DX時代の「データドリブン経営」分析人材はもういらない BA(ビジネス・アナリティクス)クラウド「Success MarK」が経営者の意思決定をサポートする DX時代の「データドリブン経営」分析人材はもういらない BA(ビジネス・アナリティクス)クラウド「Success MarK」が経営者の意思決定をサポートする

業務改革、M&A、事業の多角展開など、複雑化を極める事業において的確な戦略を打ち出すために、現状を可視化するBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールは、これまで大きく経営に貢献してきた。社内に蓄積された多種多様なデータを収集して分析し、迅速な意思決定を実現する経営分析の中でも広く普及しており、導入企業は多いだろう。

しかし、分析手法に熟達しないとBIを使いこなせず、また、必要なデータが集まっていなかったり、部署を横断してデータをまとめるのが困難だったりと、BIツールの性能を生かし切れていないパターンも多い。

さらに、DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に求められる経営分析の質は、以前よりさらに深化してきている。現状を可視化し、自社の強みと弱みを把握するだけでは不十分になってきているのだ。

経営者にとって本当に必要な経営分析とは、BIによる現時点の実績から過去の実績を可視化した情報だけではなく、未来の事業戦略のための経営判断に必要な情報である。次のアクションをどうすべきかの指針が欲しいのだ。

一方、KKD(経験、勘、度胸)による経営判断に対し、「データドリブン経営」というキーワードがさかんに謳われてきている。ITの進化により、ビジネス環境が急速に変化するDX時代においては、優れた嗅覚を持つ経営者であっても、これまでの経験や勘に頼る意思決定では心もとない。

そこで、今求められる「データドリブン経営」とは何か。

人事給与や会計業務システムをはじめ、ビジネスプロセス管理(BPM)システムやクラウド型RPAなど、業務改善や経営革新のためのツールを提供している、クレオの平田恵輔氏は言う。

「データドリブン経営とは、データに基づき、客観性のある意思決定を行うこと」だと。

経営の意思決定とは、現在の経営状態から問題の本質を捉え、改善策を立案し、人材と資金をどこにどれだけ投入すべきか、最適な判断をすることだ。「データドリブン経営」には、そうした判断材料を分析によって導き出し、経営者に最適な判断を促す人材が必要だといわれている。

「そのためには、BIツールによって可視化されたデータをもとに、問題解決のための分析シナリオを作り上げることが必要です。そこには経営や自社のビジネス、ITや管理会計を理解しているスキルが求められるため、これまでは経営コンサルタントなどの専門家に任せてきたというのが実情です」と平田氏は語る。

さらに、「ですから、今日の経営分析市場においては、BIツールで可視化するだけでなく、次のプロセスとして、問題解決策を立案するBA(ビジネス・アナリティクス)を行う分析人材の重要性が増しています。FP&Aやデータサイエンティストのような存在ですね。しかし、需要の高まりに対し、国内の分析人材は圧倒的に不足しています。ビジネス課題に対し、経営の勘所を押さえて、解決策を導き出すことのできる人材が、すぐに増えるとは考えにくいですね」と平田氏は続ける。

そこで、クレオは提案する。

「Success MarK」は、データドリブン経営の実現に必要なビジネス・アナリティクスをヒトに代わって、ITの力で実現するクラウドサービスなのだ。

クレオ ソリューションサービスカンパニー マーケティング統括部 プロモーション部 部長 平田恵輔氏
クレオ ソリューションサービスカンパニー マーケティング統括部 プロモーション部 部長 平田恵輔氏
クレオ
ソリューションサービスカンパニー
マーケティング統括部 プロモーション部
部長
平田 恵輔 氏

2007年クレオに入社。大手・中堅企業を中心に「 ZeeM 会計・ZeeM 人事給与 」の提案活動に従事。営業活動の傍ら、ブランディング、プロモーションやカスタマーサクセスに携わり、営業部長を経て現在はマーケティングを担当。

経営者の意思決定をサポートする
経営分析支援ツール
「Success MarK」とは!?

「データドリブン経営」を今すぐ始めるなら必見!
詳しくはPDFをご覧ください。
ダウンロードはこちらから

分析人材に代わってBIからの情報を読み解く
BAクラウドサービス「Success MarK」(全2ページ)

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールは経営者の意思決定に貢献するツールとして、広く企業に浸透してきた。
しかし、社内に蓄積された多種多様なデータを収集し、可視化するだけでは、経営分析の一歩手前の準備段階でしかないと不満を持つ経営者は増えている。 ビジネス環境が急速に変化するDX(デジタルトランスフォーメーション)時代において、経営者の迅速な意思決定をサポートするサービスはないのだろうか。 新たな手法の登場について、クレオの平田恵輔氏に聞いた。

BAクラウドサービス「Success MarK」が
データドリブン経営を実現する武器になる(全4ページ)

BIツールによる実績データをベースに、経営戦略のための判断材料を分析人材に代わって提案するBAクラウドサービス「Success MarK」。
経営者の意思決定をサポートする経営分析支援ツールである「Success MarK」を最大限に活用し、データドリブン経営の大きな武器とするためにはどうすべきか。
「Success MarK」の活用法を解説する。

データドリブン経営をマークする(全24ページ)

「陥りやすい経営分析の誤解」、「『したつもり分析』を改め正しい経営分析を」、「分析人材に頼らない経営分析を」など、経理のスペシャリストへのインタビューを交え、経営分析における問題点を解説。
また、ベストプラクティスに素早くアプローチできる「Success MarK」の特長、開発における思いなど、クレオが提供する価値についても語る。

▲Page Top