Windows 7のサポート終了まで待ったなし! Windows 10 への移行時には、インテル® vPro™プラットフォーム搭載PCの採用が“賢い選択”

ページトップ

Windows 7のサポート期間が延長された。EOSは2023年1月で、今後3年間は修正パッチが提供される。しかしそれは有償で、しかも毎年増額していく。本来なら不要なシステムコストの増加を招かないためにも、ユーザー企業には、いち早くWindows 10 へ移行することが求められる。その際に是非検討していただきたいのが、ビジネス用途に必要な多くの機能を網羅したインテルの最上位プラットフォーム「インテル® vProプラットフォーム」を搭載したPCの採用だ。本稿ではインテル® vProプラットフォームの利用メリットについて、またインテル® vProプラットフォームと主なIT資産管理ツールとの連携について、インテル エンタープライズテクニカルセールススペシャリストの佐近清志氏に話を聞いた。

インテル® vProプラットフォームは、
ビジネス・プラットフォームの運用をハードウェアレベルで支援する

インテル株式会社
セールス&マーケティンググループ
CCGセールス
エンタープライズテクニカルセールススペシャリスト
佐近 清志 氏

始めにインテル® vProプラットフォームの特徴を簡単に整理しておこう。インテル® vProプラットフォームは、CPU、チップセット、ネットワーク・インタフェース・カード(NIC)で構成されるインテルの最上位プラットフォームだ。

この3つのコンポーネントにより、インテル® vProプラットフォームは「パフォーマンス」「セキュリティー」「安定性」「運用管理性」という4つの領域において、あらゆるユーザー企業を支える強力な機能を数多く提供する。

「我々には、サーバーPCの高度な運用管理を通じて蓄積してきた豊富なノウハウがあります。そのノウハウをクライアントPCにも適用し、例えばリモートでの管理機能などを提供することで、ビジネス・プラットフォームの運用をハードウェアレベルで支援するのが、インテル® vProプラットフォームの役割です。インテル® vProプラットフォームは、これからの企業システムをより安全かつ安定して運用するために必須のテクノロジーだと言えます」(佐近氏)

インテル® vProプラットフォームが提供する4つのメリット

Region-1

より多くの並列作業負荷に耐え、
マルチタスクも高速で実行できる「パフォーマンス」

それでは順番にインテル® vProプラットフォームの特徴を見ていこう。まずインテル® vProプラットフォームの提供メリットとしてインテルが第一に掲げるのが高い「パフォーマンス」だ。

インテル® vProプラットフォームは、高性能プロセッサーであるCore i5およびCore i7で実現されているが、第8世代で導入された新たなプロセッサーは第7世代に比べて、メインストリーム・デスクトップにおいて最大20%、メインストリーム・モバイルプラットフォームにおいて最大31%も高速化されている。

「インテル® vProプラットフォームを搭載したPCは、より多くの並列作業負荷に耐え、マルチタスクも高速で実行することができます。これによってユーザー企業は、高速なデータ解析を実現できるだけでなく、AIやVR/ARなど自社の最新デジタルソリューションを、安定かつ安心して顧客企業に提供できるようになります」(佐近氏)

Region-2

安定した運用を担保し、ITシステム管理者の運用を低減する「安定性」

次にインテル® vProプラットフォームの特徴として挙げられるのが「安定性」だ。

現在ではクラウドとオンプレミスの連携も求められるなどして、ITシステム管理者の運用負荷は増すばかりだ。安定した運用を担保できることは、次世代ビジネス・プラットフォームにとって必須の要件だと言える。

そこでインテル® vProプラットフォームでは、システムの安定性を保証するプログラムとして、インテル® ステーブル・イメージ・プラットフォーム・プログラム(インテル® SIPP)を提供している。

「インテル® SIPPでは、インテルとPCメーカーが1年以上にわたって行う徹底したテストを通じて、システムコンポーネントの品質や信頼性、互換性を向上させています。これによって我々は少なくとも15カ月間、あるいは次世代製品のリリースまで、重要なプラットフォーム・コンポーネントに変更を加えないことをユーザー企業に約束しています」(佐近氏)

