多様化するデータ活用人材 AI統合環境で業務実装を目指す データ活用には様々な落とし穴がある。例えば、データやAIなどの技術にばかり目を向けてしまうこと。これでは実際に業務を変えていくのは難しい。また、どのようなデータサイエンティストチームを組織し、その活動をどうやって支えるかという点も重要だ。さらに、成果を高めるには自動化が有効だが、完全自動化にはリスクもある。これらデータ活用の課題をクリアするためのアプローチを「何を」「誰が」「どうやって」という3つのテーマに分けて解説する。

スモールスタートによって着実に成果を積み上げる

細分化する人材に最適なコラボレーション環境を

自動化を図りつつも常に人の関与を忘れずに

お問い合わせ

日本アイ・ビー・エム株式会社
TEL:0120-550-210
URL:https://www.ibm.biz/analytics_jp
スモールスタートによって
着実に成果を積み上げる
細分化する人材に
最適なコラボレーション環境を
自動化を図りつつも
常に人の関与を忘れずに

関連リンク