日経 xTECH Special

2019年度上半期までには進めておきたいWindows 10への移行。Windows 7を使い続けることのリスク、Windows 10に移行することのメリットを改めて確認した上で、実際の移行で気をつけたい点やデバイス選択のポイントを探ってみた。

常に変化する
リスクとセキュリティ

Windows 7のサポート期間終了である2020年1月14日に向け、Windows 10への移行を考え始めている企業は多いと思われるが、どうしても着手が先延ばしになってしまうという実情もあるのではないだろうか。

そもそもなぜWindows 10へ移行しなければならないのか、危機感が薄いことも先延ばしの理由となっているかもしれない。そこで改めてWindows 7を使い続けることのリスクとWindows 10へ移行するメリットを確認していこう。

Windows 7を使い続けることのリスクで大きいのは、何といってもセキュリティだ。サポート期間が終了することで、セキュリティ更新プログラムが受けられなくなるため、メールやクラウドを始めWebを経由して、常に変化し続けるウイルスやマルウエア、フィッシングサイトなどの被害を受けやすくなる。業務に支障をきたすような事態や、情報漏えいなどの信用毀損を避けるためにも、Windows 10への移行は必須と言えるだろう。

Windows 10には、ウイルス対策の「Windows Defender」、フィッシングサイトや有害アプリをブロックする「SmartScreen」、顔認証と指紋認証によるログインを管理する「Windows Hello」、OS起動前にウイルス感染を保護する「セキュア ブート」といったセキュリティ機能が、オプションではなく標準で装備されている。

Windows 10は、過去のOSとは違って今後はメジャーアップデートを行わず、機能の追加や改善をしながら常に最新の状態を保つ新しいOSだ。ということは、上記のようなセキュリティ対策も、いつでも最新の状態が維持されるということになる。また、セキュリティだけでなく、Windows 10はパフォーマンスや使いやすさも進化し、業務効率アップが望めるのだ。

※出典:https://www.microsoft.com 「サポート終了後のパソコンを使い続けることによるリスク」

ARTICLE ARCHIVE

働き方改革 実践事例ムービー