ギリア

人工知能2018最新動向
~最強の深層強化学習で社会、企業、
ビジネスはこう変わる~

ギリア 代表取締役社長 清水 亮 氏

人工知能2018最新動向
~最強の深層強化学習で社会、企業、ビジネスはこう変わる~

ギリア
代表取締役社長

清水 亮

AIの統合プラットフォーム開発を通じて、人々がAIを使いこなせる社会環境の構築を目指すギリア。AIのパイオニアとして知られる、そんな同社社長の注目の講演内容を紹介する。

日本のAI界をリードするパイオニアの頭脳が集結

 講演は、登壇した清水氏の自己紹介、そして自身が代表取締役社長を務めるギリア株式会社の紹介からスタート。

 清水氏曰く、同社は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所、ベンチャーキャピタルWiL,LLC、元々清水氏が代表を務める株式会社UEIとの3社による合弁企業として2017年に発足。清水氏自身が深層学習を中心とした研究開発を専門にするAIのパイオニアだが、会長に日本のAI界をリードしてきたソニーコンピュータサイエンス研究所所長の北野 宏明氏を据え、多くの人々がAIの恩恵を受けられる世界の実現を目指した活動を展開しているという。

AIを活用するためにビッグデータはもはや必要ない?

 続いて講演内容は「AIとは何か?」という話に及び、深層学習について「原始的なコンピュータは『計算・演繹』をやっています。少し進んだコンピュータだと『かな漢字変換』や『Google検索』など、『RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション:ロボットによる業務自動化)』と言われている分野を行っています。そして、『直感・認識』という分野がディープラーニング(深層学習)でないとできない分野だと考えています。したがって我々はディープラーニングを直感を獲得する機械と考えています」と清水氏は説明。

 そして「AIは、入力に対して正しい目標を与えると理論上は何でも学習することができます」と話し、具体例として写真から線画を作りだしたり、線画から写真を作成したりするAIの画像解析技術をいくつか紹介した。

 ここで清水氏は「AIにビッグデータが必要だというのは昔話」だと指摘。以上のような画像解析を行うためには膨大なデータが必要になると思われがちだが、実際のところ、必要な画像は「500枚程度」(清水氏)なのだという。

 その後、ゲームの効率的な遊び方を人間が教えることで15分で名人級のスコアをたたき出すというAI「Deep TAMER」や歩行者判別技術など、同社が取り組む研究内容を紹介。現在、AI技術は実用段階まで進化しており、様々な分野に応用できることを示唆した。

AIは特別なものではない技術よりアイデアが重要だ

 講演中盤には、ビジネスへのAI活用について言及。ホワイトボードに書かれた図形を自動で清書したり、アンケートを自動で集計するなどといったAIの活用法が解説されたが、特に印象的だったのが「AIは直接的な利益につながる」ことを説明する際に紹介された音声翻訳機の導入事例。内容は次の通りだ。

 ある飲食店街では、以前から外国人観光客が訪れることが多かったものの、言葉が通じなかったため、ほとんどの店で入店を断らざるを得なかった。そこで、AIを活用した音声翻訳機を導入したところ、これが大成功。外国人観光客という新たなニーズを取り込むことができたという。

 なお、この話の中で清水氏が強調したのが、この音声翻訳機は「Google翻訳」などのAPIを使っているだけで、目新しい技術は使われていないという点だ。

 つまり、AIを使うというと高度な技術的スキルが必要だと考えられがちだが、いまAIのビジネス活用に必要なのは「技術ではなく、活用のアイデア」(清水氏)なのだ。先述した「AIにビッグデータが必要だというのは昔話」という事実も併せて考えると、AIは我々にとって特別なものではなくなっているのである。

プログラミングの知識不要で活用できる深層学習専用PC

 さらに「(ビジネスへの活用は)とにかくアイデアを考えること。そしてアイデアがあるなら、まずAIを作ったほうがよい」と清水氏は語り、ギリアの関連会社、UEI社から提供する深層学習専用PCを活用すれば低コストでそれが実現できることを解説。

 講演では、この端末を活用して、不良品を選別する仕組みを自ら作った枝豆農家や、胃カメラの映像から癌を検出する仕組みを構築した医師の話が紹介されたが、このPCに搭載されている専用ソフトを使えば、プログラミングの知識不要で、AIを活用したツールが作成できるというのだ。

 また、同社ではAIの啓蒙活動も積極的に行っており、その一環としてBSフジで放送されたプログラミングの教育番組「ちちんぷいぷいプログラミング」を制作していることが説明された。番組内で、先述の深層学習専用PCを使ってAIプログラムの作り方をレクチャーしているのだという。

「ちちんぷいぷいプログラミング」でAIプログラムの作り方をレクチャーしたシーン。

「ちちんぷいぷいプログラミング」でAIプログラムの作り方をレクチャーしたシーン。

番組はYouTubeでも視聴可能

画像を拡大する

AIを使いたくても使えないという現実から社会を脱却させるために

 これまでAIとは無縁だと感じていた業種や中小規模の企業でも、AIを活用することができ、アイデア次第でビジネスチャンスに結びつけられるという訳だ。 「現在、AIを活用するためにシステム構築をシステム開発会社や専門家に依頼すると費用は高額になるが、このような状況下でAIが高嶺の花になってしまうのは、非常にもったいないことだ」と清水氏。

 そして「我々はAIを試すための環境を提供することで、皆さんにAIをどんどん試してもらって裾野を広げたい。その結果、社会をよくしていくことができるのではないかと考えている」と話し、講演をまとめた。

このページのトップに戻る