トップへ
Case study シュアラスター株式会社

営業担当者のノートPCを守れ!
インテル® vPro® プラットフォームでデバイス管理

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出の自粛が求められ、在宅で働く人が一気に増加したが、テレワークの拡大に伴い、様々な課題を指摘する声が、企業の側から聞こえるようになった。具体的には「コミュニケーション不足」「マネジメントの難化」のほか、「情報セキュリティ面でのリスク」を懸念する声が特に大きい。特に、中小企業では、テレワーク環境下でセキュリティを強化していくことは喫緊の課題だと言える。シンクライアントなどの仕組みを採用する企業が少なく、データが保存されたままの業務用PCを自宅に持ち帰るケースが少なくないからだ。なお、実際の事例を見ると、情報漏洩は「管理ミス」や「誤操作」といったヒューマンエラーに起因するものが多いというデータもある。つまり、適切なPC管理体制を構築することが、有効な情報漏洩対策になるということだ。そこで、今回は「テレワークやリモートワークを導入する企業は、いかにPCの管理体制を構築していくべきか?」について、ある企業の取り組みから、その最適解を考察していく。

全国を飛び回る営業担当者の
ノートPCが狙われている!?

シュアラスター株式会社
取締役社長
塩崎 雅友氏

今回、話を聞いた塩崎雅友氏が取締役社長を務めるシュアラスター株式会社は、30名の社員を抱え、カーワックスや洗車用シャンプーなどの製造・販売を行うカーケア用品メーカー。米国生まれのカーワックスの輸入から事業をスタートさせた1955(昭和30)年以来、品質の高さで数多くのファンに愛される業界の老舗企業である。

そんな同社でも、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今年4月から社員のほとんどを在宅勤務にシフトさせているという。

「現在、商品開発や生産、出荷業務などを行う業務部の社員、卸先企業の本部との商談が業務の中心である営業担当者は、在宅勤務になっています。ただ、2年前に基幹システムをパブリッククラウドに移行していたこともあって、運用上、大きな問題はありません。それどころか、オンラインミーティングツールを使うと、打ち合わせや商談の時間が短くなるなど、営業活動の効率は上がっていますね」と塩崎氏は現在の状況を説明するが、在宅勤務に移行しても、不便は感じていないようだ。

しかし、その一方でセキュリティの強化や運用管理の効率化の必要性は、常に感じているとのこと。そもそも基幹システムをはじめとするIT基盤のパブリッククラウドへの移行も、この課題を解決するためのものだった。

同社には、専任の情報システム担当者を置かず塩崎氏自らがIT関連業務に当たっているが、同氏がセキュリティや運用管理を強く意識しているのには事情がある。それは先述の本部営業とは別に、全国のカー用品店などに営業活動を行う営業担当者の働き方が関係している。

「シュアラスターは、根強いファンに支えられているブランドです。それ故、ファンの方々のエンゲージメントを高めていくために、売り場づくりなどを通じて、ブランドイメージを最適化する店頭での営業活動を重視しています。この業務に従事する担当者は、全国を回りますが、かつて営業活動中に車上荒らしに遭遇し、ノートPCの盗難被害にあったこともあって、彼らが使用するノートPCのセキュリティへの懸念がありました。そこで、システムをクラウドへ移行して、PC上にはデータを残さないようにしたのですが、解決すべき課題はまだまだ残っていました。例えば、現在、OSやアプリケーションのアップデートは従業員がそれぞれ行っていますが、きちんと適用できているかをチェックする必要があります。つまり、リモートで使うものも含め、社内のPCを適切に管理する体制を構築しなければならないと感じていた訳です」(塩崎氏)

そんな折、塩崎氏はひょんなことからインテル® vPro® プラットフォームの存在を知る。そして「これこそ自分が求めていたものだ」と思ったという。

インテル® vPro® プラットフォームを
実際に活用して課題が解決できると確信

そして、現在(2020年9月)、同社には、第10世代インテル® Core vPro® プロセッサー・シリーズを搭載した5台のASUS製PC「ExpertBook B9」が導入されている。実際に業務に使用しながら、実際の業務にどのように活用していくかを検討している最中だ。

