物語で読む インテル® vPro™ テクノロジー活用最前線 設計開発メンバーが納得するPC環境の実現へ

物語で読む インテル® vPro™ テクノロジー活用最前線 設計開発メンバーが納得するPC環境の実現へ

ページトップ

あらすじ

車やロボット、宇宙ロケット向けの歯車を製造しているB社(従業員数800人)の情報システム部に在籍する井坂武司は、設計開発部の部長から「お客様先で3次元CADの図面が開けるような性能に優れ、機密情報をしっかり守れるPC環境にして欲しい」と要望を受けた。井坂はどうやって開発メンバーが満足するサポート体制を構築したのか。また実現した環境によって、設計開発にどんな影響を与えたのだろうか。

物語の舞台

歯車メーカーA社(従業員数800人)

登場人物

大坂太朗(40歳):設計開発部 部長
井坂武司(40歳):情報システム部 統括

課題

ハイパフォーマンスで安全なモバイルワークの実現

Part1
設計開発部部長、大坂太朗の要望

大阪市にある老舗の歯車メーカーA社。同社の歯車は車やロボット、宇宙ロケットなど、最先端技術に用いられている。だが、その設計開発を行っている部門のPC環境は、「最先端」とは言えない状況にあり、設計開発部門を率いる大坂は、「開発者のモチベーションを上げるためにも、この環境を改善したい」と思いがあった。しかも最近は、開発メンバーも営業に同行し、お客さま先で技術説明をする機会が増えている。これまでは社内でずっとデスクトップ画面に向かって、図面を描くことが多かったのだが、ここ数年で働き方も変わったのである。開発メンバーが使っているPCはデスクトップ。そのため、外出時は会社が用意しているモバイルPCをレンタルするのだ。しかしそれらのPCのスペックはそれほど高くないため、ファイルサーバーにアクセスはできても、図面など容量の大きいファイルを開くには問題が多かったのである。

開発メンバーからは「なんとかしてくださいよ、大坂さん。せっかくの技術のプレゼンなのに、全然、そう見えないんです」と嘆きの声がもたらされる。そこで大坂は意を決し、情報システム部を統括する井坂に相談することにしたのだ。

「3DCADで描いた図面をお客さまのところで披露することも増えている。3DCADを動かせるだけのパワーのあるモバイルPCを外出時に使わせてやりたい。もちろん重要なのが安全性。万一、紛失などの事故が起こっても、機密情報の漏えいがないセキュリティ対策も講じて欲しい」

井坂も設計開発部のPC環境には思うところがあった。「当社は最先端技術に貢献している会社なのに、それを開発しているメンバーのPC環境は最先端とは言えない。これでは優秀な社員も逃げてしまう」と。半年後には設計開発部門のPCの入れ替えの時期を迎えていたこともあり、「開発メンバーが納得するようなモバイルPCを検討してみるよ」と大坂に返答した。

Part2
インテル® vPro プラットフォームに刷新したメリット

半年が経過したB社設計開発部のオフィス環境。開発メンバー一人ひとりの机の上にあるのは、デスクトップPCと大画面ディスプレイ。見た目にはそう変化はないように見える。ただ、これまでのCAD専用コーナーが廃止されたことで、その分、1人当たりのデスクスペースが拡大されたことぐらいなのだが、みんな、イキイキと設計作業に従事している。

その姿を大坂と井坂は並んで眺めていた。「思い切って、相談して良かった」と大坂。それにタイして井坂は「設計開発部だけではなく、社員には快適な環境で働いてもらいたいから」と返す。

実はこれまで開発メンバーのPCをデスクトップだけにしていたのには意味がある。万一、外出先でPCの置き忘れや紛失、盗難などの事故が発生すると、機密情報が漏えいしてしまう。そういう事故を危惧しており、持ち出せないようにしていたのだ。

