オンプレと個別クラウド管理の最適解
もう「クラウドならでは」の部分で苦労しない!

あなたの組織では、クラウド化に関連した問題に直面していませんでしょうか。
・クラウド利用のメリットはもちろん分かっている
・しかし、新しい仕組みの理解や運用など「クラウドならでは」の部分で苦労。

多くの企業が、これまでに構築したシステムをすべてクラウド化することは難しいと気付いています。

用途や目的に応じてオンプレミスとクラウドを使い分ける「ハイブリッド化」が進行。
そうなると2つの異なるインフラの管理が必要に。管理負荷は必然的に高くなる。
IT部門も管理の負担が増して疲弊する。

可及的速やかに、企業の変革、DXなどの取り組みに時間を使うべきIT部門が、
その時間をつくることができない、なかなか事態が前に進まない。

情報システム部門もしくは事業部門でIT化を牽引されている皆様は、
上記のような想いを一度は持たれたことがあるのではないでしょうか。

本サイトでは、いかにコストを上昇させずにオンプレと個別クラウドを管理するか、
従来にはないアイデアや先人のノウハウを知り、どのように自社に最適化して取り込むか、その最適解を探ります。

先人の、自社に最適化する際のコツ・秘訣を探ります

2019年から提供が開始された「 Microsoft Azure Stack HCI 」が注目を集めています。Windows Server 2019 の標準機能だけでHCIを実現可能なため、コストメリットが非常に高いことはその1つ。マイクロソフトのクラウドサービス「 Azure 」との親和性も高く、オンプレミス/クラウド間の仮想サーバーの移行やワークロードの実行もシームレスに可能。ただ、Azure Stack HCI のメリットを最大限に享受するためには、いくつかのポイントがあることも事実です。様々な先行事例から、自社に最適化する際のコツ・秘訣を探ります。

さらっと読める、テクニカル・保守・サポート情報です

技術資料が大きな壁として立ちはだかった経験をお持ちの方も多いと思います。「誰もがそれを読みこなしているから・・・」と考えずとも、容易な策を考えましょう。ブログ形式という平易な文章で書かれた Microsoft Azure Stack HCI テクニカル・保守・サポート情報をお届けします。

国内外多数のユーザー企業が Azure Stack HCI を採用。
その情報をまとめました

デジタル変革時代におけるITインフラ構築のポイント――
Windows Server だけで作るHCI

記事を読む

Windows Server 2019 :
The operating system that bridges
on-premises and cloud.

Dell Technologies(デル株式会社)

TEL

044-556-3430

お問い合わせフォーム

https://marketing.dell.com/jp/ja/contact