仮想化基盤で噴出する新課題をシンプルな構成と運用管理で解決

現在、自治体で採用が進む仮想化基盤。サーバー統合によるコスト削減などのメリットの反面、その複雑性に起因する課題も浮上している。HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)のパイオニアとして知られHCIの先を行くソリューションを提供するNutanixでは、プライベートクラウド、パブリッククラウドの利点を兼ね備えた「Enterprise Cloud OS」を提供。仮想化基盤のメリットを生かしながら、極めてシンプルなシステム構成と運用管理性を実現することで課題を解消している。

仮想化基盤で顕在化する導入や運用管理の課題

ニュータニックス・ジャパン合同会社 東日本営業本部 広域テリトリー営業部 第一営業部 部長 市川 理樹 氏

ニュータニックス・ジャパン合同会社
東日本営業本部
広域テリトリー営業部
第一営業部 部長
市川 理樹 氏

各種法制度の改正や行政サービスにかかわる住民ニーズの高度化など、今日の自治体は変化にさらされている。自治体システムを支えるITインフラには、さらなる俊敏性と拡張性、柔軟性が求められている状況だ。
 そこで近年、自治体で進められているのが仮想化基盤の採用だ。特に最近では、全庁規模の共通ITインフラに仮想化基盤を導入し、プライベートクラウド化をするケースも増えている。
 「確かに仮想化によって、物理サーバーの集約をはじめとする様々なメリットを享受している自治体様は多いと思います。しかしその一方で、仮想化基盤の複雑性に起因する課題が顕在化しているのも事実です」とニュータニックス・ジャパンの小澤周平氏は指摘する。
 例えば導入に際しては、サーバーを調達してネットワーク、ストレージなどのコンポーネントを適正に組み上げ、システムとして構築していくには長い期間が必要だ。また、導入後の運用管理でも、コンポーネントごとに提供されている管理ツールを、相応のスキルを持った担当者が適切に使いこなしていかなければならない。
 システムリソースの拡張やアップグレードを行う際には、システムに混在する各種コンポーネントへの考慮を綿密に行う必要があり、どうしても工数が膨らむ。また、仮にシステムに不具合が生じた際には、問題の切り分けが難しく、原因究明や対応処置に多大な時間を要してしまうといった具合だ。
 仮想化基盤をめぐる課題では、パブリッククラウドに基盤を移行するというのも有効なアプローチだ。「しかし、こと自治体のシステムとなると、セキュリティポリシーやデータの所在への制約などから、直ちにパブリッククラウドの活用へと舵を切ることは困難です」とニュータニックス・ジャパンの市川理樹氏は語る。

ハードウエアをシンプル化し、ソフトウエアで多様な制御

こうした自治体が抱えるIT基盤の課題に対し、効果的なソリューションを提供しているのがNutanixだ。Nutanixといえば、HCIの分野を代表するベンダーとして知られるが、現在、同社ではHCIの仕組みをベースに、プライベートクラウド、パブリッククラウドの利点を兼ね備えた「Enterprise Cloud OS」を提供する。
 一般的な仮想化環境では、ネットワーク、ストレージ、SANファブリック、サーバー、そしてハイパーバイザーというレイヤーの組み合わせによりシステムが構成される。
「Nutanixのソフトウエアを組み込んだサーバーとネットワークスイッチがあれば仮想化基盤が即座にできあがります。ハードウエアをできるだけシンプルにし、ソフトウエアによって様々な機能を実装していこうというのがNutanixの創業時からのコンセプトなのです」(小澤氏)。
 このNutanixのソフトウエアとは、サーバー内蔵のストレージを仮想マシンやファイル、アプリケーションのための分散ストレージとして制御する「Acropolis」、Nutanix基盤の運用管理ツールである「Prism」、そしてハイパーバイザーの「AHV」のコンポーネントで構成されている。

NutanixのHCIによりシンプル化される領域
NutanixのHCIによりシンプル化される領域
[図版のクリックで拡大表示]

ライフサイクルに変革をもたらす柔軟な拡張性

ニュータニックス・ジャパン合同会社 西日本広域営業本部 西日本公共営業部 部長 兼 中四国営業部 部長 小澤 周平 氏

ニュータニックス・ジャパン合同会社
西日本広域営業本部
西日本公共営業部 部長
兼 中四国営業部 部長
小澤 周平氏

Nutanixのソリューション採用で、ユーザーにもたらされるメリットには、まずアップグレードの容易さがある。「ワンクリックアップグレード」という機能が提供されており、ユーザーはPrismの画面上で、対象とするソフトウエア、ハイパーバイザー、ファームウエアを選択し、2~3回程度のクリック操作を行うだけ。あとは、仮想マシンをサーバー間で移動させながら、サーバーをリブートしていく形で、サービスを停止させることなく、アップグレードが自動的に完了する。
 「仮想化基盤には各部署が利用する様々なシステムが相乗りしているのが一般的なため、これまでのようにアップグレード時にシステム停止が必要となれば、多大な工数がかかります。作業をベンダーに委託しているケースでも、各部署の了解を取り付ける調整作業は自治体のご担当者様ご自身が行うもの。Nutanixでは、そうした手間が一切不要になるわけです」と小澤氏は語る。 システムに高度な拡張性がもたらされることもNutanixの重要なメリットだ。これは同社ソリューションの最大の特徴とも言えるが、ユーザーはスモールスタートでシステムを構築し、必要に応じてサーバー1台単位で、論理的には無限に拡張していくことが可能になる。このとき、サーバーの搭載するCPUの世代が異なっていても、単一の基盤として管理できる。
 サーバーノードの追加に際しては、Nutanixが新たに接続されたサーバーを自動検出。その後、ユーザーがPrismの画面上から数回のクリックの操作を行うだけで作業が完了し、稼働中の既存環境に影響を与えることもない。
 一般に自治体システムでは、5年程度のサイクルでシステムを更改していくスキームが組まれ、更改時には次期リプレースまでに想定される必要リソースを確保しておかなければならない。「稼働開始から多くの遊休リソースを抱えシステムが運用されていくことになるわけで、ここに大きなムダが生じます」と市川氏は指摘する。これに対し、必要なタイミングで必要なだけリソースを追加していけるNutanixのアーキテクチャはまさに理に適ったものなのだ。

インフラの世代交代も無停止かつシンプルに
インフラの世代交代も無停止かつシンプルに
[図版のクリックで拡大表示]

また、特に中核市以上の自治体では、数多くのシステムが運用されているため、毎年いずれかのシステムに更新が発生している状況だ。システム担当者は常にそのための作業に追われているのが実態だろう。
「必要に応じてリソースを追加し、スケーラブルにシステムを拡張していけるNutanixなら、5年ごとの更新も不要になります。Nutanixの導入は、自治体様のシステム調達のあり方を根本から変革していけるのです」(市川氏)。
 Nutanixでは、“シンプルさ”をキーワードに、現在、自治体システムのインフラ課題の解消に貢献している。最近では、各種レプリケーション技術を採用した災害対策機能など、インフラの運用管理を支援する広範な機能群を標準装備している。スモールスタートで始められるシステムの災害対策としても注目を集めている。


関連リンク
https://www.nutanix.jp/invisible

【お問い合わせ】
ニュータニックス・ジャパン合同会社
https://www.nutanix.jp/
TEL: 03-4588-0520
お問い合わせメールアドレス: jp-events@nutanix.com
お問い合わせフォーム:https://www.nutanix.jp/contact/

▲ページの先頭へ