──すぐ使い始められる環境は整った!
非金融領域へ広がるブロックチェーン
その可能性とは?

「ブロックチェーン」が、非金融領域へと活用範囲を拡大している。最近では暗号資産ともいわれるようになってきた仮想通貨とともに知られるようになったこの技術は、アプリケーション開発者そして企業にどんな価値をもたらすのか。企業/組織のマネージャであり、またアプリケーション開発者でもあるガイアックスの肥後 彰秀氏、INDETAILの坪井 大輔氏と、日本IBMでブロックチェーンを担当する町田 武夫氏が、その可能性について語り合った。

ブロックチェーンは「自律分散型組織」を実現する新しい技術

──ブロックチェーンが、金融領域以外の様々なところで活用され始めています。アプリケーション開発者として、この技術のどんなところに魅力や可能性を感じますか。
肥後
 私は、DAO(Decentralized Autonomous Organization:自律分散型組織)のベースとなる点です。組織の運営ルールを契約という形で定め、自動で実行することで、唯一の管理者が存在しない分散型組織を実現する。シェアリングエコノミーと発想が近く、中央集権型の既存のサービスやビジネスとは一線を画した、新しい仕組みの土台になる技術だと感じています。

坪井
 私もDAOですね。そもそも「分散型組織」は、現在の世の中の主流である「中央集権型組織」とは真逆の発想に基づいています。この技術の可能性が注目されているということは、すなわち既存の中央集権型の仕組みに限界が来ているということでもある。肥後さんもおっしゃる通り、ブロックチェーンはそこを更新し得る新しい思想を含んだ技術。そこが最大の魅力ですね。

町田
 私も最初に興味をひかれたのは、仮想通貨やDAOなど、現在の世の中ではある意味「異質」といえる仕組みの革新性です。「誰でも情報にアクセスできる」「改ざんが困難」「あらゆるログが保管される」といったブロックチェーンの優れた特性が、それを支えています。

 また最近は、ブロックチェーンを使って、これまで接点を持っていなかった企業や組織がどんどんつながり始めています。新しいつながりは、新しいビジネスにつながる。これはブロックチェーンという技術が起こした、非常に面白い現象だと思います。

株式会社ガイアックス 執行役 日本ブロックチェーン協会代表理事 肥後 彰秀氏
株式会社ガイアックス
執行役
日本ブロックチェーン協会代表理事
肥後 彰秀
京都大学工学部卒業後、2001年にガイアックス入社。IT事業開発部長などを経て現職。2016年 経済産業省ブロックチェーン検討会委員、2017年 総務省ブロックチェーン活用検討サブワーキンググループ構成員をそれぞれ務める。2018年6月より日本ブロックチェーン協会代表理事。
株式会社INDETAIL 代表取締役 北海道科学大学客員教授 坪井 大輔氏
株式会社INDETAIL
代表取締役
北海道科学大学客員教授
坪井 大輔
小樽商科大学大学院アントレプレナーシップ専攻MBA取得。ソフトウエア開発会社でSEとして経験を積んだ後、株式会社スタッフアイに入社し札幌支社長を務める。2009年にINDETAILの前身となるアイテック北海道を設立。現職に至る。
日本アイ・ビー・エム株式会社 インダストリー・ソリューションズ事業開発 ブロックチェーン・ソリューションズ シニア・アーキテクト 町田 武夫氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
インダストリー・ソリューションズ事業開発
ブロックチェーン・ソリューションズ
シニア・アーキテクト
町田 武夫
日本アイ・ビー・エム株式会社入社以来、メインフレームや分散システムなどの多様なプラットフォーム上での先進ソリューションの技術支援に従事。自律型コンピューティング、SOA、クラウド、ビッグデータなどを手掛けてきたほか、現在はブロックチェーン分野の技術担当として、顧客の取り組みを支援している。

在庫情報の共有化や、新しい人事考課の仕組みなどが既に登場

──事実、坪井さん、肥後さんは既に自社でも多数のプロジェクトに関わってこられています。事例をいくつか教えてください。
坪井
 例えば、ブロックチェーンを使って調剤薬局のデッドストックを解消するサービスのPoCを行いました。

 一定期間使わなかった薬の在庫は破棄しなければいけないため、在庫適正化は薬局業界の長年の課題でした。そこで、調剤薬局の約8割を占める中小企業同士が、在庫情報をシェアできる仕組みをつくろうと考えたのです。ブロックチェーン上に情報を集めて「見える化」する環境を構築。決済には独自仮想通貨を使うようにしました。

肥後
 当社は、個人の活動履歴やユーザー同士の相互レビューなどをブロックチェーンで管理することで、シェアリングエコノミーをより促進する基盤がつくれるのでは、と研究中です。職歴や卒業証明なども個人の履歴と考えれば、人材採用や人事考課などのHR領域でも活用することができるでしょう。このように、今までは点在していたデータをブロックチェーンによってつなげることで、様々な新しい仕組みが実現できます。

アプリ開発者にとって決して難しいものではない

──一方、技術の概要は知っているが、何から始めればよいか分からないというアプリケーション開発者も多いようです。
坪井
 確かにそうかもしれません。また、バズワードになった「AI」などと比べて、ブロックチェーンはコンセプトは新しいものの、決して技術的に特殊なものではありません。そのため、“新しもの好き”なアプリケーション開発者にとっては、魅力を感じにくい面もあるようです。

 先ほど紹介したような新しい仕組みを、Webアプリ系の開発者なら既に備えているスキルを生かして、つくれてしまうもの。アプリケーション開発者主導で新しいものを世の中に提案できるという点では、非常に面白い技術といえると思います。