だが、今回、デスクトップPCも外出時のモバイルPCもインテル® vPro プラットフォーム対応。その効果は絶大だ。

第一にセキュリティが強化されたこと。第8世代のインテル® vPro プラットフォーム搭載のモバイルPCであれば、PIN入力、指紋認証、顔認証、ロケーションなど多要素の個人識別情報を要求するPCログインポリシーを作成することが出来るインテル® Authenticate テクノロジーが搭載されている。このテクノロジーとWindows 10 で提供される指紋認証や顔認証などのOSレベルの生体認証技術を組み合わせれば、より強固にPCの不正利用を防止できるようになるというわけだ。しかもログインポリシーと個人識別情報はハードウェアに暗号化されて保管されるので、より安全性が高まる。

第二に生産性の向上。4コアの第8 世代インテル® vPro PROCESSORを搭載した モバイルPCは、前世代のPROCESSORを採用したモバイルPCに比べ約30%の生産性の向上を実現している(インテル調べ)。「これまで客先で2Dの図面を開くのにも時間がかかっていたけど、今では3Dでもさくさくと開くことができる。メンバーからは『今までみたいに話でつなぐ必要がなくなったため、打ち合わせ時間も短縮された』という声も聞かれているよ」と大坂は満足そうに笑う。

その笑顔を見ながら、井坂は「設計開発部のPC環境が第8世代インテル® vPro プラットフォームになったことで、私も恩恵を受けたんだけどな」とふとつぶやいた。

というのも大坂のいる設計開発部がある工場は滋賀県にある。PCに何かトラブルがあると、そのメンテナンスをするため、工場に出張していたからだ。しかしインテル® vPro プラットフォーム搭載のPCであれば、OSが起動しなかったり、ブルースクリーンが表示されたりということが生じても、AMTのリモートKVM制御機能を使って、遠隔地からBIOSの設定作業やOSの再設定などトラブルシューティングができるようになったからだ。

「何、にやついているんだ」と大坂の声にふと我にもどった井坂。トラブルシューティングが発生していない今、大坂には井坂のこの小さな喜びは届かない。「いや何でも無いですよ。開発の方たちがイキイキと働いている姿を見られたのが嬉しくて」こう井坂は返したのだった。

インテル® vProテクノロジー導入の効果

●モバイル環境におけるセキュリティの強化

●高いパフォーマンス性能による生産性の向上

●モチベーションの向上、働き方改革への貢献

●遠隔地のトラブルシューティングをリモートで実現

モバイルワークを推進するPCの条件とは

モバイルワークを進める上で最も重要なのが、情報漏えい対策です。その方策の1つとして、よく用いられるのがモバイルPCにデータを置かないシンクライアント方式。メリットはクライアントのデータの保存ができないので、万一、置き忘れや盗難などにあっても情報漏えいの不安がないこと。ですが、デメリットもあります。それは使い勝手の悪さ。CADソフトなど、CPUに負荷のかかるアプリケーションの起動が難しいのはもちろん、通信環境に左右されるため、映像や画像などマルチメディアデータを貼り付けたプレゼンテーションンなど、重たいデータをスムーズに開くことができなかったりします。使い勝手が悪いと、当然、モバイルワークは進まなくなります。

では「高いセキュリティの確保」と「使い勝手」というトレードオフの関係を限りなく最適解に近づけるにはどんな手段があるのでしょう。そこでお勧めしたいのが、インテル® vProテクノロジーです。第8世代のインテル® vPro プラットフォームであれば、PIN入力、指紋認証、顔認証など多要素認証の機能をハードウェア・ベースで提供するインテル® Authenticate テクノロジーを搭載。しかも前世代のPROCESSORを採用したモバイルPCに比べ約30%も生産性の向上を実現しています(インテル調べ)。インテル® vProテクノロジーなら、セキュリティを確保しながら、モバイルワークでもストレスを感じさせない、使い勝手を実現できるということ。働き方改革の一環としてモバイルワークを推進したい。そう考えている企業は、ぜひ一度、インテル® vProテクノロジー搭載のモバイルPCを検討してみてください。

最新のインテル® vPro テクノロジーを分かりやすく解説!

