トップへ

伝統×デジタル技術で世界に注目される
seccaが金沢でものづくりを行う理由(前編)

金沢で再会した
元工業デザイナー2人が
生み出すもの

東京から北陸新幹線で約2時間30分――。北陸3県の中心都市である金沢は、風情ある街並みが数多くの人々を魅了してやまない城下町である。そして、現在この日本有数の観光地には、県外から移り住むクリエイターが増えているという。彼らはなぜ金沢に集まるのか? 実際に金沢を拠点に革新的なものづくりを行う、あるクリエイティブ企業に話を聞いた。

工業デザインで培った技術を活用して
今までにない造形を実現

北陸新幹線の終着駅であるJR金沢駅から徒歩10分ほどの場所に位置するビルの中にあるsecca inc.(株式会社雪花、以下secca)。伝統的な工芸技術に最先端のデジタル技術を掛け合わせ、これまでは実現不可能だった造形のプロダクト等新たなものづくりの可能性を世に送り出しているベンチャー企業である。

例えば、金沢の料亭「日本料理 銭屋」の髙木慎一朗氏などの国内の有名料理人だけでなく、海外の有名シェフからも高い評価を得ているという同社の陶磁器は、いずれもこれまでの陶磁器のイメージを覆す造形である。美しくたおやかな曲線が描くフォルムが印象的で、「本当にこれが陶磁器なのか?」と疑ってしまうほどだ。

「我々の使命は、ものづくりをアップデートすること」だと、同社の代表取締役CEO上町達也氏が語る通りのものづくりが、北陸の地方都市で日々行われているのである。

では、どのようにして、独創的なアイデアと形は生み出されるのだろうか?

陶磁器の一例で説明すると、まず3D-CADによって設計したデザインを3Dプリンターで出力。これを型取りして作成した石膏型に粘土を流し込み、カタチを作るのだという。

石膏型に粘土を流し込むと、人の顔の形が生み出される

このような手法に行き着いた経緯について、同社のCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)を務める柳井友一氏は、次のように説明する。

「僕は元々音響メーカーで、工業デザイナーをしていましたが、27歳の時に仕事を辞め、陶芸家を志し、岐阜県の『多治見市陶磁器意匠研究所』に入りました。それは、工業デザインの消費サイクルの速さに疑問を感じ、もっと長く愛され続けるモノを作っていきたいという思いからの行動でした。そして、陶芸家を目指し毎日を過ごす中で、作品の独自性を考えた結果、自分には工業デザインで培った3D-CADなどのデジタル技術があり、それを活用することが自分らしい表現に繋がるのではないか、と気付いたことがきっかけです」

食とものづくり――
その両方がある金沢へ

その後、金沢市による工芸の総合的施設「金沢卯辰山工芸工房」に入り、金沢で活動を続けるものの、上町氏はまだこの町にはおらず、柳井氏はこの時「まさか上町と活動を共にするとは夢にも思っていなかった」と当時を振り返る。

では、当時、上町氏は何をしていたかというと、かつての柳井氏と同様に工業デザイナーとして活躍していたというのだ。

株式会社 雪花
代表取締役CEO
上町 達也氏

「当時、東京でカメラメーカーのデザイナーをしていましたが、柳井と同様に、長い時間をかけてデザインした製品が、発売した1年後にはワゴンセールに並んでしまうという現実に漠然と疑問を感じていました」(上町氏)

そして、そんな上町氏を金沢に向かわせるきっかけになったのが、東日本大震災だった。

「震災の後、大勢の人が安全な水を求めた結果、スーパーマーケットから飲料水がなくなったり、人々の意識が急に食の安全性に向いたりと、本当は当たり前のことなのに、地震がないとそういうことに気付けない世の中って何なんだろう?と――。元々持っていた工業デザインへの疑問もあって『人の価値観が希薄になっている』と感じたのです。そして、そんな状況に対して、クリエイターとして何かできないかということを考えるようになりました。すると、人間の生活の基本である食に対する意識が自分の中で強くなって、食とものづくりを掛け合わせたことをしたいという思いが出てきて、まず思いついたのが金沢だった。金沢なら、食とものづくりの両方が存在する――行けばその地に答えはあると思ったのです」(上町氏)

