組織の壁をなくし、文化・習慣から変える“アトラシアン流DevOps”実践ステップ アトラシアン

高品質なソフトウエアをより短期間でリリースする。これは企業競争力に直結する重要なテーマである。この実現に向け、多くの企業がDevOpsによるスピード開発に取り組んでいるが、「開発と運用とビジネスの現場の摩擦」に悩む企業も少なくない。アトラシアンは、こうした課題を解決する多様なソリューションを提供。組織・文化・習慣を含む新しいサービスデリバリー体制の実現を支援している。

DevOpsの本質を知り「三原則」を実践することが重要

アトラシアン株式会社 チャネルマネージャー 中沢 礼氏
アトラシアン株式会社 チャネルマネージャー 中沢 礼氏

「ビジネスを支えるITや、生活に欠かせない社会インフラの多くがソフトウエアで制御されている現在、あらゆる産業がソフトウエア・ファーストになりつつあります」とアトラシアンの中沢 礼氏は指摘する。この流れの中、競争優位性を確保するため、多くの企業がDevOps体制を実現し、DevOpsやアジャイルによるスピード開発に舵を切っている。

アジャイルでは解決できない大きな課題の1つが、『組織間に残る壁』だ。「開発と運用の間に摩擦がある」「障害対応が遅れがち」「インフラの問題がたびたび発生する」「カットオーバーがずれ込むことが多々ある」——。いずれも、経験のある開発者は多いだろう。アトラシアンは、アジャイルのその課題を解決するもの、アジャイルの先にあるものとして、DevOpsがあると提唱している。

一般にDevOpsは開発部門と運用部門の連携によるソフトウエア開発手法といわれるが、それがすべてではない。本質は、かつてないスピード感を実現するための、組織・文化・習慣を含めた新しい「サービスデリバリー・アプローチ」だというのがアトラシアンの考えだ。その実践に欠かせないのが「DevOps三原則」である。

1つ目は「作業の可視化」。「ワークショップなどによる交流を通じて組織間の理解と共感を促し、情報をすぐに入手できるようにする必要があります」と中沢氏は説明する。

2つ目は「フィードバックの高速化」だ。関係者全員を巻き込み、課題の抽出と改善を高速に回す。

そして3つ目が「継続的な実験」である。失敗を奨励してチャレンジを積極的に促し、個人やチームが学習する文化を醸成する。

「これにより、開発・運用の垣根をなくし、全員が主体的に取り組む“アトラシアン流DevOps”の体制が実現できます。開発サイクルを回す速度と品質が向上し、新機能や新製品をより早く市場へ投入できるようになるでしょう」(中沢氏)

実際、三原則の実践などによりDevOpsを実現しているようなハイパフォーマーの組織においては、以下のような劇的な効果が出ているというデータもある。

・デプロイ頻度を200倍に増加
・リードタイムを約1/2500に縮小
・障害復旧速度を24倍
・変更の失敗率を1/3に減少
・予定外の作業に費やす時間を22%削減

(出典:Puppet社の「2016 State of DevOps Report」による)


DevOpsの一連のプロセスに対応した多様な製品を提供

また、DevOpsで成果を上げるには、どんなツールを使うかもポイントになる。DevOpsには図のような複数のプロセスが存在するが、全体をカバーする統合ソリューションは存在しないため、適材適所のソリューションを選ぶことが肝要になる。

DevOpsのプロセスとアトラシアンの対応製品

DevOpsのプロセスとアトラシアンの対応製品

アトラシアンはDevOpsの各プロセスの作業を最適化する製品を豊富に提供する。各製品同士の連携はもちろん、サードパーティ製の多彩なツールとも柔軟に連携し、チームの可能性を最大限に引き出す

アトラシアンは、一連のプロセスに対応したソリューションを網羅的に提供し、企業を支援している。その1つ「Jira Software」はチームの誰もがソフトウエアを計画・追跡・リリースできるようにし、開発・運用のワークフローを効率化するものだ。

また「Confluence」では、プロジェクト推進に必要な情報などを一元管理し、容易に整理・公開することができる。コンテンツを軸としたコラボレーションが容易になるだろう。

「Jira Softwareで把握した課題とConfluenceの文書を自動でリンクする機能もあり、透明性の高いプロジェクト運営が可能になります。質の高いチームワークを実現することができるでしょう」と中沢氏は紹介する。

さらに、同社の製品はいずれも、主要なDevOpsツールと柔軟に連携できる点を強みとしている。各プロセスで最適なツールを組み合わせることで、チームの可能性を最大化することも容易になるという。

これまで多くの世界的企業のソフトウエア開発ワークフローに貢献してきたアトラシアン。その実績とノウハウを注ぎ込んだソリューション群は、企業が最適なDevOps体制を目指す際の有力な選択肢になるだろう。


▲TOPへもどる


お問い合わせ

アトラシアン株式会社
URL:https://ja.atlassian.com/company/contact