Presented by コンチネンタル・オートモーティブ

ともにクルマの「ミライを、動かそう」

ADASで横浜から世界へ
Sense、Plan、Actが支える
クルマの安全

開発したソフトが世界のクルマに
エンジニア冥利がやりがいを生む

 野呂氏は2018年にグループリーダーに昇進した。「年功序列ではなく、実績と意思さえあれば任せてくれるのが、コンチネンタルのいいところではないかと感じます。希望すれば海外勤務のチャンスも与えられます」と述べている。

 グループリーダーになったことで、ソフトウエアを書くことが中心だったそれまでに比べて、仕事に対する意識も変わってきた。「チームの全員が充実して開発に取り組めるように、環境や雰囲気を作っていくことも重要な役割と感じています。エンジニアが前向きに開発に取り組めるようになれば、ソフトウエアの品質は確実に上がり、それが結果として安全なクルマへとつながっていくからです」。

 一方で、自動車業界が大きな変革の中にある今、システムは高度化と複雑化が進み、開発に与えられる期間も以前より短期間になっている。責任は重くなり難題に直面することもあるが、それでも転職の決断は正しかったと誇らしげな表情を覗かせる。「世界中の自動車メーカーが出す新車のプレスリリースに間接的に関われる感覚はなかなか得がたいものがありますし、交通事故などクルマが持つ負の側面をゼロに近づけていこうという社会貢献的な意義も感じます。なにより、自分が書いたコードが世界中のクルマに搭載され、世界の道を走っているわけですから、エンジニア冥利に尽きます」と説明する。

 これからも日々登場する新しい技術を学びながら、ミライのクルマ作りの一端を担っていく考えだ。

自動運転の実現に必要な
すべての要素技術を持つことが
コンチネンタルの強み

コンチネンタル・ジャパン
ADAS事業部
日本・韓国事業統括
Martin Boesch(マーティン・ボェッシュ)氏

Martin Boesch

 コンチネンタルは、交通事故のない交通社会「ビジョン・ゼロ」をスローガンとして掲げています。その道のりにはいくつかのステップがあり、まずは交通事故による死者をゼロに、そして負傷者をゼロに、その先に交通事故そのものをなくし、交通事故は過去の産物としたいと考えています。ADASはそうした目標を実現する重要なテクノロジーのひとつです。コンチネンタルのシャシー&セーフティー部門では、運転に大きく関わる製品分野をカバーし、カメラやレーダーなどを使い車両周囲をセンシングする「Sense」(認知)、得られた情報をもとに状況を理解し、次の運転ストラテジーを判断する「Plan」(判断)、実際の自動車の動きへと反映する「Act」(操作)という三つの領域で技術開発を進めています。ADAS事業部では、中でも「Sense」の分野に大きく関わっています。

 具体的には、カメラユニット、ミリ波帯の電波を使うレーダーユニット、および、レーザー光を使うLiDARユニットなどのセンサーでクルマ周囲の情報をセンシングし、認識結果から包括的な環境モデルを構築して運転操作の方針を決めて、最後にブレーキやステアリングなどに指示を与えるという流れです。必要な要素技術をすべて持っているのがコンチネンタルの強みのひとつでしょう。

 また、自動運転機能の実用化に関しても積極的に取り組んでいます。たとえば米ネバダ州の自動運転ライセンスを取得した最初のサプライヤーは当社でした。また、高速道路上をドライバーに代わって運転する「クルージングショーファー」機能の実証テストをドイツのアウトバーンや日本の高速などですでに行っており、無人運転車の研究開発も進めています。

 日本では2020年の自動運転の実用化を目標に、多くの企業が開発を進めています。当社も関係当局や日本企業と連携しながらテクノロジーの提供や実証実験に参加しています。東京都心は、渋滞が多く、交差点には歩行者も多く、首都高速の合流のような運転難易度の高い場所もあり、自動運転機能にとってはきわめてチャレンジングな環境のひとつです。

 技術革新は一夜にして起こるものではありません。白熱する自動車業界の中で、実際に最先端のテクノロジーに触れながら、革新に貢献していきたいと考えるエンジニアの方にとって、当社は魅力的な環境であることを保証します。

kakomi02