例えばPCメーカーによるドライバーの更新などがあった場合、ITシステム管理者は、業務アプリケーションとの互換性の再確認や、必要に応じて再インストールといった手間が発生することになる。

「インテル® vProプラットフォームを搭載したPCを導入すれば、そのようなITシステム管理者の負荷も極力抑えることが可能です」(佐近氏)

Region-3

PCへの不正ログインをハードウェアレベルで
より強固に防止できる「セキュリティー」

インテル® vProプラットフォームの3つめの特徴として挙げられるのが「セキュリティー」だ。

インテルでは、PCのセキュリティー機能としてハードウェア支援型多要素認証を推奨しているが、その背景として佐近氏は、Windows 10 で指紋認証や顔認証などの生体認証技術(=Windows Hello)がOSレベルで実現可能になった点を挙げる。

「Windows 10 の生体認証技術に、インテル® vProプラットフォームによって実現されるインテル®Authenticate テクノロジーをさらに提供することで、PCへの不正ログインの防止を、アクセスや改ざんが容易なソフトウェアレベルではなく、ハードウェアレベルでより強固なものにすることが可能となります」(佐近氏)

またインテル® Authenticate テクノロジーでは、Windows Helloの生体認証などで利用される顔や指紋認証などに加え、スマートフォンの近接や保護されたPIN入力などから選択した複数の要素を用いた認証も、ハードウェアベースで提供する。

「インテル® vProプラットフォームでは、そのような個人の識別情報をManagement Engine Firmware Chipに保管するので、より安全な認証を実現することができます」(佐近氏)

さらにインテル® Authenticate テクノロジーは、NICでのセキュリティーにも対応するという。

「インテル® vProプラットフォームでは、エンドユーザーの位置情報を特定する際に、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)の機能を使用して、あらかじめ設定した有線LANもしくは無線LANに接続していない場合にはログイン認証が許可されないように設定することができます。これによって“社外へのPC持ち出しを制限する”といった運用ルールを設けることも可能になります」(佐近氏)

Region-4

ITシステム管理者の負荷を軽減し、
TCOの削減までを可能にする「運用管理性」

そして、インテル® vProプラットフォームの4つめの特徴となるのが「運用管理性」だ。

先に、佐近氏が述べた通り、インテル® vProプラットフォームには、インテルのサーバーPCに関する高度な運用管理ノウハウが詰め込まれている。その1つが、リモートでの運用管理機能だ。

「インテル® vProプラットフォームに搭載されたインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)が、リモート管理機能を提供します。これによってユーザー企業は、電源の入っていないPCを遠隔操作でオンにしてパッチを適用するといった様々なメンテナンス作業を行うことが可能となります。これはコスト面でも、ビジネス・プラットフォームのTCO削減に繋がる大きなメリットだと言えます」(佐近氏)

さらにインテル® AMT バージョン9からは、Graceful Shutdownの機能が実装されたことで、遠隔地からの安全なPCのシャットダウンも可能となった。参考までにGraceful Shutdownとは、正常時はOSのShutdown機能でPCの電源を落とし、異常時には強制的にPCの電源を落とすことができる機能だ。

また、これまでWindows 10 搭載PCを運用するITシステム管理者には、年2回実行される大型アップデート(Feature Update)への対応と、毎月1回実行される不具合修正とセキュリティー向上を目的とした小規模な品質アップデート(Quality Update)への対応が、大きな負荷となっていた。その都度、社内の全PCに修正プログラムを配布し、インストールしなければならないからだ。

「そうした作業を日中に行わなければならない時には、エンドユーザーの業務にも支障をきたすことになります。そこで社内の全てのPCをインテル® vProプラットフォームを搭載したPCに置き換えれば、従業員が帰った後の夜中に一斉にPCを立ち上げ、修正プログラムをインストールした後にシャットダウンする、という一連の作業を、遠隔地からでも実行することが可能となります」(佐近氏)

