2020年からその先へ、今打つべき一手とは
苦悩するIT部門を救う
ITインフラ進化論

2020年からその先へ、今打つべき一手とは 苦悩するIT部門を救うITインフラ進化論
コスト削減や効率化から生産性向上やビジネスへの貢献へ──デジタル化の進展に伴い、経営サイドが求めるIT部門の役割が変わりつつある。しかし、その期待に応えることは容易ではない。企業システムはますます複雑化し、人材が枯渇する中、IT部門は煩雑なITシステムの構築・運用・管理に多くの人と時間を取られているからだ。2020年からその先へ、DX時代に必要なITインフラはどうあるべきなのか。Dell Technologiesのキーパーソンたちに話を聞いた。

厳しい要求が増える一方で
人材は慢性的に枯渇するIT部門の現状

──デジタル時代のビジネスを支えるIT環境において、企業はどのような課題に直面しているのでしょうか。
ヴイエムウェア株式会社 ソリューションビジネス本部 本部長 小林 泰子氏
ヴイエムウェア株式会社
ソリューションビジネス本部
本部長
小林 泰子
小林
 ビジネスとITがこれまで以上に密結合することにより、IT部門の役割に大きな変化が起きています。例えば、モバイルアプリを素早く作って、ユーザーの反応を見ながらアジャイルでアップデートしていく。クラウドのAIエンジンを使って、ビッグデータから新たな価値創造を目指す。こうした新しいタイプのアプリケーション開発が必要になっていることはその1つで、ビジネスへの貢献がより強く求められているのです。

上原
 DXとテクノロジーの進化は表裏一体です。DXを実現するためには、次々と登場してくる新しいテクノロジーを貪欲に吸収していく必要がある。そのことが企業の存続さえも左右しかねないからです。しかしその一方で、基幹系を中心とする既存システムの安定性・信頼性確保といった要求も依然として重要なミッションとして残っている。とりわけ日本においては、少子高齢化による労働人口の減少でIT人材の確保が難しくなる中、オンプレミスのITシステムだけでなく、クラウドやモバイル化の対応、新しい開発への挑戦やスキルセットの習得など、IT部門に求められる要件は、年々増えていっている。これに対応することは容易なことではありません。

──それでは、これからのITインフラには、どのような要件が求められるのでしょうか。
小林
 まずはシステムを標準化し、運用・管理もできるだけ一元化・自動化していく必要があるでしょう。しかし、アーキテクチャが異なるITインフラが分断されたままではそれも難しい。そこでVMwareでは「Any Cloud、Any Application、Any Device」というビジョンを掲げています。これはあらゆるクラウド、アプリケーション、デバイスを、場所や物理的な制約に縛られることなく1つの共通プラットフォームとして、シームレスに使えるようにするというコンセプトです。今後はこうした考えのもとITインフラを捉えていく必要があると思います。

Dell Technologies(デル株式会社) 執行役員 製品本部長 インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 上原 宏氏
Dell Technologies(デル株式会社)
執行役員 製品本部長
インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括
上原 宏
上原
 ソフトウエアを動かすハードウエア自体も変わっていかなければなりません。Dell Technologiesでもこうした考えに基づいて製品開発を進めています。例えばPowerEdgeサーバーには、ファームウエアの改竄をリアルタイムで検知する機能も、問題が生じた場合に以前のバージョンへロールバックする機能も、ハードウエアレベルで組み込まれています。要素技術の進化を取り込み、将来利用が可能になると思われる性能向上のための拡張性も有しているので、投資の軽減につながります。標準実装されている管理ツールを活用することで、人手に頼っていた運用管理作業の多くも自動化できます。

ハイブリッドクラウド戦略
Dell Technologies Cloudを推進

──ソフト/ハードの両面からITインフラを近代化(モダナイズ)することが、Dell Technologiesとして課題解決のアプローチということですね。
上原
 現在は多くの企業が、オンプレミスとパブリッククラウドを併用するハイブリッドクラウドを選択しています。これを受けて、Dell Technologiesはハイブリッドクラウド戦略「Dell Technologies Cloud」を打ち出しました。これは、オンプレミスもパブリッククラウドも同じアーキテクチャでシームレスにつながり、一体的なオペレーションによる効率的な運用を目指すもの。VMware製品とDell Technologiesのハードウエアを組み合わせ、ハイブリッドクラウド環境に最適なインフラ製品群を提供しています。

