ディープラーニングは「ものづくり改革」の切札となるか!? 実例で知るAI活用最前線

大同特殊鋼が、高機能化する特殊鋼の開発・検査プロセスに機械学習を採用し、マテリアルズインフォマティクスへの取り組みを加速させている。これを主導する同社 技術開発研究所では、NVIDIA Tesla V100を8基搭載するサーバーシステムを導入。研究員がディープラーニングモデルを開発するための共通基盤を整備した。注目すべきは、AIプラットフォームにコンテナ技術を組み合わせることで、多様な研究ニーズに応える柔軟なGPUリソース活用を可能にしたことである。

ディープラーニング for Dummies

昨今、AIへの注目が高まっているが、実際にビジネスにおいて利益を生むためには、どのように活用していくべきだろうか。本書では、いまさら聞けないAIの定義から検討すべき課題、魅力的な見返りと成果まで、AI活用の一から十までを分かりやすく解説する。企業における導入プロセスがどの段階にあるかにかかわらず、ディープラーニングに焦点を置いたAI導入を成功に導いてくれるだろう。
PDFダウンロードはこちら ››

AI導入の課題は開発環境の準備や運用!研究者をこれらの負担から解放する方法

「新材料の開発には研究者の経験と直感が必要」といわれるなか、AIに特化した高性能演算システムを導入し、次々と課題を乗り越えた特殊鋼専業メーカーがある。本書では、AIプラットフォームにコンテナ技術を組み合わせ、拡張性、柔軟性、利便性を実現した機械学習モデル開発環境を構築し、高機能素材開発のスピード化や検査の均質化、実務作業の高効率化を実現した事例を紹介する。
詳細はこちら ››

お問い合わせ