「ExpertBook B9」をはじめとした最新及び第6世代以降のインテル® vPro®プラットフォーム搭載PCは、同時にインテル® AMT(Active Management Technology)に基づいた管理支援アプリの「インテル® EMA(Endpoint Management Assistant)」に対応しており、PCのリモート管理を行うことが出来る。

インテル® EMAの特徴はクラウドに対応したことで、企業ファイアウォール外にある端末に対してもハードウエアベースで動作し、OSが起動していなくても、PCの操作ができる。そのため、PCの立ち上げはもちろん、ブルースクリーンの状態での操作や、BIOS画面の確認・操作もリモートで行える。

その結果、障害の特定や復旧といったトラブル対応もスムーズかつスピーディに行うことが可能だ。

「実際に使ってみて、我々が直面しているPCにまつわる課題を一気に解消できるという思いが強くなりました。また、在宅勤務で遠隔管理しなければならないPCが増えましたが、この課題も解消できるのもありがたい。やはり電源のオン/オフからリモートで操作できるのは大きな利点です。従来型のリモートデスクトップサービスだと、PCの電源が入っていなければ、何もできませんでしたが、この仕組みを使えば、社員がPCを使っていない時に、OSやソフトウェアのアップデートの適用や確認を行えますからね。これで、ITに対する専門的な知識のない社員のPCでも、システムを最新の状態に保ち、適切なセキュリティ対策を講じられます。さらに、インテル® vPro® プラットフォームは、ハードウエアベースのセキュリティ機能を搭載しているので、セキュリティレベルはそもそも高い。BIOSやファームウエアに対する攻撃を防ぐ機能に加え、ユーザーの使い勝手に悪影響を及ぼすことなく、高度なマルウエア対策やSSDの暗号化をバックグラウンドで実現してくれます。ネットワーク経由でも、物理的な盗難においても、重要なデータを盗み見られるリスクを軽減できるのは心強いですね」と、塩崎氏は、インテル® vPro® プラットフォームの印象について、このように述べる。

さらに「これまで店舗営業担当者のPCのトラブルがあった際は、電話などで対応していましたが、社員のITリテラシーのレベルによっては対応が難しいケースもありました。その点、インテル® vPro® プラットフォームなら遠隔で操作できるので、ストレスなく対応することができそうです」とのこと。インテル® vPro® プラットフォームの機能が役立つシーンは尽きることがなさそうだ。

また、今回、インテル® vPro® プラットフォーム搭載PCとして採用されたASUSの「ExpertBook B9」も評価は上々である。

「まず非常に薄くて軽いので女性でも持ち運びしやすく、社内の評判も高いですね。当社の重要な業務の1つである、全国の店舗を巡回する営業担当者が使うので、PCのモビリティ性能は重視したいところですが、持ち運びのしやすさだけでなく、大容量バッテリーによる駆動時間や米軍用規格準拠のテストをクリアしたという高い堅牢性も、持ち運ぶ機会が多いビジネスパーソンが使うノートPCとして申し分ありません。見た目や手触りなど、質感も高く、さすがフラッグシップモデルといった印象です」(塩崎氏)

「ハタラクを、解放する。」をコンセプトに開発された「ExpertBook B9」は、作業効率を高める様々な工夫が施されているのも特徴。視認性の高い狭額縁デザインの14型ディスプレイやタイピングしやすいようにキーボードの角度が手前に5度ほど傾く「エルゴリフトヒンジ」といった機構のほか、タッチパッドがテンキーとして動作する「NumberPad 2.0」などの機能が快適な作業を約束してくれる。さらにWeb会議の際の音声品質向上に寄与する、ディスプレイ上部に4つ搭載されたマイクとノイズキャンセリング機能も、テレワークが当たり前になった現在では注目したいポイントだ。このような機構や機能が、外出先で作業を行う営業担当者だけでなく、在宅勤務を行う社員の生産性向上にも貢献してくれるだろう。

これからの時代を生き抜くためには
インテル® vPro® プラットフォームの導入は必須?