 そうした考えのもとに具現化されたソリューションの1つがDell Technologiesの「VxRail」です。これはサーバー仮想基盤の「VMware vSphere」、ストレージ仮想基盤の「VMware vSAN」、管理ツールの「VMware vCenter」や「VxRail Manager」などを搭載し、仮想基盤に必要なコンポーネントをすべてパッケージ化したHCI(ハイパー・コンバージド・インフラ)です。

──VxRailによって、企業はどのようなメリットを享受できるのでしょうか。
上原
 これまでのITインフラは「サーバー」「ストレージ」「ネットワーク」の3階層で構成されています。通常はこれらのハードウエアとそれぞれの仮想基盤を個別に調達し構築しなければなりませんが、VxRailはハード/ソフトが一体化されたHCIアプライアンス。しかも、事前検証済みモデルとして提供されるため、電源投入してお客様固有のパラメーターを入力すれば非常に簡単に構築が完了します。一からハードウエアや仮想基盤を調達・構築する場合と比べ、工数を劇的に削減できます。

小林
 VxRailで採用されている、ストレージの仮想化を実現するソフトウエア、vSANは、ハイパーバイザーであるvSphereのカーネルに組み込まれた製品で、vCenterから管理していただけるものになっているため、vSphereをお使いのお客様であれば、非常に簡単にご利用いただくことができます。また、性能面・機能面でも外部ストレージ製品に引けを取らないため、昨今、多くのお客様で重要な基幹業務を含め、ご利用エリアが拡大しています。

 仮想基盤はサーバー、ストレージ、仮想化ソフトなど管理すべきコンポーネントが多く運用も煩雑になりがちです。VxRailはすべてのコンポーネントが1つのアプライアンスに統合されており、管理ツールでアプライアンス全体を一括管理することも可能です。VxRailとVMwareのソフトが同期をとり、互いの整合性を踏まえて最新機能へ一括でバージョンアップできる機能も備わっています。管理作業を大幅に効率化し、統合的なライフサイクル管理を容易に実現できます。これが標準機能として無償で組み込まれているのです。これはVxRailならではの強みだといえるでしょう。

上原
 VxRailはソフト/ハードを含め、すべてDell Technologiesが一括でサポートします。パッケージ化されたコンポーネントだけでなく、既にお使いの既存VMware vSphereもサポート対象に含まれます。トラブルが発生した場合でも、専用窓口にお問い合わせいただければ、ソフト/ハードの切り分けを行うことなく対応可能です。同じグループ企業として、内部で緊密な連携体制を構築しているため、スピーディーで高品質なサポートが提供できるのです。

オンプレミスとクラウドの違いを意識しない基盤を実現

──次世代のITインフラに向けて、ほかにどのような選択肢を提示しているのでしょうか。
上原
 VMware製品との組み合わせで、多様なソリューションを提供しています。「VCF on VxRail」はその1つです。データセンター仮想化の「Software-Defined Data Center(SDDC)」を実現する「VMware Cloud Foundation(VCF)」とVxRailを組み合わせたもの。オンプレミスをクラウドネイティブなインフラに変革できるのです(図1)。

 しかも、VCFは多くのパブリッククラウド事業者が採用しているデータセンター仮想基盤。オンプレミスもクラウドと同じVCF環境になるため、一貫した基盤運用が可能になり「真のハイブリッドクラウド環境」を実現できます。オンプレミスとパブリッククラウド間でのアプリケーションやワークロードの移行も、インフラの違いを意識せずシームレスに行えます。外に出したくない重要データはオンプレミスに置いておき、パブリッククラウドとの連携でDXを推進する。そんな使い方もできます。国内では、既に大手サービスプロバイダーや大手流通業のお客様に採用されています。

