トップへ
Case study NECキャピタルソリューション株式会社

豊富な知見を持つITソリューションベンダーが
Windows 10 環境の効率的な設定や運用作業を支援!

2020年1月、 Windows 7 がサポート終了を迎えた。これからユーザー企業のIT部門では、本格的に Windows 10 環境の運用が始まるが、今後は半年に一度、大容量の更新プログラムを全PCに適用するなどの業務が発生する。さらに現在はテレワーク環境の整備が求められており、モバイルPCの追加導入に伴って管理すべきPCの台数が増加していくことも予想される。IT部門のストレスは増すばかりだ。この時に、Intel vPro® プラットフォーム搭載PCを選択し、さらにIntel vPro® プラットフォームのノウハウを持つITソリューションベンダーの力を借りれば、 Windows 10 環境の設定や運用業務を劇的に軽減することができる。

Intel vPro® プラットフォーム搭載PCが、
Windows 10 環境の運用負荷軽減に貢献する

NECキャピタルソリューション株式会社
ICTアセットサービス営業本部
ICTサービスオペレーション部
マネージャー
高橋 宗久氏

Windows 10 環境において、IT部門は毎月の Quality Updateに加えて半年に一度、数GBレベルの更新プログラムがリリースされる Feature Update に対応していく必要がある。こうした環境下で、モバイルPCを含む全てのPCに対して更新プログラムを確実に適用していくことは、非常に負荷のかかる作業だ。

しかしエンドユーザーに配布しているPCがIntel vPro® プラットフォームを搭載していれば、リモート管理を支援するインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT)という機能を使って、遠隔操作で電源を立ち上げ、パッチを適用するといった対応を取ることが可能となる。Wake On LAN(WOL)のように、対象マシンがIT管理者のマシンと同一のネットワークセグメントにある必要もない。Intel vPro® プラットフォームを搭載したPCは、 Windows 10 環境の運用負荷軽減に大きく貢献してくれるのだ。

ただしインテル® AMTを使うためには、始めにBIOSレベルでのパスワード入力やネットワーク情報の入力といった設定作業を全てのPCに対して施す必要がある。また実際のパッチ適用時にPCの電源をオンにする場面でも、作業を行う際に都度立ち上げるだけでなく、予め設定した日時に自動でオンにし、続いてパッチを適用するといったように一連の作業を自動化したいというニーズも出てくるだろう。

こうした場面で強い味方となるのが、Intel vPro® プラットフォームに関する豊富な知見を持つNECキャピタルソリューション株式会社だ。同社はNECグループでICT機器を中心にリース・レンタル事業を展開している。その特徴について、ICT領域のサービス企画から販売、運用までを担うICTアセットサービス営業本部 ICTサービスオペレーション部 マネージャーの高橋宗久氏は、次のように説明する。

「我々はお客様企業のICT資産の調達・導入支援から運用管理、セキュリティ管理、さらには契約・資産管理までをトータルにサポートさせていただいています。お客様がご利用される各種ICT資産を、より有効に活用していただくために、様々なサービスメニューやソリューションをご用意しており、Intel vPro® プラットフォームについても設定や運用業務を支援する専用ツールをご提供しています」(高橋宗久氏)

「PIT-Configurator for AMT」で
インテル® AMTの初期設定作業を支援する

同社が提供する専用ツールとしてまず挙げられるのが、インテル® AMTの初期設定作業を効率化する「PIT-Configurator for AMT」だ。先にも触れたが、インテル® AMTでは、事前にBIOSレベルでのパスワード入力やネットワーク情報の入力といった作業が必要になる。PIT-Configurator for AMTは、こうした作業をミスなく、効率的に行うことを支援してくれるソリューションだ。

PIT-Configurator for AMTの概要について、ICTアセットサービス営業本部 ICTサービスオペレーション部 アシスタントマネージャーの高橋陽氏は、次のように説明する。