肥後
 私もそう感じます。では、実際にどう始めればよいかというと、難しく考えることはありません。他のサービスを開発するとき同様、ユーザーの課題の抽出から始めることが良いのではないでしょうか。課題を知った上で、そこにブロックチェーンがどう役立つかを議論しながら、活用法を検討していく。そうすることで、「ブロックチェーンらしさ」にとらわれ過ぎず、自由にアイデアを膨らませることができます。

坪井
 いずれにせよ、アプリケーション開発者であれば、ブロックチェーンの機能やシステムを実際に触り、場合によってはアプリのプロトタイプをつくりながら考える手法が有効だと思います。今はIBM Blockchain Platformのようなクラウドで手軽に始める方法がありますからね。触りながらのほうが、具体的なイメージが湧きやすいはずです。

「IBM Blockchain Platform」でアイデアを素早く形に

──IBMは、そうしたアプリケーション開発者を支援するサービスとして「IBM Blockchain Platform」を提供しています。その概要を教えてください。
町田
 まずブロックチェーンには大きく2種類あります。あらゆる人が情報にアクセスできる「パブリック型」と、あらかじめ許可したメンバーのみが情報にアクセスできる「許可型」です。

 ビットコインなどの仮想通貨はパブリック型を基盤としますが、ビジネス活用においては、ガバナンスやコンプライアンスの点から許可型が適しています。IBM Blockchain Platformは、この許可型ブロックチェーンを支えるOSS「Hyperledger Fabric」をベースとした、ブロックチェーンによるサービスの開発・運用基盤です。

 「IBM Cloud」上のSaaSサービスとして提供され、数クリックという簡単な操作でブロックチェーンネットワークを構築したり、アプリの開発・検証から本番環境の運用までを行うことが可能です。

肥後
 数年前に比べ、開発環境やインフラレイヤーのサービスが整ってきて、アプリケーション開発者が始める上での技術的なハードルはずいぶん下がりました。こうしたサービスを利用すれば、アイデアを迅速に形にすることができそうです。従量課金型なら初期投資も抑えられ、始める際のハードルも低いと思いますし。

町田
 ありがとうございます。さらに、短期間でのプロトタイプ作成を支援する「IBM Cloud Garage」や、IBM Cloudの他のサービスを併用することで、一層迅速かつ効果的なサービスの開発・検証が行えるようにしています。


──開発したブロックチェーンのアプリやサービスを発展させていく上では、どんな視点が必要ですか。
坪井
 私自身は、「IoT・クラウド・ブロックチェーン・AI」を“4種の神器”と呼び、ワンセットで考えています。いずれもデータに関わる技術であり、IoTは収集、クラウドは保管場所、ブロックチェーンは保管方法、AIは活用方法を担います。この数年で、このセットが実用可能なレベルに達しました。

 実際、手を動かしてみると分かるのですが、「ブロックチェーンだけ」「IoTだけ」「AIだけ」でサービスを考えても、なかなかうまくいかないものです。常にこの4つを連動して考え、一緒に使うことで何ができるかを考える視点は、これからのアプリケーション開発者に欠かせないと思います。

町田
 それは大変興味深い視点ですね。確かに、最終的には多くのサービスが、データをどのように集め、どう蓄積・供給し、活用するかという点は核になります。ユーザーの活用シーンを考えながら、必要な技術を複合的にプラットフォームに組み込むことで、ソリューションが形になっていくのですね。

 坪井さんの言う“4種の神器”は、いずれもIBM Cloudが強みとしています。ブロックチェーンやIoT、AIを含め、既に提供済みの様々なサービスを組み合わせることによって、これまでにないまったく新しいソリューションを簡単に、また迅速に構築することが可能になります。

ブロックチェーンが当たり前の社会がすぐに来る

──この技術は今後、どう進化していくのでしょうか。予測や展望をお聞かせください。
肥後
 ブロックチェーンの活用が進むと、その次に来るのは「ブロックチェーン同士の連携」だと考えています。そのための技術開発や技術の標準化など、考えるべきことはたくさんありますが、それを越えれば、また非常に面白い世界が広がっていると思います。

 ブロックチェーン同士がつながっていく世界で、組織や仕事のあり方が変わっていけば、当然、それを支える新しいアプリやサービスも必要になる。アプリケーション開発者の活躍の場はますます広がっていくでしょう。

坪井
 私は、ブロックチェーンを「インターネット」に続くビジネスの新しいレイヤーと位置付けています。インターネットが登場して約20年。技術の進化は加速度的に速まっているので、「分散型」「自動化」などをキーワードとするブロックチェーンを使ったビジネスが当たり前のものになる日も、そう遠い未来ではないと思います。

町田
 金融系から注目を集めたブロックチェーンは、今やサプライチェーンをはじめとする製造や、流通、物流、Webサービスなど広い分野で、いよいよ本格的な活用期を迎えようとしています。今、取り組んでノウハウを身につけておくことは、間違いなくアプリケーション開発者としての付加価値となるはずです。また、ブロックチェーンを含めた新しい技術を組み合わせ、これまでにないソリューションを迅速に提供できるのも、アプリケーション開発者がリードできる価値でしょう。

 当社は、すぐにブロックチェーン環境が構築できるIBM Blockchain Platformスタータープランや、社内で実証実験を行うことを支援するトレーニングプログラムであるIBM Blockchain Startup Programを提供しています。さらに、すぐにブロックチェーンが試せるサイト「IBM Code Blockchain」などを提供し、ブロックチェーン活用を考えるアプリケーション開発者をこれからも支援していきます。
関連リンク
お問い合わせ
日本アイ・ビー・エム株式会社 TEL:0120-550-210
お問い合わせフォーム