さて、ニューノーマル時代のデバイス活用、企業のIT投資について、塩崎氏は次のように語る。

「今後は、PCだけではなく、タブレット、スマートフォンなど、目的やシーンによってデバイスを使い分けていきたいと考えています。そうすることで作業をストイックなまでに効率化し、顧客とのコミュニケーションをより深めることで、エンゲージメントを高めていく――このようなチャレンジに対する投資は厭わない考えです。これからの時代を生き抜くためには、やはりITを基盤とした企業活動の設計は必須。新しいテクノロジーを活用すれば、生産性を向上させることができますし、時代の変化にも柔軟に対応することができますから――。アフターコロナという観点で考えても、それは同様です。インテル® vPro® プラットフォームを導入することも、まさにそのような取り組みの1つだと考えています」

若年層の自動車離れなどを背景に、カーケア用品の市場規模は縮小傾向にあるのは、様々なメディアで言われている通りだ。そんな中、同社が右肩上がりの成長を続けているのは、以上のような考え方をベースにしたIT基盤があるからこそなのだろう。

とはいえ、IT関連業務を自ら行っている塩崎氏のような経営者は、当然IT関連業務だけに注力している訳にはいかない。そのような点においても、PC管理業務の効率化を実現してくれるインテル® vPro® プラットフォームが強い味方になるのは想像に難くない。

軽く、薄く、そして強くの3拍子を実現

ASUS ExpertBook B9は、1kgを切る軽さと、わずか14.9mmのスリムボディで最長30時間を超えるバッテリー駆動時間を実現した世界最軽量クラス14型ノートPCです。高性能かつ最高のセキュリティ性を備えた最新インテル® Core i7 vPro プロセッサーとインテル® Core i5 vPro プロセッサー搭載製品より選んでいただけます。さらに、軍用レベルの堅牢性と疲労を軽減する傾斜キーボード、テンキー機能付きのタッチパッドも搭載し、テレワークなど場所や時間に縛られない新しいワークスタイルにフィットします。

詳しくはこちら

併せて読みたい

記事一覧

~インテル® vPro® プラットフォーム搭載PC活用事例~ネットワークセグメントに依存しない電源管理を実現し“パッチ適用率97%”を目標に設定!

Case study日本ビジネスシステムズ

低コストでセキュアなファイル共有環境を実現、インテル® vPro® プラットフォームとの連携で“未知の脅威”の侵入にも対応

Case studyバリオセキュア株式会社

デルPC+インテル® vPro® プラットフォームが“止まらないビジネス”を実現する!

Case studyデル株式会社

テレワーク時代のシステム管理者の悩みを解決する便利なアプリ「インテル® EMA」の凄さ

Technology

インテル® vPro® プラットフォーム搭載PCの導入 保険サービスを支えるセキュリティー強化と管理効率化をインテル® vPro® プラットフォーム搭載PCで実現

Case studyオリックス生命保険

豊富な知見を持つITソリューションベンダーが Windows 10 環境の効率的な設定や運用作業を支援!

Case studyNECキャピタルソリューション株式会社

今だからこそ持つべき視点、“ゼロトラストセキュリティー”の必要性

Case studyインテル株式会社

“モバイルPC専業メーカー”のパナソニックが安心・安全なテレワーク環境の構築を支援する

Case studyパナソニック株式会社

インテル® vPro® プラットフォーム搭載PCで Windows 10 の効率的で安定した運用を実現!400台導入したワシントンホテル株式会社の事例

Case studyワシントンホテル株式会社

緊急のテレワーク環境構築時に考えるべき“3つのポイント” 最終ゴールは“従業員が罪悪感を持たずにテレワークできる環境を作ること”

Case studyレノボ・ジャパン合同会社

求められるのは“柔軟なビジネスモデル”変化の時代、中小企業が適応するには?