ここまで紹介してきたビジネス用途に必要な多くの機能が提供できるのは、インテル® vProプラットフォームがCP・チップセット・NICというハードウェアによって実現されているからだ。別の言い方をすれば、インテル® vProプラットフォームと同じレベルのセキュリティーや運用管理性を実現するのは、ソフトウェアでは非常に困難だということである。

そしてもう1つ、特に強調しておきたいのが、インテル® vProプラットフォームが提供する機能を利用する際しては、PC本体のコスト以外、一切発生しないということだ。これはユーザー企業にとっては、非常に嬉しいメリットだ。まずはインテル®vProプラットフォーム搭載PCを一斉に導入し、自社のPC環境に応じて、少数のPCから徐々に機能を活用していくといったスケーラブルな対応にも、追加コストは全くかからない。

Windows 7の3年間のサポート延長も、冷静に考えれば、不要なシステムコストの増加を招く要因となる。Windows 10 への移行は、もう待ったなしだ。ユーザー企業にとってはその際の“賢い選択”こそ、インテル® vProプラットフォーム搭載PCを採用することではないだろうか。

インテル® vProプラットフォーム対応のIT資産管理ツールが、
Windows 10 へのスムーズな移行を支援する

それでは最後に“Windows 10 へのスムーズな移行”という観点から、読者の皆様が既に利用されている各種IT資産管理ツールとインテル® vProプラットフォーム搭載PCとの連携について紹介しておこう。

現在のIT資産管理ツールでは、クライアントPCに常駐するエージェント経由で様々なアセット情報、例えばPCのメーカー名やシリアル番号、搭載OSやアプリケーションのバージョン、さらにはアプリケーションのライセンス状況などを収集するといった機能が提供されている。

さらに各IT資産管理ツールはインテル® vProプラットフォームにも対応しているので、ユーザー企業はvProプラットフォーム搭載PCを採用することで、より便利に、また安心して各社のツールを活用できるようになる。

それにより実現される1つめのシーンが、リモート管理機能を提供するインテル® AMTを利用した遠隔からのPC電源のオン/オフ操作だ。もちろん各製品はWake-on-LANに対応しており、Wake-on-LANの機能を使ってPCの電源をオンにすることはできるが、万一遠隔操作中にPCがフリーズしてしまった場合には、インテル® AMTを使って強制的にPCの電源を落とすことができる。

もう1つ、インテル® AMTのリモートKVM制御機能に対応することで、従来のIT資産管理ツールではできなかった遠隔操作でのBIOSの設定作業なども実現可能だ。

さらにIT資産管理ツールではないが、NECキャピタルソリューション株式会社が提供する「PIT-PowerController for AMT」は、インテル® AMTを利用して遠隔操作によるPC電源のオン・オフを可能にするアプリケーションだ。同社はインテル® AMTの初期設定をUSBメモリーを介して簡単に行うことができる「PIT-Configurator for AMT」も提供している。

このように多くのIT資産管理ツールがインテル® vProプラットフォームに対応したことで、ITシステム管理者の利便性は高まり、作業負荷も大きく低減されるだろう。現在自社が利用しているIT資産管理ツールが、インテル® vProプラットフォームに対応しているなら幸いだ。そのIT資産管理ツールをフル活用して、Windows 10 へのスムーズな移行を実現していただきたいと思う。

最新のインテル® vPro テクノロジーを分かりやすく解説!

インテルならではの
最新テクノロジーでビジネスを止めない!

古い PC の悩みごとがあなたのビジネスを止めていませんか? なぜインテルの最新プロセッサーを搭載した PC がお薦めなのか。生産性を高めるためにどのような PC 選びをすればよいのかが分かる一冊(PDF・無料)です。

PDFダウンロード

(ABC順)

貴社のビジネスを強力にサポートするインテルのパートナー企業

デル株式会社

豊富に揃ったビジネス向け製品&ソリューションから、働き方に見合ったモデルとスペックを選べます。

デル株式会社のサイトを見る

株式会社ディー・オー・エス

当社のご提供するIT資産管理ソフト「SS1」は、セキュリティ管理やログ管理もおこなえる統合型のソフトウェアです。Windows10への移行や更新プログラム適用管理・働き方改革の推進に効果を発揮します。

