デジタルで切り開くビジネスの未来

九州ベンチャー企業のPC活用術(前編) モバイルPC×クラウドサービスで
“無駄な移動時間”を減らす

TOP

九州ベンチャー企業のPC活用術(前編) モバイルPC×クラウドサービスで“無駄な移動時間”を減らす

Date : 2019.01.21

Writer : 西山 毅

九州を地盤としたプロフェッショナル集団として、監査や会計、税務など様々な分野で顧客企業を支援する如水グループ。日々の活動の中で最重要視するのは“顧客と相対する時間をいかに増やすか”ということだ。同グループでは働き方改革が日本企業全体の課題となる以前から、いつでも、どこでも、仕事のできる環境の整備を進めてきた。その取り組みとは?

最重要テーマとして掲げたのは
“無駄な移動時間を極力減らす”こと

-始めに如水グループの概要について、ご紹介いただけますか。

如水監査法人・如水税理士法人
代表社員 公認会計士・税理士
公認情報システム監査人(CISA)
グループ統括
児玉 邦康氏

児玉邦康氏(以下、児玉氏):グループ名の如水は、福岡の町を創った黒田官兵衛(如水)から取ったもので、黒田官兵衛のような豊かな人間愛を持って、お客様に価値を提供させていただくという思いを込めたものです。

私が公認会計士として開業した2005年にスタートし、その後2007年に監査法人を、2011年に税理士法人を設立して、この2つのほか、社会保険労務士事務所、弁護士事務所、コンサルティングファームを含めた「如水グループ」を統括させていただいております。また2017年には新会社として、増田が代表取締役を務める株式会社独歩を立ち上げました。クラウド会計サービスを始めとする各種ITソリューションの提供と導入支援を行う会社です。

如水グループは「九州」を地盤としたプロフェッショナルとして、
地域経済の健全な発展のためにできることを求め続けている

独歩が提供するITクラウドツール導入コンサルティングの中で提供する「クラウドマップ」。
様々なツールがある中、課題をヒアリングし必要を思われるツールを選別、
業務フローの改善を示すもの。

-御グループは、いわゆる“士業(しぎょう)”の皆様が集まって活動されていますが、その中での働き方改革とは、どのようなものでしょうか。

児玉氏:私が統括する監査法人には15名のメンバーがいますが、基本的に皆、オフィスにはおらず、年平均で200日近く、日本全国のお客様のところにいます。一方、税理士法人には約20名の人員がいますが、うち約10名が私直轄のメンバーで税理士が4名、残りが彼らを支えるスタッフという構成です。

監査人にしても、税理士にしても、日々の活動の中で常に意識しているのは、“お客様と相対する時間を最大限に増やすこと”です。そして私たちは身体1つあれば、いつでも、どこでも仕事をすることができる。

そう考えると、まず取り組むべき課題は“無駄な移動時間を極力減らす”ことです。そこで1人に1台、モバイルPCを配ってSkypeやChatworkを導入し、必要な時にすぐお客様とコミュニケーションを図ることができる環境を構築しました。またメンバーの生産性を向上させるために、様々なクラウドサービスも活用しています。

こうした取り組みは、今の世の中から見れば働き方改革と呼ばれるものかもしれませんが、我々自身は働き方改革を意識したということではなく、あくまでお客様と接する時間をいかに最大化するかという視点から、モバイルPCや各種クラウドサービスの導入を進めてきたということです。

-実際に利用されているクラウドサービスとは、どのようなものですか。

児玉氏:グループウェアとオンラインストレージの用途では、G Suiteを利用しています。またオフィスツールとしては、Office 365ですね。WordやExcel、PowerPointで作成する作業途中のドキュメントはOneDriveに保存し、完成したものはGoogle ドライブに保管するという形を取っています。オフィス内に物理的なサーバは一切ありません。

お客様とのコミュニケーションには、先にも紹介したSkypeやChatworkを、また如水グループ共通のコミュニケーションツールとしても、Chatworkを利用しています。

NEXT PAGE

モバイルPCとクラウドサービスの活用で、生産性の向上を実現

1 2

あわせて読みたい

Interview

2019.01.21

九州ベンチャー企業のPC活用術(後編)
農業ベンチャーが取り組んだ
働き方改革の極意とは?