「通常インテル® AMTの設定を手作業で行う場合には、拡張BIOSを利用します。しかし拡張BIOS上の設定作業は1台1台、人手で設定情報を入力していく必要があるので、台数が多くなればその手間は膨大となり、当然ミスが発生する可能性も高くなります。これに対してPIT-Configurator for AMTでは、まずPIT-Configurator for AMTを我々のホームページからダウンロードして Windows 上で起動し、管理者パスワードなどを入力します。次にそれらの設定情報をUSBメモリに書き出して、あとはインテル® AMTの設定を行いたいPCに挿して起動するだけです。PCがUSBメモリから設定情報を読み込んで作業は完了です」(高橋陽氏)

PIT-Configurator for AMTを利用したインテル® AMTの設定方法
https://www.pit-navi.jp/service/pit-configurator-amt/より

同社では以前より、インテル® AMTの設定を5台まで無償で行うことができる評価版のPIT-Configurator for AMTをホームページ上で提供しており、2012年の提供開始以来、毎月コンスタントにダウンロードされているという。

NECキャピタルソリューション株式会社
ICTアセットサービス営業本部
ICTサービスオペレーション部
アシスタントマネージャー
高橋 陽氏

「また我々はオウンドメディアとして『PIT-Navi』というサイトも運営しており、2017年頃からIntel vPro® プラットフォーム関連の記事を書いて掲載を始めましたが、最近ではそうした記事の閲覧数が以前の2倍近くに増えています」(高橋陽氏)

さらに同社では近年、PC調達時のユーザー企業から渡されるRFPの中で、Intel vPro® プラットフォームが指定されるケースが増えてきたという。

「Intel vPro® プラットフォームはPCのカタログでは小さく書いてあることが多いので、なかなか注目されにくい状況でしたが、最近ではお客様のIntel vPro® プラットフォームに対する関心や認知度が、日に日に高まっていることを強く感じています」(高橋陽氏)

「PIT-PowerController for AMT」が
より効率的な電源管理を実現する

そうしたIntel vPro® プラットフォームへの関心の高まりの大きな要因として高橋陽氏が挙げるのが、やはり Windows 10 環境における更新プログラムの適用業務を効率化したいというニーズだ。

「その際の一番の基本となるのは、リモート操作でPCの電源を立ち上げたいというニーズです。その後はWSUS(Windows Server Update Services)やお客様が既に利用されている資産管理ツールの機能を使ってパッチを適用するという流れです」(高橋陽氏)

ここでもインテル® AMTを活用することで、リモート操作によるPC電源のオン/オフが可能となるが、NECキャピタルソリューションでは「PIT-PowerController for AMT」という専用ツールを提供することで、事前に設定したスケジュールに則って、PCの電源をオン/オフすることを可能にしている。

「PIT-PowerController for AMTを活用いただくことで、IT部門の皆様はパッチ適用の業務を劇的に効率化することが可能となりますが、一方でPIT-PowerController for AMTを使えば、管理者側から朝9時にエンドユーザーのPCを立ち上げて、夕方6時に電源を落とすという運用を行うこともできるということです。以前からコールセンターや病院、POS端末など1台のPCを複数のユーザーが利用する現場で多く使われてきましたが、現在働き方改革に注力されているお客様も多い中で、こうしたルールを運用に乗せれば、従業員の皆様の残業削減に繋げることもできると思います」(高橋陽氏)

PIT-Configurator for AMTを利用した電源管理の例
https://www.pit-navi.jp/service/pit-power-controller-amt/より

そして実際にPIT-Configurator for AMTやPIT-PowerController for AMTを導入して、Windows 10 環境へのスムーズな移行と効率的な運用体制の構築を実現したのがワシントンホテル株式会社だ。

同社は全国に18のワシントンホテルプラザと24のR&Bホテルを展開しており、 Windows 7 のサポート終了に備えて、全社約400台のPCを Windows 10 環境へ移行するプロジェクトを計画、その際にインテル® AMTの利用を最大の目的として、Intel vPro® プラットフォームを搭載したPCを選択した。

