産ポータルサービス

──その中で、おふたりはどのような業務を担当されているのでしょう。

稲本氏:私はAI戦略部門で、主にAIを活用した業務改善を担当しています。当部署には、ほかに長期的な技術の獲得やブランド価値の向上を含めた3つのミッションがありますが、なかでも業務改善ツールの開発には力を入れていますね。

根岸直希氏(以下、根岸氏):僕が所属しているチームは、不動産売買を行っています。仲介業者様から物件をご紹介いただいて交渉するっていう、リアルの部分ですね。それをサポートしてくれるのが、稲本さんのチームが開発した「Tech Supplier(テックサプライヤー)」というツールです。

──Tech Supplierを使うと、どんなことができるのですか。

稲本氏:「マイソク」と呼ばれる図面入りチラシを自動で読み取ってデータベース化し、優良物件のスクリーニングや物件レコメンドにより、不動産の仕入れ業務にかかる時間を大幅に削減します。マイソクは各社フォーマットがバラバラで、モノによってはFAXを繰り返して劣化していたりするので読み取りが困難とされ、デジタル化が遅れていた部分なんです。しかも、それが毎月5000~6000枚も届けられるため、人力でチェックするには限界があるし、物件選びも担当者の勘と経験まかせになりがちで質の均一化を図れない。そこをデータベース化することで、業務の効率改善と質の担保を両立できるというわけです。

不動産の世界では、このような資料が毎月5000~6000枚届く

根岸氏:メールで届くマイソクは自動でそのまま、FAXで送られてきたものもクリックひとつで読み取りを開始し、間取りや面積、築年数、販売・賃貸価格、管理費・修繕積立金などの項目がデータベース化されます。さらに、これまでの仕入れ事例をもとにAIによるレコメンド機能も付いているので、どれを買うべきかが瞬時にわかる。入社後日の浅いメンバーでも、ベテランの先輩と同じように自信を持って判断することができるんです。

NEXT PAGE

エンジニアとセールスの距離が近いオフィス

1 2

あわせて読みたい

Interview

2018.12.07

進化したCPUが
PCの役割を拡大していく(前編)

Writer : 元田 光一

最新記事

テクノロジー×イノベーション 不動産業界の常識を覆す新しい働き方(前編)

2018.12.07

少数精鋭・生産性の高さが鍵 業績を上げ続ける上場企業のヒミツ(前編)

2018.12.07

進化したCPUがPCの役割を拡大していく(後編)

2018.11.30

枠にとらわれず1から制度を作っていく、社員のための「働き方改革」(後編)

2018.11.30

インテルの最新テクノロジーが作るIT基盤の未来の姿とは?

2018.11.30

オススメ記事

手間いらずで低コスト、“中小企業に
とって最適なリモートアクセス”とは

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

生産性向上と人材確保へ、
PCレンタル活用で始める働き方改革

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

半年に一度大型更新のWindows 10、
プロの知恵を借りて課題を解決せよ

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

進まぬWindows 10移行の処方箋
Windows 10時代にはOS、
PCデバイス、人が三位一体で進化する

日経 xTECH Active 
Date : 2018.10.12

アーカイブ

無駄の多い会議をスマートにする
「Intel Unite® ソリューション」

会議室のディスプレイにPC画面を投影するために設定を変更したり接続ケーブルを差し替えたりする作業に時間を無駄にしていませんか?

この問題を解決する手段として「Intel Unite®ソリューション」が注目されています。会議室のディスプレイに表示される6桁のPIN番号を、専用アプリをダウンロードしたデバイスに入力するだけで、最大で4台のデバイスを表示できるようにします。

ワイヤレスだから、表示デバイスの切り替えもワンタッチ。同時に複数画面を表示させたり、画面にマークやコメントを記入したりも可能になり、資料共有や比較を驚くほど簡単にします。あなたの会議をIntel Unite®ソリューションでより生産的なものにしませんか?

スマートな会議室よりスマートなコラボレーション

Intel Unite® ソリューション

スマートな会議室よりスマートなコラボレーション

SSD並みのHHDで生産性と効率アップを実現する
インテル® Optane メモリー

インテル® Optane メモリーは、インテル® 3D XPoint メモリーメディアと先進的なシステム・メモリー・コントローラー、インターフェース・ハードウェア、ソフトウェアIPを独自に組み合わせた「インテル® Optane テクノロジー」を搭載する、革新的な高速キャッシュメモリーです。PCデバイス固有の処理パターンを学習し記憶することで、生産性と効率を飛躍的に向上させます。

インテル® Optane メモリーは、高スループット、低レイテンシー、優れたQoS機能、高耐久性を実現し、さまざまな製品でシステムパフォーマンスの可能性を引き出します。特に新たなデータ・ドライブ・アクセラレーション機能を利用することで、高い応答性能を実現できます。

また、データセンターの要件に合わせて設計された「インテル® Optane DC パーシステント・メモリー」も市場に展開されています。

高速化したコンピューティングを体験

インテル® Optane DC SSD

高速化したコンピューティングを体験

ビジネスの高いパフォーマンスを実現する
インテル® vPro テクノロジー

インテル® vPro テクノロジーは、高い生産性を実現するCPUに、セキュリティー機能を内蔵し、リモートでの管理機能を搭載したプラットフォームです。インテル® vPro テクノロジーの一つであるインテル® AMT機能では、電源制御からリモートKVM、IDEリダイレクションなど多様な機能を提供し、社内だけでなくリモートにあるPCデバイスの運用管理の効率化、容易化が可能です。例えば、ネットワークに接続されているPCデバイスの電源が入っていなくても、PCデバイスの状態を外部から把握、修復、保護支援ができます。

さらにインテル® Authenticate ソリューションでは、顔認証対応の強力な多要素ID保護を提供し、煩雑なパスワード再設定が不要で素早いログインを可能にします。認証情報とITポリシーを強化し、OSよりも深い階層でIDを保護します。これら次世代の企業向けPCデバイスに最適化された多様な機能によりビジネス変革を実現します。

インテル® vPro プラットフォーム 次世代に備える
インテル® vPro プラットフォーム 次世代に備える