「この作業、お願い」我が部署の新人アシスタントはAI

様々な領域で活用が進むAIだが、より身近な活用方法が新たに提案された。資料を探してほしい、見積もりを作ってほしい、と依頼をすれば、それをAIが実行。つまり、AIが日々の業務アシスタントを務めてくれるというわけだ。提案しているのは、アルプス システム インテグレーションである。従来から提供しているAIチャットボット「ASBOT」の機能を大幅に拡張し、外部のシステムやサービスとAPI連携することで、チャットを通じた指示で各システムやサービスを使った処理をAIが自動実行できる環境を整えた。

「最も身近」ともいえるAIの新しい活用方法

近年、活用が進むAIソリューションの1つにAIチャットボットがある。企業のWebサイトやECサイトにおける問い合わせ対応の自動化が目的だ。年々、回答精度も高まっており、オペレーターの働き方改革などに大きく貢献している。

このAIチャットボットをほかの領域でも活用しようという動きがある。提案しているのは、アルプス システム インテグレーション(ALSI)だ。

同社は、かねてAIチャットボットサービスとして「ASBOT」を提供しているが、まず提案したのがOffice 365のヘルプデスク業務の自動化だ。Microsoft Teamsのチャット機能をインタフェースとして、ユーザーからのOffice 365の利用に関する質問を受け付け、回答することで、Office 365のスムーズな定着に貢献している。

だが、この用途は、あくまでも冒頭で述べた問い合わせ対応の社内版にすぎない。同社は、AIにもっと身近で、誰の仕事にも貢献するアシスタントとしての役割を与える、AIアシスタントチャットボットとしての活用を提案しているのだ。


使いこなしに必要なのは日本語とテキスト入力スキルだけ

具体的に、同社が実現しようとしているのは、社内にある様々なシステムやサービスを使った業務上の処理を、ユーザーからの「この作業、お願い」的な指示によって実行できる環境だ。

「例えば、営業担当者が社外から、ある顧客との取引に関する資料の収集と送付をチャットで指示する。指示を受けたASBOTは、指示を理解し、営業支援システムなどにアクセスして、それを実行します。まさに業務アシスタントです」とALSIの野口 誠司氏は説明する(図1)。

図1 ASBOTでできることの例

図1 ASBOTでできることの例

スケジュールの管理、社内で行う申請業務、情報の集計・抽出など、煩雑な業務をASBOTに任せられる。しかも、自然言語で依頼でき、新たに使いこなしのためのスキルを習得する必要はない

同社が、このような提案を行うのは、ITの使いこなしに課題を抱えている企業を支援するためだという。

「企業内には、次々に新しいシステムやサービスが導入されていますが、それを使いこなすためには、ユーザーは各システムの使い方を覚えなければなりません。場合によっては、ユーザーに相応のリテラシーが求められることもあり、使いこなしのハードルが高すぎると、充分な成果につながらないこともあります。それでは、せっかくのIT投資がムダになってしまうし、本来、業務効率化や生産性向上のためだったはずのシステムやサービスが逆にユーザーの足を引っ張ってしまうことにもなりかねません。このような問題を解決したいと考えました」と同社の曽根 綱治氏は話す。

極端にいえば、ASBOTなら、日本語とテキストの入力さえ行なえれば、様々なシステムやサービスを使いこなせるようになる。

アルプス システム インテグレーション株式会社 デジタルソリューション事業部 クラウドソリューション部 コラボレーション・AIソリューション課 課長 曽根 綱治 氏アルプス システム インテグレーション株式会社 デジタルソリューション事業部 クラウドソリューション部 コラボレーション・AIソリューション課 野口 誠司 氏

まずは約500機能との連携を目指す

指示した処理を代行するために、ASBOTは各システムやサービスとAPIで連携する。近くリリースされる最新版では、差し当たり5つの外部サービス、および、それらサービスが提供する50の機能とのAPI連携が可能となっている。

「まずはMicrosoft ExchangeやSharePoint、Salesforce、サイボウズのkintoneなど、特にニーズの高いサービスとの連携から手がけていますが、2019年中に、より広範なサービスとの連携も実現したいと考えています。まずは、約50システム、約500機能を利用できるよう、多くのパッケージベンダーやサービス事業者と調整をしていく予定です」と曽根氏は語る。

これらのサービスと連携することで、ユーザーは資料や情報の検索・収集、ワークフローのような、日々の仕事の中で行っている様々な処理を、チャットを通じた指示だけで自動実行できるようになる。

各システムやサービスとの連携も容易に設定できる。GUIを通じて連携させたいサービス、および機能一覧の中からASBOTに実行させたいものを選択し、あらかじめ用意されたテンプレートを使って「条件」や「処理」、そして、その処理を起動させるための「会話」を入力していけばよい。「ITの高度な知識を持たないユーザーでも容易に行えるように工夫しています」と野口氏は話す(図2)。

図2 ASBOTの特徴

図2 ASBOTの特徴

簡単に導入でき、社内の様々なシステムやサービスと連携して、業務アシスタントとしてユーザーの日々の業務をサポートする

指示に対する正答率については、自動学習機能を備えており、使えば使うほど向上していく。回答の形式も、1問1答方式だけでなく、複数の対応策を提示しながら解決に導く選択方式を備えたハイブリッド方式となっており、幅広い指示に対応しやすくなっている。


導入後の活用支援サポートも視野に

既に述べたとおり、まず同社は、連携するシステムやサービスの拡充を目指しているが、同時に導入、運用支援体制の強化にも取り組むという。

「導入したものの、結局、使われないのでは、ITの使いこなしをサポートするという私たちの思いに反します。通常の導入、運用支援だけでなく、使われないという状況に陥ったとき、原因を究明し、運用方法の改善を図る支援を行えるようなサポートメニューなども整えていければと考えています」と野口氏は語る。

新たに提案された、AIアシスタントチャットボットという新しいITの活用方法。連携可能なシステムやサービスの輪が広がるほど、その価値は高まっていくはず。「新人アシスタントはAI」「私の部署にもAIが来た」──。ASBOTによって、AIはさらに身近な存在となりそうだ。

AIアシスタント チャットボット「ASBOT」は、
日経BP社主催 「働き方イノベーションForum」に出展いたします。
当日はセミナー講演のほか、展示ブースにてASBOTのデモを行っております。
みなさまのご来場、お待ちしております。

日時:2019年10月29日(火)10:30~16:10(開場:10:00予定)
場所:ホテル雅叙園目黒 2F

セミナー講演
:13:50~14:30(B会場)
タイトル
:「ことしの新入社員はデキるAIアシスタント」

少子高齢化による労働人口不足や長時間労働といった社会問題により、各企業では働き方改革が大きなテーマとなっています。働き方を改革し業務の生産性を向上させていくには、新たな労働の担い手としてAIの活用が必然となります。本セミナーでは、できるAIアシスタント(ASBOT)の活用による生産性向上の取り組みについてご紹介いたします。

お問い合わせ

アルプス システム インテグレーション株式会社
TEL:03-5499-8034
E-mail:market@alsi.co.jp