「インテル® AMTを利用するためには、ハードウェアレベルでの設定作業を行う必要があります。既にエンドユーザー様がPCを使われている環境下でその作業を行うより、ワシントンホテル様のようにPC環境を刷新するタイミングが、インテル® AMTを使い始める絶好の機会となります。その際にインテル® AMTの設定と以後の運用を効率化するためのツールとして、PIT-Configurator for AMTとPIT-PowerController for AMTは、非常に有用となるものです」(高橋陽氏)

インテル® EMAも利用して、ユーザー企業のICT資産の
ライフサイクルをよりきめ細かくサポートしていく

2019年11月、インテルはインテル® AMTを搭載した複数のPCを一元管理できるインテル® エンドポイント・マネジメント・アシスタント (インテル® EMA) をリリースした。インテル® EMAは無償で提供されるWebアプリケーションで、インテル® AMTのプロビジョニングや設定変更、電源の遠隔操作などを可能にするものだ。

このインテル® EMAを利用すれば、ユーザー企業は社内ネットワークに繋がっていないPCのアップデート作業までを実施することが可能となる。例えば営業担当者や保守サポート担当者がPCを持ったまま直帰しても、PCが自宅のWi-Fiなどインターネットに繋がる環境にあり、PC本体がACアダプタでコンセントに接続されていれば、PC本体の電源が入っていなくてもアップデート作業やトラブル対応を行うことができるようになる。

「インテル® EMAを利用すれば、複数台に及ぶIntel vPro® プラットフォーム搭載PCの初期設定作業に対応できると思います。ただしインテル® EMAを使うためには、別途サーバを立てるなどしてIIS(Internet Information Services)とSQL Serverの環境を用意する必要があります。そうした手間をかけたくない、あるいは数台のPCの設定ができればいいというお客様なら、PIT-Configurator for AMTが便利だと思います」(高橋陽氏)

また運用フェーズにおいても、インテル® EMAを利用すれば、大量のPCの電源管理を一元的に行うことができる。ただしインテル® EMAでは、スケジューリングの機能が提供されていないので、そうした運用が必要な場合には、インテル® EMAの配下にPIT-PowerController for EMAを置くことで、スケジューリングによるPC電源のオン/オフを実現することが可能となる。

「現在多くのお客様企業の中で、ICT資産の「所有から利用」への流れが進んでいます。その際に我々のリース・レンタルサービスをご利用いただくことは、非常に有効な解決手段の1つだと言えます。一方インテルのハードウェアレベルでの技術の進化により、私たちがお客様にご提供するサービスの幅も大きく広がっています。これからはインテル® EMAも活用して、お客様のICT資産のライフサイクルをさらにきめ細かくサポートしていきたいと考えています」(高橋宗久氏)

併せて読みたい

記事一覧

~インテル® vPro® プラットフォーム搭載PC活用事例~ネットワークセグメントに依存しない電源管理を実現し“パッチ適用率97%”を目標に設定!

Case study日本ビジネスシステムズ

低コストでセキュアなファイル共有環境を実現、インテル® vPro® プラットフォームとの連携で“未知の脅威”の侵入にも対応

Case studyバリオセキュア株式会社

デルPC+インテル® vPro® プラットフォームが“止まらないビジネス”を実現する!

Case studyデル株式会社

テレワーク時代のシステム管理者の悩みを解決する便利なアプリ「インテル® EMA」の凄さ

Technology

インテル® vPro® プラットフォーム搭載PCの導入 保険サービスを支えるセキュリティー強化と管理効率化をインテル® vPro® プラットフォーム搭載PCで実現

Case studyオリックス生命保険

豊富な知見を持つITソリューションベンダーが Windows 10 環境の効率的な設定や運用作業を支援!

Case studyNECキャピタルソリューション株式会社

今だからこそ持つべき視点、“ゼロトラストセキュリティー”の必要性

Case studyインテル株式会社

“モバイルPC専業メーカー”のパナソニックが安心・安全なテレワーク環境の構築を支援する

Case studyパナソニック株式会社

インテル® vPro® プラットフォーム搭載PCで Windows 10 の効率的で安定した運用を実現!400台導入したワシントンホテル株式会社の事例

Case studyワシントンホテル株式会社

緊急のテレワーク環境構築時に考えるべき“3つのポイント” 最終ゴールは“従業員が罪悪感を持たずにテレワークできる環境を作ること”

Case studyレノボ・ジャパン合同会社

求められるのは“柔軟なビジネスモデル”変化の時代、中小企業が適応するには?