Case studyインテル株式会社

テレワークへと大きく舵を切るビジネスワーカーたちへ!ASUSが「ASUS ExpertBook B9 B9450FA」で掲げた、新時代PCの条件

Case studyASUS

インテル® vPro® プラットフォームの特長1:パフォーマンス 最新のビジネスPCに求められるパフォーマンス

Case studyインテル株式会社

インテル® vPro® プラットフォームの特長2:安定性 将来的な成長に向けた安定性、可用性、信頼性を確保するインテル® vPro® プラットフォーム

Case studyインテル株式会社

インテル® vPro® プラットフォームの特長3:セキュリティ ビジネスを強力に支援するハードウエア・ベースのセキュリティ

Case studyインテル株式会社

インテル® vPro® プラットフォームの特長4:運用管理性 ビジネス向けリモート管理テクノロジーでITサポートとセキュリティを強化する

Case studyインテル株式会社

ニューノーマル時代の到来に合わせて進化した第10世代インテル® Core vPro® プロセッサーが登場!

Case studyインテル株式会社

ITマネージャー必読!インテル® EMA活用「虎の巻」

Case studyインテル株式会社

イラストで解説!各業界の働き方はどう変わる? ~製造業編

Case studyインテル株式会社

イラストで解説!各業界の働き方はどう変わる? ~不動産業界編

Case studyインテル株式会社

イラストで解説!各業界の働き方はどう変わる? ~テレビ業界編

Case studyインテル株式会社

営業担当者のノートPCを守れ! インテル® vPro® プラットフォームでデバイス管理

Case studyシュアラスター株式会社

あらゆる課題に対応するインテル® vPro® プラットフォームの4つの特長

ビジネス・プラットフォームの運用をハードウェア・レベルで支援するインテル® vPro® プラットフォームは、パフォーマンス・安定性・セキュリティー・運用管理性の各要件において豊富な機能を具備しています。

パフォーマンスの最適化と長時間バッテリーにより、ワンランク上のコンピューティング体験を手に入れ、生産性を向上させることができます。

複雑な PC ライフサイクルを解消する、高い安定性を体験することができます。


下位レイヤーに保護機能を内蔵するエンドポイントのセキュリティーで、企業を守ることができます。

リモート管理ソリューションにより、効率的な PC 管理が可能になりました。


詳しくはこちら

貴社のビジネスを強力にサポートするインテルのパートナー企業(ABC順)

デル株式会社

豊富に揃ったビジネス向け製品&ソリューションから、働き方に見合ったモデルとスペックを選べます。

デル株式会社のサイトを見る

株式会社ディー・オー・エス

当社のご提供するIT資産管理ソフト「SS1」は、セキュリティ管理やログ管理もおこなえる統合型のソフトウェアです。Windows10への移行や更新プログラム適用管理・働き方改革の推進に効果を発揮します。

株式会社ディー・オー・エスのサイトを見る

Dynabook 株式会社

Dynabook株式会社では、クラウドを活用した業務サービスをはじめ、生産性向上を実現するさまざまなソリューションをご用意。そしてお客様のめざす「働き方改革」を成功に導く豊富な製品ラインアップをご提供しています。

Dynabook 株式会社のサイトを見る

富士通株式会社

富士通はパソコン本体の開発から製造まで一貫した国内体制を確立し、「高信頼性・高品質」にこだわり続け、お客様の用途や業種・業態にあわせた最良の製品・サービスを提供します。

富士通株式会社のサイトを見る

株式会社ハンモック

AssetView は、Windows 10 更新プログラム管理機能に加え組織内のクライアントPC の情報を収集する機能や、クライアントPC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策などを行ってくれるトータルクライアントソリューションです。

株式会社ハンモックのサイトを見る

Lenovo

レノボ・ジャパンは、ThinkPadをはじめ優れたモビリティを誇るPCデバイス、周辺機器、Web会議システム、セキュリティ製品、サービス等、技術力と確かな品質でお客様企業の働き方改革推進をご支援いたします。

