ITインフラSummit 2019 夏

導入と運用の効率化がIT基盤の共通の課題
HCIがサーバー仮想化基盤の切り札に

富士通
システムプラットフォームビジネス本部
プロダクト企画統括部
PRIMERGY商品企画部
シニアマネージャー
尾藤 篤

オンプレミスとクラウドを問わず、ITシステムには共通の課題がある。いかにして導入と運用を効率化するかが問われる。富士通は、ITシステムの導入と運用を支援するサービスを提供しているほか、導入と運用の簡素化に注力したサーバー基盤を提供している。中でも、サーバー仮想化基盤の導入と運用を簡素化するサーバー形態がHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)だ。

オンプレミスとクラウドを問わず
導入と運用の効率化が課題

富士通
システムプラットフォームビジネス本部
プロダクト企画統括部
PRIMERGY商品企画部
シニアマネージャー
尾藤 篤

ITシステムを支えるインフラのトレンドは、オンプレミスとクラウドサービスが混在した「ハイブリッドクラウド」の案件が増えていることだ。「ユーザーは、オンプレもクラウドも同等に捉えている」と、富士通の尾藤篤氏は指摘する。

しかし、オンプレミスにしろクラウドにしろ、抱えている課題は共通だ。依然として、インフラの導入と運用の効率化に頭を悩ませている。導入作業が煩雑であるほか、業務に応じたシステムのサイジング(容量設計)が困難だ。導入後の運用についても、特に中堅・中小企業では管理者や運用スキルが不足している。

富士通は、ITの導入と運用を簡単にすることに注力し、サーバー製品や導入サービス、運用管理ソフトウェアを提供している。「ITインフラの導入と運用を簡単にしなければならない」(尾藤氏)からだ。

こうした中、富士通ではまず、サーバー出荷時のサービスによって、同社製サーバーの導入を簡素化している。さらに、導入と運用の簡単化の象徴であるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)を富士通製品として提供している。

導入・運用をサービスやソフトウェアで簡素化
LANケーブルのラベル付けからサーバールーム全体を可視化する
ソフトウェアまで提供

富士通では、同社のPCサーバー「PRIMERGY」の導入と運用を簡単にするためのサービス「インフラ導入サービス」や、サーバールーム全体の運用を効率化できる運用管理ソフトウェア「ISM(Infrastructure Manager)」を提供している。

インフラ導入サービスでは、ユーザーの細かい要求に対してきめ細かく対応する。例えば、LANケーブルに貼る識別シールを、ユーザーの指定通りに作成してくれる。これをケーブルに貼り付けた状態で出荷する。ユーザーは、自社でこうした細かい作業をせずに済む。

出荷時のサーバーの構成も、きめ細かく指定できる。例えば、ユーザーの要求に合わせて、内蔵ストレージや外付けストレージのRAID設定を施す。RAID 5やRAID 6など、所望のRAIDレベルでストレージを構成してくれる。

サーバーへのOS/ソフトウェアの導入も実施する。あらかじめ富士通の工場でOSを導入し、セキュリティパッチを当てた状態で出荷する。これにより、ユーザー先でのセットアップ作業を大幅に削減できる。

サーバーを導入した後の運用管理については、運用管理ソフトのISMを提供する。これにより、サーバールーム全体の運用を効率化できる。ISMは、サーバー、ストレージ、スイッチなどのハードウェア、さらにOSやサーバー仮想化ソフトなどのソフトウェアを監視し、これらの状態を可視化する。

用途に合わせてサーバー基盤を最適化
サーバー仮想化ではHCIがトレンドに

サーバー基盤は、サーバーの用途に合わせてシステム構成を最適化して提供することに注力している。これにより、導入と運用を簡単にできるほか、性能やコストを最適化できる。

例えば、SQL Serverの太鼓判構成では、通常のメモリーと同様に使える米Intelの不揮発性メモリー「インテル® Optane DCパーシステント・メモリー」を採用。これにより、メモリーの最大容量を2.5倍に増やしている。