株式会社ディー・オー・エスのサイトを見る

Dynabook 株式会社

Dynabook株式会社では、クラウドを活用した業務サービスをはじめ、生産性向上を実現するさまざまなソリューションをご用意。そしてお客様のめざす「働き方改革」を成功に導く豊富な製品ラインアップをご提供しています。

Dynabook 株式会社のサイトを見る

富士通株式会社

富士通はパソコン本体の開発から製造まで一貫した国内体制を確立し、「高信頼性・高品質」にこだわり続け、お客様の用途や業種・業態にあわせた最良の製品・サービスを提供します。

富士通株式会社のサイトを見る

株式会社ハンモック

AssetView は、Windows 10 更新プログラム管理機能に加え組織内のクライアントPC の情報を収集する機能や、クライアントPC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策などを行ってくれるトータルクライアントソリューションです。

株式会社ハンモックのサイトを見る

Lenovo

レノボ・ジャパンは、ThinkPadをはじめ優れたモビリティを誇るPCデバイス、周辺機器、Web会議システム、セキュリティ製品、サービス等、技術力と確かな品質でお客様企業の働き方改革推進をご支援いたします。

Lenovoのサイトを見る

エムオーテックス株式会社

『LanScopeCat』は14年連続トップシェアの情報漏えい対策ツールです。IT資産管理や操作ログ管理をはじめ、既知・未知のマルウェアの検知・駆除、感染原因の特定まで行え、インシデント対応の課題も解決します。

エムオーテックス株式会社のサイトを見る

NECキャピタルソリューション株式会社

当社では、効率的にインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)の初期設定ができる「PIT-Configurator for AMT」、複数PCの電源管理が可能な「PIT-PowerController for AMT」を提供しております。

PIT-Configurator for AMT PIT-PowerController for AMT

日本ビジネスシステムズ株式会社

JBSはマイクロソフトを中心としたITソリューションを提供する独立系システムインテグレーターです。最新のテクノロジーを活用し、次世代のイノベーションパートナーとしてお客様のデジタルトランスフォーメーションの実現をご支援します。

日本ビジネスシステムズ株式会社のサイトを見る

日本電気株式会社

ビジネスPC Mate&VersaProシリーズは、様々なワークスタイルをサポートする多彩な商品構成とサービスを提供します。お客様一人ひとりの多彩なニーズに応え、社会とビジネスの革新に貢献します。

日本電気株式会社のサイトを見る

株式会社 日本HP

HPは「世界で最も安全なビジネスPC」を実現するPCメーカーです。マルウェア感染を防ぐ“HP Sure Click”など先端のセキュリティ機能によりサイバー攻撃の対策やテレワーク導入の推進コストを下げることが可能です。

株式会社 日本HPのサイトを見る

日本マイクロソフト株式会社

Windows 10 はマイクロソフトが提供する最も安全なオペレーティングシステムです。セキュアなIT環境の維持・柔軟なITデバイスの管理・リモート作業や既存ITとの統合を可能にし、ビジネスにおける高い生産性の実現に貢献します。

日本マイクロソフト株式会社のサイトを見る

株式会社NTTデータウェーブ

ハードウェアの提供から運用管理、撤去までのPCライフサイクル全体を通したトータルアウトソーシングサービス「Wave PC Mate」を提供しています。これまでに培った構築・運用に至る経験とノウハウをベースに、デスクトップ領域におけるプロフェッショナル集団が情報システム部門を強力にサポートいたします。

株式会社NTTデータウェーブのサイトを見る Wave PC Mateのサイトを見る

オリックス・レンテック株式会社

オリックス・レンテックは国内最大規模のハイテク機器を保有するレンタル会社です。インテル® Coreプロセッサー・ファミリーをはじめ、 vProテクノロジーを搭載したさまざまなメーカーのPCを豊富に取り揃え、最短1日からご利用形態に合わせた柔軟な期間設定で、レンタルサービスをご提供しています。