図1 VCF on VxRailの構成イメージ 図1VCF on VxRailの構成イメージ VxRailをベースに、VMwareのサーバー、ストレージ、ネットワークの仮想基盤をパッケージ化した。多くのクラウド事業者が採用しているVCFで構成したSDDC環境と同じ環境をオンプレミスでも実現できるため、リソースやワークロードの移行が容易になり、オペレーションも統一できる
小林
 エッジ拠点のクラウド化も視野に入れています。それを実現するのが「VMware Cloud on Dell EMC」。エッジ拠点にVCFで構成したSDDC環境を導入し、それを管理するためのマネージドクラウドサービスを提供していきます。クラウドから、エッジのシステムの導入・維持・管理ができ、オンプレミスのデータセンターやクラウド上のVCF環境も含め、すべてを一貫したオペレーションで管理できる世界を実現します。

 今後はIoT時代が本格化し、エッジ側で多様なIoTデバイスの活用が進みます。そうした環境に対しても、限られた人員で、企業全体のインフラとリソースをより効率的に運用できるでしょう。このサービスは米国で既に提供を開始しており、今後日本でも展開していく予定です。

──ソフト/ハードを含めたテクノロジーの進化に、今後どのように対応していく計画ですか。
上原
 ハードウエアの面では、メモリ技術やストレージ技術の進化を取り込み、処理スピードの向上を目指します。半導体レベルでも画像処理に最適なGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)やIPU(インテリジェント・プロセッシング・ ユニット)の採用を進め、機械学習の精度向上を図ります。運用の自動化を進め、IT部門の負担軽減にも貢献していきます。

小林
 アプリケーションの開発・実行基盤として注目が高まっているコンテナ環境・Kubernetesへの対応も強化していきます。Kubernetesを用いたコンテナ環境のためのターンキーソリューションとして、現在VMware PKSを提供していますが、新たに「Project Pacific」という開発プロジェクトが進行中です。これは、vSphere上でKubernetes環境を提供するというもので、これにより、同じvSphere上で、VMとコンテナの共存が可能になります。システム管理者にとって、コンテナプラットフォームがより身近なものとなり、容易に新しいテクノロジーに対応していくことが可能となります。

上原
 「Project Pacific」が実現するということは、vSphereベースのVxRailがコンテナプラットフォーム基盤にもなるということです。これにより、お客様はさらに安心して次期インフラとしてのVxRailをご採用いただけるのではと考えております。 また、現在すぐに使えるソリューションとしては、VMware PKSとVxRailを組み合わせた「PKS on VxRail」を提供しています(図2)。

図2 PKS on VxRailが実現するコンテナ環境の統合管理 図2PKS on VxRailが実現するコンテナ環境の統合管理 仮想基盤とコンテナ環境を同じVMwareプラットフォーム上で統合管理できることを目指す。仮想化とコンテナ環境用に別々の基盤を用意する必要がなくなる。基盤構築の手間やコストを削減し、コンテンツの相互流通もシームレスになる
小林
 さらに、SDDCのコンポーネントの1つとして提供している運用管理ソリューション「VMware vRealize Operations」にAIや機械学習の技術を取り入れ、運用管理の自動化・高度化を目指していきます。vSphereのリソースの利用状況をモニタリングし、ナレッジベースの推奨パラメーターを提案したり、自動でリソースのチューニングを行えたりするようにします。VMware製品に組み込むセキュリティ機能も拡充し、より安心・安全に使える環境の提供にも力を入れています。

上原
 ソフト/ハードを含めたテクノロジーの進化スピードはますます速くなっています。常にトレンドの動向に目を光らせ、最新テクノロジーを素早くキャッチアップすることが欠かせません。今後もDell TechnologiesとVMwareは緊密に連携し、最新テクノロジーを活用し、Dell Technologies Cloud戦略を推進し、IT部門の課題解決と企業のDXの成功に貢献していきます。
黒田氏と正井氏
お問い合わせ
Dell Technologies(デル株式会社) TEL:044-556-3430
お問い合わせフォーム:https://marketing.dell.com/jp/ja/contact