Writer : 西山 毅

最新記事

九州ベンチャー企業のPC活用術(後編)農業ベンチャーが取り組んだ働き方改革の極意とは?

2019.01.21

九州ベンチャー企業のPC活用術(前編) モバイルPC×クラウドサービスで“無駄な移動時間”を減らす

2019.01.21

“よくない”を削るのではなく“いい”を増やしていく 「いいじかん設計」でより良い働き方の実現を目指す(後編)

2018.12.21

テクノロジー×イノベーション 不動産業界の常識を覆す新しい働き方(後編)

2018.12.21

少数精鋭・生産性の高さが鍵 業績を上げ続ける上場企業のヒミツ(後編)

2018.12.14

オススメ記事

手間いらずで低コスト、“中小企業に
とって最適なリモートアクセス”とは

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

生産性向上と人材確保へ、
PCレンタル活用で始める働き方改革

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

半年に一度大型更新のWindows 10、
プロの知恵を借りて課題を解決せよ

日経 xTECH Active 
Date : 2018.09.28

進まぬWindows 10移行の処方箋
Windows 10時代にはOS、
PCデバイス、人が三位一体で進化する

日経 xTECH Active 
Date : 2018.10.12

アーカイブ

無駄の多い会議をスマートにする
「Intel Unite® ソリューション」

会議室のディスプレイにPC画面を投影するために設定を変更したり接続ケーブルを差し替えたりする作業に時間を無駄にしていませんか?

この問題を解決する手段として「Intel Unite®ソリューション」が注目されています。会議室のディスプレイに表示される6桁のPIN番号を、専用アプリをダウンロードしたデバイスに入力するだけで、最大で4台のデバイスを表示できるようにします。

ワイヤレスだから、表示デバイスの切り替えもワンタッチ。同時に複数画面を表示させたり、画面にマークやコメントを記入したりも可能になり、資料共有や比較を驚くほど簡単にします。あなたの会議をIntel Unite®ソリューションでより生産的なものにしませんか?

スマートな会議室よりスマートなコラボレーション

Intel Unite® ソリューション

スマートな会議室よりスマートなコラボレーション

SSD並みのHHDで生産性と効率アップを実現する
インテル® Optane メモリー

インテル® Optane メモリーは、インテル® 3D XPoint メモリーメディアと先進的なシステム・メモリー・コントローラー、インターフェース・ハードウェア、ソフトウェアIPを独自に組み合わせた「インテル® Optane テクノロジー」を搭載する、革新的な高速キャッシュメモリーです。PCデバイス固有の処理パターンを学習し記憶することで、生産性と効率を飛躍的に向上させます。

インテル® Optane メモリーは、高スループット、低レイテンシー、優れたQoS機能、高耐久性を実現し、さまざまな製品でシステムパフォーマンスの可能性を引き出します。特に新たなデータ・ドライブ・アクセラレーション機能を利用することで、高い応答性能を実現できます。

また、データセンターの要件に合わせて設計された「インテル® Optane DC パーシステント・メモリー」も市場に展開されています。

高速化したコンピューティングを体験

インテル® Optane DC SSD

高速化したコンピューティングを体験

ビジネスの高いパフォーマンスを実現する
インテル® vPro テクノロジー

インテル® vPro テクノロジーは、高い生産性を実現するCPUに、セキュリティー機能を内蔵し、リモートでの管理機能を搭載したプラットフォームです。インテル® vPro テクノロジーの一つであるインテル® AMT機能では、電源制御からリモートKVM、IDEリダイレクションなど多様な機能を提供し、社内だけでなくリモートにあるPCデバイスの運用管理の効率化、容易化が可能です。例えば、ネットワークに接続されているPCデバイスの電源が入っていなくても、PCデバイスの状態を外部から把握、修復、保護支援ができます。

さらにインテル® Authenticate ソリューションでは、顔認証対応の強力な多要素ID保護を提供し、煩雑なパスワード再設定が不要で素早いログインを可能にします。認証情報とITポリシーを強化し、OSよりも深い階層でIDを保護します。これら次世代の企業向けPCデバイスに最適化された多様な機能によりビジネス変革を実現します。

インテル® vPro プラットフォーム 次世代に備える
インテル® vPro プラットフォーム 次世代に備える