“崖”がくるとされた2025年まであと3年余り――。“回避するにせよ、飛び越えるにせよ、情シスが大きな役割を果たす。2025年の崖を克服した後、情シスは何を意識して行動すべきなのか? そのためにどのような準備しておくべきなのだろうか?

DXは「2025年の崖」回避後に訪れる

ITにかかわる人間の間で話題を呼んだ「2025年の崖」。この言葉を経済産業省が発表したのは2018年のこと。「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」というレポートの中でだった。

この言葉は日本企業が利用してきたITシステムの多くがブラックボックス化しており、このまま使い続ければ、企業活動を効率化するのではなく、むしろDX(デジタルトランスフォーメーション)の制約になりかねないことを表している。当時をご記憶の読者も少なくないだろう。

前回のコラムで「まだまだ日本企業はデジタルをはじめとする最先端技術の活用は進んでいない」と書いた。欧米や中国では、積極的にデジタルを取り入れて新しいビジネスモデルを創造し、すさまじい速度で成長し続けるGAFA(グーグル、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップル)のような企業が生まれているのに対して、日本にはそこまでのインパクトを与える企業はほとんど見当たらないのが現状だ。

いろいろな定義はあるが、DXの本質は、上に挙げた企業のように「デジタルを使って自らを変革し、圧倒的な競争力を身に付けること」にある。しかし、「2025年の崖」という言葉に注目が集まった結果、「DX=既存システム再構築」という認識が広がってしまったように見える。

確かに現在の日本企業にとってITシステムの刷新は重要だ。ただ、それはDXの土台を整えるのに過ぎない。DXで重要なのはX、つまり変革であり、いくら新たなテクノロジーを使ったとしても、企業が変革していなければDXを達成したとは言えず、成果にもつながらない。

コロナ禍で世界は不透明さを増した。コロナの収束後の世界は激動する。日本企業がグローバルにおける競争力を維持、もしくは向上させるには、2025年の崖を乗り越えた先を見据えて、DXを進めなければならない。このような取り組みにおいて、企業の中で最もITに精通している情シスが果たさせる役割は大きい。

DXの舵取り役に

では、このような役割を果たすために、情シスは何を意識すべきなのだろうか?

まずは「技術に対する感度を上げる」ことだ。AIやIoT、クラウドなど、最新のテクノロジーの潮流を把握・理解し、自社のビジネスに役立つ技術を提案できるよう、知見を深めていく必要があるのは言うまでもない。DXの重要性を説く経営者、ビジネスパーソンは多いが、デジタルによって何が可能になるのか、実装への道のりを描ける人材は少ない。技術に対する理解の高さは企業にとって重要な資産だ。

もう1つが「新しいビジネスモデルへの感度を高める」ことだ。2010年代、民泊仲介サイトを展開するエアビーアンドビーやライドシェアのウーバーテクノロジーズは、宿泊業やタクシー業など、成熟しきったように見えた業態をDXで激変させた。このような新しいビジネスモデルとデジタル技術の関係性を理解し、「どのようなデジタル技術があれば、どのようなビジネスモデルが実現できるか?」という視点から世の中で何が可能なのかに目を向ける、これまで埋もれてきたビジネスセンスを前面に出したい。

サイバーセキュリティに関する知見を深めることも忘れてはならない。企業活動のすべてがデジタル化されたデータとして蓄積される中で、セキュリティーリスクは確実に高まっている。DXでも、守りを固めないと攻めに転じられない。

これらを意識すれば情シスは必ずDX推進の舵取役になれる。DXの掛け声とともに、システム開発内製化の重要性も指摘されるようになってきた。テクノロジーに強い人材の価値はかつてないほど高い。

以上のような世界を実現するには、情シスのスタッフがより主体的にビジネスにかかわるべき時代が到来している。読者の皆さんはどう思われるだろうか? 今回もリアルかオンラインかを問わず、大いに議論していただければと思う。SNSを使われる場合、#jyosyslabo を使ってもらえると幸いだ。

新着記事

社内のDX(Digital Transformation)を推進したい

Vol:02

残業時間63%削減!
建設業界の“働き方改革”成功物語

今もアナログな体質が残る建設業界において、仕事の進め方を抜本的に見直し、早くからワークスタイル変革に取り組んできた大阪の八尾トーヨー住器。中古住宅をリフォームしたサテライトオフィス設置など、柔軟な働き方をサポートする取り組みを行なってきた同社は残業時間を63%削減し、...

More View

コラム:第4回

ITのプロたちが1964年の
東京オリンピックで見せた偉業

コラム:第2回

『2025年の崖』後を見据え、
情シスがいま考えておくべきこと

コラム:第1回

DXの3ステップ――
真のDXにたどり着くために

テレワークの課題を解消したい

Vol:02

コールセンターのテレワーク改革
在宅勤務率驚異の95%を実現!

チューリッヒ保険会社は全国が極度の緊張状態にあった1度目の緊急事態宣言の中、コールセンターのオペレーターを含む社員95%の在宅勤務移行を成功させた。スムーズな移行の秘訣となったのは、IT機器などを導入したハード面と、充実した研修などを実施したソフト面の両立にある。この移行プロジェクトを進めた情報システム担当者に、成功までの経緯や裏側を聞いた。・・・

More View

Vol:01

コロナ禍を変革の好機と捉え、
競争力を高めるために
日本企業が行うべき次の一手とは?

Coming soon

Coming soon

セキュリティに関する知識を身につけたい

コラム:第3回

あふれる「セキュア」に
惑わされてはならない

情報漏えい事件の報道やセキュリティの重要性を訴求する記事等々――、情報セキュリティに関する情報を耳にしない日はない。だからといって、過剰な恐怖心を抱いたまま対策を・・・

More View

Coming soon

Coming soon

Coming soon

お問い合わせ

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル5階

https://www.intel.co.jp/