株式会社 雪花
取締役CCO
柳井 友一氏

実は2人にとって、金沢は縁もゆかりもない町ではない。出身地は異なりながらも金沢美術工芸大学の学生として過ごした場所なのだ。そして、学生時代から知り合いだった柳井氏が金沢に来た約1年後、上町氏も移住し、この町で再会することに。

その後、上町氏は、農業などを行い食の事を学びながら、事業の構想を磨き、2013年にsecca inc.を立ち上げる。この時、支援を受けたのが、同社のアドバイザーとして名を連ねる、OPENSAUCE Inc.やMistletoe Japan, Inc.代表を務める宮田氏は、デザインや3Dアニメーション、アプリ開発、音楽配信事業など、様々な領域で実績を残してきた日本を代表するクリエイターの1人である。

「ある時、金沢に移住しようと検討していた頃に知り合った宮田さんのご支援で、器と料理を同時に提案することを目的とした飲食店をやることになりました。それをきっかけに、会社を立ち上げたのがseccaの始まりでした。この時はまだ柳井は『金沢卯辰山工芸工房』に在籍中だったのですが、店専用の器を作ってもらっていました」と上町氏は当時のことを述懐する。

正式に、柳井氏が参加し、現在のような体制になったのは2015年のこと。それからは「基本的に、器をはじめとするものづくりは柳井に主導権を委ね、僕もデザインを担当しながら、クリエイティビティが最大化する環境づくりや、組織づくり、また経営面を中心に取り組んでいます。」(上町氏)とのことだ。

新参者を受け入れてくれる
気風がいまだ残る町

以上のような経緯で金沢で活動を行っているseccaだが、この町でクリエイティブな活動を行う魅力について、柳井氏は次のように話す。

「刺激を受けられる作り手さんが、身近にたくさんいることが一番の魅力です。ものづくりで躓くことは結構ありますが、そんな時に気軽に相談できる同じ意識の仲間がいるのはやはり心強い。また、町の大きさもちょうどよいサイズで、距離が近いからこそ、ジャンルの違うクリエイター同士のコラボレーションもしやすいと思います」

seccaでは、陶磁器だけでなく、漆芸や金箔、染色など、金沢に根付く工芸の作家とのコラボレーションを積極的に行っている。そのようなことが実現できるのもこの土地ならではということだ。

上町氏は、多様性を受け入れる雰囲気を魅力に挙げる。

「金沢の経済界の素敵なところは、町のためになる進化や面白いことなら、新参者でも受け入れてくれる気質があること。だからこそ、地元の老舗企業の方々が僕らのような人間にも『どんどん挑戦しろ』と言ってくれるのです。それは加賀藩前田家が、文化政策に力を入れ、そのために全国から技術者を集めたという歴史背景が関係していると思いますが、地元の人のフラットな姿勢は、本当にありがたい」という。

さらに上町氏も柳井氏も「地方で仕事をすることに関して、デメリットを感じたことは全くなく、むしろメリットの方が大きい」と声を揃える。

「東京には7年間住んでいましたが、1人になって考えられる時間が少ないと感じていました。確かに東京には情報や刺激があふれていますが、それを自分のものにするためには1人でじっくり考えて、反芻する時間が必要です。でも、東京だと、どうしても時間に追われてしまいますし、どこに行っても人がいるので、そういう時間がなかなか持てない。その点、地方だと1人の時間を作ることはそんなに難しくありません。また、東京には週1回程度の頻度で行きますが、往復の移動中も考えを深めるにはもってこいの時間ですね」(上町氏)