オリックス・レンテック株式会社のサイトを見る

パナソニック株式会社

働き方改革、業務効率性Upに欠かせないモバイル PC。「モバイルワーク」「在宅ワーク」「オフィスワーク」など、さまざまな環境で、快適に業務が行えるよう、レッツノートがトータルサポートします。安心安全の純日本製のレッツノートだからこそできるソリューションを皆様にご提供いたします。

パナソニック株式会社のサイトを見る

Sky株式会社

SKYSEA Client Viewは使いやすさにこだわったクライアント運用管理ソフトウェアです。PC情報を収集し、Windows 10 PCの管理やサイバー攻撃対策を支援。vPro テクノロジーにも対応し、詳細なPC情報管理やメンテナンスが可能です。

Sky株式会社のサイトを見る

バリオセキュア株式会社

バリオセキュアはファイル共有をクラウドレスで行う、次世代ファイル共有サービス「FileFlex」を提供をしています。

バリオセキュア株式会社のサイトを見る

Coming soon...

ビジネスやプロジェクトに役立つ関連リンク集(外部リンク)

インテル

インテル® vPro プラットフォーム

インテル® vPro テクノロジー事例リンク

事例紹介 -千葉県立津田沼高等学校-

リモートでPC電源の投入状況を監視し、障害時の早期対応を実現

事例紹介 -三菱電機ビルテクノサービス株式会社-

モバイル・コンピューター現品管理システムを自社構築し、全国に分散する4,500台のPCの稼働状況を可視化

事例紹介 -Lancaster Brooks&Welch LLP-

インテル® vPro プラットフォームが法律事務所のデータ・セキュリティーをサポート

事例紹介 -Lightbridge Academy-

Lightbridge Academy の次世代リーダー・トレーニングを支えるインテル® vPro プラットフォーム

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー運用管理ツール関連技術資料(日本語)

インテル® AMT コンフィグレーション・ユーティリティーユーザーガイド

インテル® AMT コンフィグレーション・ユーティリティーの使用方法について

インテル® セットアップ・アンド・コンフィグレーション・ソフトウェア(インテル® SCS)ユーザーガイド

インテル® セットアップ・コンフィグレーション・ソフトウェア(インテル® SCS) の使用方法について

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー運用管理ツール関連技術資料(英語)

インテル®セットアップ・コンフィグレーション・ソフトウェア(インテル®SCS)ユーザーガイド

インテル®セットアップ・コンフィグレーション・ソフトウェア(インテル®SCS)の使い方について

インテル ® 管理機能コマンダーのユーザーガイド

インテル ® 管理機能コマンダー2.0 のインストールと使用方法について

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー ソリューションガイド

スマート・コネクテッド・ワールドでのデバイス管理の効率化

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーとインテル® vProプラットフォームの機能の概要について

クライアント・デバイスの管理とセキュリティーの最適化

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーを活用したデバイスの管理とセキュリティーの強化について

Intel Unite® ワイヤレス会議室ソリューション関連技術資料

Intel Unite ®ソリューションバージョン4.0 導入ガイド

Intel Unite ®ソフトウェアをインストールする場合の、アプリケーションの機能の詳細やトラブルシューティングについて

Intel Unite® ソリューション-Skype* for Business 用プラグインガイド-

Skype* for Business 用プラグインをインストールする詳細な手順と、Intel Unite® プラグインの主な機能について

インテル® Authenticate多要素認証機能技術関連資料

Intel ®Authenticate登録ガイド

インテル®Authenticateの認証ファクターを登録するためのクイックガイド

Intel ®Authenticate統合ガイド-Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)-

インテル®Authenticateの使用方法とMicrosoft System Center Configuration Manager(SCCM)との統合方法について

Intel ®Authenticate統合ガイド-Active Directory Group Policy Objects-

インテル® Authenticateの使用方法とActive Directory Group Policy Objects(GPO)との統合方法について

Intel ®Authenticate統合ガイド-McAfee*ePolicy Orchestrator-

インテル® Authenticateの使用方法とMcAfee*ePolicy Orchestratorとの統合方法について