日本有数のグローバルなメーカーであるHOYAのシステムを支えてきたHOYAデジタルソリューションズは、製造現場の様々な課題とその解決策に対する知見を持つ。同社が提供する「Voyance(ボヤンス)シリーズ」は、最先端のAI、IoT、画像認識技術を活用して、現場の状況を見える化。工作機械周囲の安全監視やAIを活用した外観検査、セット品の検品、工作機械の故障予知など、様々な角度から現場の課題を解決する。

製造現場の課題解決を支援

製造現場にとって予定外のライン停止や事故は、大きなリスクだ。事故対策には、現場で働く人の意識を高め、決められた手順を確実に実行することが欠かせないが、近年、働く人の立場やスキル、国籍も多様化しており、隅々までルールを徹底することが難しくなっている。しかも、今は空前の人手不足。事故を防ぎながら効率化も求められる。

Voyanceシリーズ」は、このような課題を解決するソリューションだ。Voyanceとはフランス語で“千里眼”の意味。様々なデータを千里眼のように捉え、製造現場の状況を多様な角度から見える化することで、製造現場の課題解決を支援する。

工作機械周囲の安全を守る

「Voyance Barriere(バリアー)」は、工作機械周囲の安全監視システム。監視カメラが収集した画像をAIが解析し、危険なエリアへの侵入や着衣の乱れなどを検知する。従来、侵入検知には赤外線カメラが使われてきたが、コストが高く、過剰に誤検知をしがちで、検知エリアの柔軟な変更も難しかった。

その点「Voyance Barriere」は一般的な監視カメラを利用するため安価に導入が可能。撮影可能な範囲であれば、検知エリアを自在に設定できる。時間帯や機械の運転状況に合わせて自動的に検知条件の変更もできる。AIを組み合わせることで、ヘルメットをかぶっていない、半そでシャツを着ているなど服装規定に抵触する状態を検知可能。単なる侵入検知だけでなく、作業着の乱れを検知することで新たな事故を予防する効果もある。

AIを活用した外観検査

「Voyance Inspector(インスペクター)」はAIを活用した外観検査システム。近年、AIを活用した自動検品が進んでいる。しかし、実際にAIに取り組もうとすると、専門的な知識やノウハウが必要だ。たとえば、検知精度を高めるには適切な学習データが必要だが、撮影の仕方ひとつで精度に大きな差が出てしまう。AIは活用したいが、どこまでできるか不安に感じている企業も多い。

「Voyance Inspector」は、スモールスタートで段階的な導入が可能。学習データの作り方から判定後のアクション制御まで、一貫してサポートする。AIのスキルやノウハウだけでなく製造業のシステムを熟知したエンジニアがサポートするので、それぞれの製造現場に最適なしくみを構築できる。AIエンジンも目的に合わせて提案する。

他に、セット品の個品がすべて揃っているかをDBと付け合わせて検品できる「Voyance Scouter(スカウター)」、IoTを活用し工作機械の故障予知を可能にする「Voyance Predicteur(プリディクター)」もラインアップ。様々な角度から現場を見える化し、課題を解決する。

お問い合わせ

HOYAデジタルソリューションズ株式会社

URL:https://www.hoyads.com/