Lenovoのサイトを見る

エムオーテックス株式会社

『LanScopeCat』は14年連続トップシェアの情報漏えい対策ツールです。IT資産管理や操作ログ管理をはじめ、既知・未知のマルウェアの検知・駆除、感染原因の特定まで行え、インシデント対応の課題も解決します。

エムオーテックス株式会社のサイトを見る

NECキャピタルソリューション株式会社

当社では、効率的にインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)の初期設定ができる「PIT-Configurator for AMT」、複数PCの電源管理が可能な「PIT-PowerController for AMT」を提供しております。

PIT-Configurator for AMT PIT-PowerController for AMT

日本ビジネスシステムズ株式会社

JBSはマイクロソフトを中心としたITソリューションを提供する独立系システムインテグレーターです。最新のテクノロジーを活用し、次世代のイノベーションパートナーとしてお客様のデジタルトランスフォーメーションの実現をご支援します。

日本ビジネスシステムズ株式会社のサイトを見る

日本電気株式会社

ビジネスPC Mate&VersaProシリーズは、様々なワークスタイルをサポートする多彩な商品構成とサービスを提供します。お客様一人ひとりの多彩なニーズに応え、社会とビジネスの革新に貢献します。

日本電気株式会社のサイトを見る

株式会社 日本HP

HPは「世界で最も安全なビジネスPC」を実現するPCメーカーです。マルウェア感染を防ぐ“HP Sure Click”など先端のセキュリティ機能によりサイバー攻撃の対策やテレワーク導入の推進コストを下げることが可能です。

株式会社 日本HPのサイトを見る

日本マイクロソフト株式会社

Windows 10 はマイクロソフトが提供する最も安全なオペレーティングシステムです。セキュアなIT環境の維持・柔軟なITデバイスの管理・リモート作業や既存ITとの統合を可能にし、ビジネスにおける高い生産性の実現に貢献します。

日本マイクロソフト株式会社のサイトを見る

株式会社NTTデータウェーブ

ハードウェアの提供から運用管理、撤去までのPCライフサイクル全体を通したトータルアウトソーシングサービス「Wave PC Mate」を提供しています。これまでに培った構築・運用に至る経験とノウハウをベースに、デスクトップ領域におけるプロフェッショナル集団が情報システム部門を強力にサポートいたします。

株式会社NTTデータウェーブのサイトを見る Wave PC Mateのサイトを見る

オリックス・レンテック株式会社

オリックス・レンテックは国内最大規模のハイテク機器を保有するレンタル会社です。インテル® Coreプロセッサー・ファミリーをはじめ、インテル® vPro® プラットフォームを搭載したさまざまなメーカーのPCを豊富に取り揃え、最短1日からご利用形態に合わせた柔軟な期間設定で、レンタルサービスをご提供しています。

オリックス・レンテック株式会社のサイトを見る

パナソニック株式会社

働き方改革、業務効率性Upに欠かせないモバイル PC。「モバイルワーク」「在宅ワーク」「オフィスワーク」など、さまざまな環境で、快適に業務が行えるよう、レッツノートがトータルサポートします。安心安全の純日本製のレッツノートだからこそできるソリューションを皆様にご提供いたします。

パナソニック株式会社のサイトを見る

Sky株式会社

SKYSEA Client Viewは使いやすさにこだわったクライアント運用管理ソフトウェアです。PC情報を収集し、Windows 10 PCの管理やサイバー攻撃対策を支援。インテル® vPro® プラットフォームにも対応し、詳細なPC情報管理やメンテナンスが可能です。

Sky株式会社のサイトを見る

バリオセキュア株式会社

バリオセキュアはファイル共有をクラウドレスで行う、次世代ファイル共有サービス「FileFlex」を提供をしています。

バリオセキュア株式会社のサイトを見る

Coming soon...