建築サミット2018 ~建材・設備イノベーション~ 2018年6月29日(金)開催ホテル雅叙園 東京(東京都目黒区)13:00~17:20(予定)

2020年以降の建築業界を展望し、10年先、20年先を見据えて建築や都市の「新たなかたち」を探るシンポジウムを開催いたします。建築界のキーパーソンによる基調講演や、さまざまなテーマによる講演等を予定しております。
申込受付中 無料 事前登録制

開催概要

「建築サミット2018 ~建材・設備イノベーション~」

●主 催:日経BP総研 社会インフラ ラボ/日経アーキテクチュア/日経ホームビルダー
●日 程:2018年6月29日(金)13:00~17:20 (予定)
●会 場:ホテル雅叙園東京(旧目黒雅叙園/目黒区下目黒1-8-1) アクセス
●受講者数:500名(予定)
●受講対象者:設計事務所、デベロッパー、官公庁、建設会社、工務店・ハウスメーカー、建築物の発注者など
●受講料:無料〈事前登録制〉
●構成:「全体講演」(受講者数500名程度)、「テーマ別トラック」(受講者数各150名程度)

プログラム タイムテーブル

※プログラムの内容や時間は変更となる場合がございますのでご了承ください。

プログラム紹介

※プログラムや講演内容・講演時間は変更になる場合があります。開催日直前に再度ご確認いただけますと幸いです。
全体講演 (500名程度)
※下記プログラム、「全体講演」セッションはライブ会場とサテライト会場(音声・パワーポイント投影)に分けての実施となります。サテライト会場へのご案内となる場合がございますのでご了承ください。
※本フォーラムは、後半のトラックをご選択頂くことが必須となります。
基調講演
13:05 ▶︎14:00
「建築における建材や設備の可能性」
建築家・東京大学名誉教授 内藤 廣
技術講演
14:00 ▶︎14:30
「デジタル野帳が拓く業務プロセスイノベーション」
MetaMoJi 代表取締役社長 浮川 和宣
新しい工法や建材の登場で建築物そのものの技術の進展は目を見張るものがあるが、仕事の進め方は数十年前と大きく変わっていない様に見える。MetaMoJiでは、野帳をデジタル化した「eYACHO」を大林組との共同で開発した。以来、数多くの建設会社での導入が進み「eYACHO」をベースにした業務プロセス改善の成功例が続々登場している。
本講演では、デジタル野帳の開発思想と業務プロセスイノベーションの具体的な事例についてデモを交えて解説する。
テーマ別トラック
省エネトラック(150名程度)
特別講演
14:45 ▶︎15:25
「建築空間を変える環境技術とシミュレーション」
小堀哲夫建築設計事務所 小堀 哲夫
日本建築学会賞などを受賞した「ROGIC」や近作について
技術講演
15:25 ▶︎15:55
「業界初の省エネ対応型断熱帯Exp.J.C.と、
静粛な樹脂製床Exp.J.C. 」
エービーシー商会 アルウィトラ・シーリング事業部 販売推進部 技術支援課 課長 力丸 真也
2017年4月に建築物省エネ法に係る省エネ基準の適合義務が始まり、建築物のエネルギー消費性能の向上を図ることが必要になりました。エービーシー商会ではクリアランスからの熱損失に着目。業界初の省エネ効果の「アーキパンション 断熱帯仕様」と、静粛性に優れたエラストマータイプの「アーキウェイブ Eシリーズ 床タイプ」を御紹介します。
特別講演
15:55 ▶︎16:35
「省エネ建築を超え、健康建築へ」
千葉大学 准教授 林 立也
次世代のオフィスビル「スマートウェルネスオフィス」の考え方について説明し、CASBEEコンソーシアムで開発中のCASBEE-ウェルネスオフィスによるその評価・認証方法等について、最新の国内外の状況を踏まえて説明する。
お申込みページへ
木材活用トラック(150名程度)
特別講演
14:45 ▶︎15:25
「いま使える木質材料 〜素材から加工、組立、構造まで〜
東京大学生産技術研究所 教授 腰原 幹雄
森林資源の有効活用から、無垢の製材だけでなく集成材、LVL、CLTなどさまざまな木質材料が開発整備されています。それぞれの木質材料の特徴をおさえながら、製造、加工、組立、構造を通して建築への活用について考えます。
動向解説
15:25 ▶︎15:55
「林業・木材産業の成長産業化の実現に向けて」
林野庁 林政部 木材産業課 木材製品技術室長 齋藤 健一
戦後造成された人工林の多くが利用期を迎える中で、これらの森林資源を循環利用し、林業の成長化を図ることが重要です。原木生産の集積・拡大、木材需要拡大・利用促進、流通全体の効率化等、林業・木材産業の成長化の実現に向けた林野庁の取り組みをご紹介します。
パネルディスカッション
15:55 ▶︎17:20
「木材活用の事例と今後の展望」
【パネリスト】
三菱地所 住宅業務企画部 兼 新事業創造部 主事
柳瀬 拓也
竹中工務店 木造・木質建築推進本部 副部長
小林 道和
東京大学生産技術研究所 教授
腰原 幹雄
林野庁 林政部 木材産業課 木材製品技術室長
齋藤 健一
【モデレーター】
日経BP社 日経BP総研 社会インフラ ラボ 上席研究員 小原 隆
お申込みページへ
Page Top