2021年8月8日、2度目の東京オリンピックが閉会した。世界最高峰の祭典の裏には、常に最先端のテクノロジーがある。今をさかのぼること57年前、日本のシステムが世界をアッと言わせた事実をご存知だろうか。その精神はDXにも通じる。

感動の裏にテクノロジーがある

7月23日の開会式でのパフォーマンス。夜空に1824機のドローンを浮かべ、巨大な地球儀や市松模様のエンブレムを鮮やかに描きだした。その一糸乱れぬ動きは、現代のIT技術の粋と言えるだろう。IoT(インターネット・オブ・シングス)というと色気がない。感動の裏にはテクノロジーがあった。

世界最高峰の競技では、わずか0.01秒の差が明暗を分ける。勝負が決まった瞬間、結果が瞬時にデジタル表示されることで視聴者の興奮はさらに高まり、舞台がドラマチックに演出される。遠く離れた世界のあちこちで一流選手たちの戦いに没入し、感動に酔いしれることができる。

私たちはいま、そうした光景を当たり前のように眺めているが、この「競技結果を迅速に伝えるシステム」がオリンピックで初めて使われたのは、57年前。1964年に行われた最初の東京オリンピックだった。32の競技場と東京・代々木にあったというデータセンターを結び、リアルタイムにデータを送ったのだ。データセンターでは数分で記録や順位の速報を出力していったという。

このシステムを実現したのは、当時の日本IBMに在籍した開発チームである。まだほとんどオンラインシステムが存在していなかった時代、このシステムを作ることは大きなチャレンジだった。規模は世界最大級。2台の大型コンピューターを使い、現在とは比較にならないほど原始的な開発環境下で、この難プロジェクトに立ち向かった。まさに未知への挑戦となった。

1964年に開催された東京オリンピックの様子

舞台は日本が威信を賭けたアジア初の東京オリンピックである。世界初のシステムを稼働させることは、大変なプレッシャーだったに違いない。だがこれを実現させたのだ。そこには、ドキュメンテーション、チームビルディングの進め方など現在のプロジェクトに通じるさまざまな取り組みがあった。

2度目の東京オリンピックを終えたいま、私たちはかつてITにかかわる日本のプロフェッショナルたちが成し遂げた偉業を改めて思いだしておきたい。

未知の道だからこそ、行く価値がある

東京オリンピックで実現したリアルタイムでの情報のやり取りは、その後、大手銀行向けのオンラインバンキングシステムの開発にも役立てられた。その後の勘定系システムの広がりは言うまでもないだろう。銀行の大変革にも1度目の東京オリンピックが影響を与えていたわけだ。

誰も経験したことのない難プロジェクトだったにもかかわらず、当時のITのプロフェッショナルたちは開発をやり抜いた。その精神は、いま私たちが直面しているDXにも通じている。

グローバルなIT大手であるグーグルやアマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップルのDXが凄いと話題になっているが、一般企業がいきなり同じような姿を目指しても結果は出ないだろう。競技結果を伝えるシステムを開発したエンジニアたちのように、ゴールに向けて地道に進み続けるしかない。うまく行かなくても決して諦めず、チームを作り、技術とノウハウを蓄えながら正解へと近づく姿勢が必要だ。そして企業の変革に向けたマイルストーンを一つひとつクリアしていく先、会社を変えるようなDXの姿が見えてくるに違いない。

2度目の東京オリンピックは終わった。3年後、パリのオリンピックは私たちに何を見せてくれるのだろうか。その時には、自分たちなりのDXが確実に進展し、しばしの達成感と共に世界最高峰の舞台を楽しめることを期待したい。

少し大きな話になったかもしれない。読者の皆さんはどうお感じになっただろうか。SNSを使われる場合、#jyosyslabo を加えていただけるとありがたい。

新着記事

社内のDX(Digital Transformation)を推進したい

Vol:03

情シスほど面白い仕事はない
ヤフー株式会社

「情シス」というと、社内の情報システムを運用しているだけの存在と思われがちだ。現在のほとんどのビジネスはITなしでは成り立たない。ビジネスの根幹を支える重要な役割にもかかわらず、十分な評価を得ているとは言い難い。本連載を通じてプロフェッショナルとしての熱い思いを聞く。...

More View

Vol:02

残業時間63%削減!
建設業界の“働き方改革”成功物語<

コラム:第4回

ITのプロたちが1964年の
東京オリンピックで見せた偉業

コラム:第2回

『2025年の崖』後を見据え、
情シスがいま考えておくべきこと

テレワークの課題を解消したい

Vol:02

コールセンターのテレワーク改革
在宅勤務率驚異の95%を実現!

チューリッヒ保険会社は全国が極度の緊張状態にあった1度目の緊急事態宣言の中、コールセンターのオペレーターを含む社員95%の在宅勤務移行を成功させた。スムーズな移行の秘訣となったのは、IT機器などを導入したハード面と、充実した研修などを実施したソフト面の両立にある。この移行プロジェクトを進めた情報システム担当者に、成功までの経緯や裏側を聞いた。・・・

More View

Vol:01

コロナ禍を変革の好機と捉え、
競争力を高めるために
日本企業が行うべき次の一手とは?

Coming soon

Coming soon

セキュリティに関する知識を身につけたい

コラム:第3回

あふれる「セキュア」に
惑わされてはならない

情報漏えい事件の報道やセキュリティの重要性を訴求する記事等々――、情報セキュリティに関する情報を耳にしない日はない。だからといって、過剰な恐怖心を抱いたまま対策を・・・

More View

Coming soon

Coming soon

Coming soon

お問い合わせ

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル5階

https://www.intel.co.jp/