楽器職人の北出 斎太郎氏(右)も2016年よりseccaへ参画している

免責事項

1 「古いPC1台の立ち上げ総時間10.52時間/年」。これは古いPCの導入に伴う問題点とコストを評価するため、インテルがJ.ゴールド・アソシエーツに委託して実施した1,020人の小規模事業主(米国、オーストラリア、インド、中国、日本)を対象とする2018年のオンライン調査によるものです。また「10.52時間」という数字は、5年前以上のPCを1日に一回起動した場合の平均時間に関する日本の統計に基づきます。この数字とレポート全文については、詳しくは https://www.intel.com/content/www/us/en/business/small-business/sme-pc-study.html をご覧ください。

2 「5年落ちPCが原因の無駄なコストは580,000円/年」。これは古いPCの導入に伴う問題点とコストを評価するため、インテルがJ.ゴールド・アソシエーツに委託して実施した1,020人の小規模事業主(米国、日本、オーストラリア、インド、中国)を対象とする2018年のオンライン調査によるものです。日本の調査回答者は、5年前以上のPCを使うことで、日本の従業員は生産性が15.31%低下していると推計しています(従業員がPCに費やす時間の平均的割合59.4%、また5年前以上のPCを使うことによる生産性の平均低下率25.76%)。2017年における日本の従業員の平均年収は3,798,718円であるため、失われた生産性のコストは年間約580,000円になります。この数字とレポート全文については、詳しくはhttps://www.intel.com/content/www/us/en/business/small-business/sme-pc-study.html をご覧ください。従業員の平均年収3,798,718円は、厚生労働省の2017年度の毎月勤労統計調査 (https://www.mhlw.go.jp/english/database/db-l/monthly-labour.html) を使って算出したものです。2017年1月から2017年12月までの毎月の「現金給与」(「産業」欄)を合計することで、2017年における日本の従業員の平均年収として3,798,718円という数字が算出されます。

3 「5年落ちのPCを使用する従業員のパフォーマンスは15%低下」。これは古いPCの導入に伴う問題点とコストを評価するため、インテルがJ.ゴールド・アソシエーツに委託して実施した1,020人の小規模事業主(米国、オーストラリア、インド、中国、日本)を対象とする2018年のオンライン調査によるものです。日本の調査回答者は、5年前以上のPCを使うことで生産性が15.31%低下すると推計しています(従業員がPCに費やす時間の平均的割合が59.4%、また5年前以上のPCを使うことによる生産性の平均低下率25.76%)。この15.31%という数字は上記見出しでは15%に四捨五入されています。この数字とレポート全文については、詳しくは https://www.intel.com/content/www/us/en/business/small-business/sme-pc-study.html をご覧ください。

4 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、インテル® マイクロプロセッサー用に最適化されている場合があります。SYSmarkやMobileMarkなどの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能を使用して測定したものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討する際は、その製品を他の製品と組み合わせた場合の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.com/benchmarks をご覧ください。ベンチマーク(または想定される)結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの実装前に取得されたものです。
アップデート実装後は、これらの結果はお使いのデバイスやシステムに当てはまらない可能性があります。

5 インテル® Core™ i5プロセッサー搭載のコンピューター(モバイル向け)用に以下のシステム構成とし、インテル® リファレンス・プラットフォームでオフィスの生産性とマルチタスク処理のワークロードを使って測定 – 新システム: インテル® Core™ i5-8250Uプロセッサー、PL1=15W TDP、4C8T、ターボ時最大3.4GHz、メモリー: 8GB DDR4-2400、ストレージ: インテル600p SSD、インテルUHDグラフィックス620、OS: Windows* 10 と、5年前のシステム: インテル® Core™ i5-3317Uプロセッサー、PL1=15W TDP、2C4T、ターボ最大時3.6GHz、デル* XPS 12、メモリー: 8GB DDR3、ストレージ: SSD、インテルHDグラフィックス4000、OS: Windows* 10を比較。

6 インテル・リファレンス・プラットフォームでSYSmark* 2014 SE (Second Edition)を使って測定。インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー、PL1=15W TDP、4C8T、ターボ最大 4.0 GHz、メモリー: 8 GB