Case studyインテル株式会社

テレワークへと大きく舵を切るビジネスワーカーたちへ!ASUSが「ASUS ExpertBook B9 B9450FA」で掲げた、新時代PCの条件

Case studyASUS

インテル® vPro® プラットフォームの特長1:パフォーマンス 最新のビジネスPCに求められるパフォーマンス

Case studyインテル株式会社

インテル® vPro® プラットフォームの特長2:安定性 将来的な成長に向けた安定性、可用性、信頼性を確保するインテル® vPro® プラットフォーム

Case studyインテル株式会社

インテル® vPro® プラットフォームの特長3:セキュリティ ビジネスを強力に支援するハードウエア・ベースのセキュリティ

Case studyインテル株式会社

インテル® vPro® プラットフォームの特長4:運用管理性 ビジネス向けリモート管理テクノロジーでITサポートとセキュリティを強化する

Case studyインテル株式会社

ニューノーマル時代の到来に合わせて進化した第10世代インテル® Core vPro® プロセッサーが登場!

Case studyインテル株式会社

ITマネージャー必読!インテル® EMA活用「虎の巻」

Case studyインテル株式会社

イラストで解説!各業界の働き方はどう変わる? ~製造業編

Case studyインテル株式会社

イラストで解説!各業界の働き方はどう変わる? ~不動産業界編

Case studyインテル株式会社

イラストで解説!各業界の働き方はどう変わる? ~テレビ業界編

Case studyインテル株式会社

営業担当者のノートPCを守れ! インテル® vPro® プラットフォームでデバイス管理

Case studyシュアラスター株式会社

あらゆる課題に対応するインテル® vPro® プラットフォームの4つの特長

ビジネス・プラットフォームの運用をハードウェア・レベルで支援するインテル® vPro® プラットフォームは、パフォーマンス・安定性・セキュリティー・運用管理性の各要件において豊富な機能を具備しています。

パフォーマンスの最適化と長時間バッテリーにより、ワンランク上のコンピューティング体験を手に入れ、生産性を向上させることができます。

複雑な PC ライフサイクルを解消する、高い安定性を体験することができます。


下位レイヤーに保護機能を内蔵するエンドポイントのセキュリティーで、企業を守ることができます。

リモート管理ソリューションにより、効率的な PC 管理が可能になりました。


詳しくはこちら

貴社のビジネスを強力にサポートするインテルのパートナー企業(ABC順)

デル株式会社

豊富に揃ったビジネス向け製品&ソリューションから、働き方に見合ったモデルとスペックを選べます。

デル株式会社のサイトを見る

株式会社ディー・オー・エス

当社のご提供するIT資産管理ソフト「SS1」は、セキュリティ管理やログ管理もおこなえる統合型のソフトウェアです。Windows10への移行や更新プログラム適用管理・働き方改革の推進に効果を発揮します。

株式会社ディー・オー・エスのサイトを見る

Dynabook 株式会社

Dynabook株式会社では、クラウドを活用した業務サービスをはじめ、生産性向上を実現するさまざまなソリューションをご用意。そしてお客様のめざす「働き方改革」を成功に導く豊富な製品ラインアップをご提供しています。

Dynabook 株式会社のサイトを見る

富士通株式会社

富士通はパソコン本体の開発から製造まで一貫した国内体制を確立し、「高信頼性・高品質」にこだわり続け、お客様の用途や業種・業態にあわせた最良の製品・サービスを提供します。

富士通株式会社のサイトを見る

株式会社ハンモック

AssetView は、Windows 10 更新プログラム管理機能に加え組織内のクライアントPC の情報を収集する機能や、クライアントPC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策などを行ってくれるトータルクライアントソリューションです。