サーバー仮想化のシステム形態としては、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)に注力している。「サーバー仮想化基盤の導入を検討するにあたって、HCIは切り離せない。ユーザーは必ずHCIについて聞いてくる」(尾藤氏)。

HCIのシステム構成面での特徴は、分散型のSDS(仮想ストレージソフト)によってストレージを実現していることだ。サーバー機が内蔵しているストレージを、複数のサーバー機にまたがって共通プール化する。個々の仮想サーバーからは、あたかも外付けのストレージを使っているかのように利用できる。

運用面でのHCIのメリットは、HCIのノード(サーバー機)を増設するスケールアウトによって、HCIに収容できる仮想サーバーの台数、つまりCPU性能とストレージ容量を拡張できることだ。

富士通のHCIなら簡単に導入・増設できるだけでなく
必要に応じてシステム構成を柔軟に変更

富士通では、「PRIMEFLEX」の名称で、HCIを提供している。富士通が挙げるPRIMEFLEXのポイントは3つある。簡単、柔軟、安心、だ。

PRIMEFLEXの特徴の1つは、運用管理ソフトのISMにより、サーバー増設の自動化などのHCIとしての機能提供だけではなく、HCIを構成するサーバー、ストレージ、仮想化ソフト、さらにスイッチなどのハードウェアを含めたサーバールーム全体について、稼働状況を可視化できることだ。

PRIMEFLEXの特徴の2つめは、富士通の他のサーバー製品と同様に、簡単に使えることだ。富士通の工場で構築して納入することから、サーバーを立ち上げるまでに要する時間を、従来の8分の1に短縮できる。サーバーを増設する時間も短くて済む。

PRIMEFLEXでは、必要に応じて、HCIの構成も柔軟に選べる。特に指定しなければ用途ごとに適した構成で出荷するが、CPU、メモリー、ディスクなどの構成を指定できる。サポート体制についても、富士通がワンストップで対応する。

HCIにおいても、富士通の他のサーバー製品と同様に、用途に合わせた最適化の1つとして、VDI(デスクトップ仮想化)モデルを用意している。仮想デスクトップを使う社員数によって、システムの構成が決まる。VDIの周辺システムとして、重量がわずか799グラムのシンクライアント端末「FUTRO MU937」も用意している。

HCIはVMwareとHyper-Vから選べる
ハイブリッドクラウド用にMicrosoft Azure Stack搭載機も

PRIMEFLEXでは、サーバー仮想化ソフトも選べる。2016年からVMwareベースのHCIを提供しており、2017年からはHyper-VベースのHCIも追加した。ユーザーは、VMwareとHyper-Vの好きな方を選べる。採用実績が多いのはVMwareベースのHCIだが、Hyper-V版もじわじわと採用されている。

VMwareベースのHCIは、最大で64ノードまで拡張できる。分散ストレージ機能として、VMwareのカーネルに組み込まれているVMware vSANを利用する。VMwareの運用管理画面であるvCenterを介してHCIのシステム全体の管理ができる。vCenterのプラグインとしてサーバー運用管理ソフトのISMが動作する。

Hyper-VベースのHCIは、最大16ノードまで拡張できる。サーバー仮想化基盤および分散ストレージ基盤としてWindows ServerのDatacenterエディションを採用しているので、Windows Serverの運用に慣れたユーザーに向く。

オンプレミスとクラウドサービスが混在したハイブリッドクラウドを運用するためのサーバー基盤「PRIMEFLEX for Microsoft Azure Stack」も用意した。Microsoft Azureと同等の操作性をオンプレミスでも使えるミドルウェア「Azure Stack」を、HCIと組み合わせた。災害時にオンプレミス環境(HCI)からクラウドサービス(Azure)に業務システムを移行する、といった使い方ができる。

お問い合わせ

FUJITSU Server PRIMERGY お問い合わせ

https://www.fujitsu.com/jp/products/computing/servers/primergy/contact/

FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX
ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)お問い合わせ

https://www.fujitsu.com/jp/products/computing/integrated-systems/virtual/contact/

▲ページの先頭へ