株式会社ハンモックのサイトを見る

Lenovo

レノボ・ジャパンは、ThinkPadをはじめ優れたモビリティを誇るPCデバイス、周辺機器、Web会議システム、セキュリティ製品、サービス等、技術力と確かな品質でお客様企業の働き方改革推進をご支援いたします。

Lenovoのサイトを見る

エムオーテックス株式会社

『LanScopeCat』は14年連続トップシェアの情報漏えい対策ツールです。IT資産管理や操作ログ管理をはじめ、既知・未知のマルウェアの検知・駆除、感染原因の特定まで行え、インシデント対応の課題も解決します。

エムオーテックス株式会社のサイトを見る

NECキャピタルソリューション株式会社

当社では、効率的にインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)の初期設定ができる「PIT-Configurator for AMT」、複数PCの電源管理が可能な「PIT-PowerController for AMT」を提供しております。

PIT-Configurator for AMT PIT-PowerController for AMT

日本ビジネスシステムズ株式会社

JBSはマイクロソフトを中心としたITソリューションを提供する独立系システムインテグレーターです。最新のテクノロジーを活用し、次世代のイノベーションパートナーとしてお客様のデジタルトランスフォーメーションの実現をご支援します。

日本ビジネスシステムズ株式会社のサイトを見る

日本電気株式会社

ビジネスPC Mate&VersaProシリーズは、様々なワークスタイルをサポートする多彩な商品構成とサービスを提供します。お客様一人ひとりの多彩なニーズに応え、社会とビジネスの革新に貢献します。

日本電気株式会社のサイトを見る

株式会社 日本HP

HPは「世界で最も安全なビジネスPC」を実現するPCメーカーです。マルウェア感染を防ぐ“HP Sure Click”など先端のセキュリティ機能によりサイバー攻撃の対策やテレワーク導入の推進コストを下げることが可能です。

株式会社 日本HPのサイトを見る

日本マイクロソフト株式会社

Windows 10 はマイクロソフトが提供する最も安全なオペレーティングシステムです。セキュアなIT環境の維持・柔軟なITデバイスの管理・リモート作業や既存ITとの統合を可能にし、ビジネスにおける高い生産性の実現に貢献します。

日本マイクロソフト株式会社のサイトを見る

株式会社NTTデータウェーブ

ハードウェアの提供から運用管理、撤去までのPCライフサイクル全体を通したトータルアウトソーシングサービス「Wave PC Mate」を提供しています。これまでに培った構築・運用に至る経験とノウハウをベースに、デスクトップ領域におけるプロフェッショナル集団が情報システム部門を強力にサポートいたします。

株式会社NTTデータウェーブのサイトを見る Wave PC Mateのサイトを見る

オリックス・レンテック株式会社

オリックス・レンテックは国内最大規模のハイテク機器を保有するレンタル会社です。インテル® Coreプロセッサー・ファミリーをはじめ、インテル® vPro® プラットフォームを搭載したさまざまなメーカーのPCを豊富に取り揃え、最短1日からご利用形態に合わせた柔軟な期間設定で、レンタルサービスをご提供しています。

オリックス・レンテック株式会社のサイトを見る

パナソニック株式会社

働き方改革、業務効率性Upに欠かせないモバイル PC。「モバイルワーク」「在宅ワーク」「オフィスワーク」など、さまざまな環境で、快適に業務が行えるよう、レッツノートがトータルサポートします。安心安全の純日本製のレッツノートだからこそできるソリューションを皆様にご提供いたします。

パナソニック株式会社のサイトを見る

Sky株式会社

SKYSEA Client Viewは使いやすさにこだわったクライアント運用管理ソフトウェアです。PC情報を収集し、Windows 10 PCの管理やサイバー攻撃対策を支援。インテル® vPro® プラットフォームにも対応し、詳細なPC情報管理やメンテナンスが可能です。

Sky株式会社のサイトを見る

バリオセキュア株式会社

バリオセキュアはファイル共有をクラウドレスで行う、次世代ファイル共有サービス「FileFlex」を提供をしています。

バリオセキュア株式会社のサイトを見る

Coming soon...