インテルならではの
最新テクノロジーでビジネスを止めない!

古い PC の悩みごとがあなたのビジネスを止めていませんか? なぜインテルの最新プロセッサーを搭載した PC がお薦めなのか。生産性を高めるためにどのような PC 選びをすればよいのかが分かる一冊(PDF・無料)です。

PDFダウンロード

(ABC順)

貴社のビジネスを強力にサポートするインテルのパートナー企業

デル株式会社

豊富に揃ったビジネス向け製品&ソリューションから、働き方に見合ったモデルとスペックを選べます。

デル株式会社のサイトを見る

株式会社ディー・オー・エス

当社のご提供するIT資産管理ソフト「SS1」は、セキュリティ管理やログ管理もおこなえる統合型のソフトウェアです。Windows10への移行や更新プログラム適用管理・働き方改革の推進に効果を発揮します。

株式会社ディー・オー・エスのサイトを見る

Dynabook 株式会社

Dynabook株式会社では、クラウドを活用した業務サービスをはじめ、生産性向上を実現するさまざまなソリューションをご用意。そしてお客様のめざす「働き方改革」を成功に導く豊富な製品ラインアップをご提供しています。

Dynabook 株式会社のサイトを見る

富士通株式会社

富士通はパソコン本体の開発から製造まで一貫した国内体制を確立し、「高信頼性・高品質」にこだわり続け、お客様の用途や業種・業態にあわせた最良の製品・サービスを提供します。

富士通株式会社のサイトを見る

株式会社ハンモック

AssetView は、Windows 10 更新プログラム管理機能に加え組織内のクライアントPC の情報を収集する機能や、クライアントPC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策などを行ってくれるトータルクライアントソリューションです。

株式会社ハンモックのサイトを見る

Lenovo

レノボ・ジャパンは、ThinkPadをはじめ優れたモビリティを誇るPCデバイス、周辺機器、Web会議システム、セキュリティ製品、サービス等、技術力と確かな品質でお客様企業の働き方改革推進をご支援いたします。

Lenovoのサイトを見る

エムオーテックス株式会社

『LanScopeCat』は14年連続トップシェアの情報漏えい対策ツールです。IT資産管理や操作ログ管理をはじめ、既知・未知のマルウェアの検知・駆除、感染原因の特定まで行え、インシデント対応の課題も解決します。

エムオーテックス株式会社のサイトを見る

NECキャピタルソリューション株式会社

当社では、効率的にインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)の初期設定ができる「PIT-Configurator for AMT」、複数PCの電源管理が可能な「PIT-PowerController for AMT」を提供しております。

PIT-Configurator for AMT PIT-PowerController for AMT

日本ビジネスシステムズ株式会社

JBSはマイクロソフトを中心としたITソリューションを提供する独立系システムインテグレーターです。最新のテクノロジーを活用し、次世代のイノベーションパートナーとしてお客様のデジタルトランスフォーメーションの実現をご支援します。

日本ビジネスシステムズ株式会社のサイトを見る

日本電気株式会社

ビジネスPC Mate&VersaProシリーズは、様々なワークスタイルをサポートする多彩な商品構成とサービスを提供します。お客様一人ひとりの多彩なニーズに応え、社会とビジネスの革新に貢献します。

日本電気株式会社のサイトを見る

株式会社 日本HP

HPは「世界で最も安全なビジネスPC」を実現するPCメーカーです。マルウェア感染を防ぐ“HP Sure Click”など先端のセキュリティ機能によりサイバー攻撃の対策やテレワーク導入の推進コストを下げることが可能です。

株式会社 日本HPのサイトを見る

日本マイクロソフト株式会社

Windows 10 はマイクロソフトが提供する最も安全なオペレーティングシステムです。セキュアなIT環境の維持・柔軟なITデバイスの管理・リモート作業や既存ITとの統合を可能にし、ビジネスにおける高い生産性の実現に貢献します。

日本マイクロソフト株式会社のサイトを見る

株式会社NTTデータウェーブ

ハードウェアの提供から運用管理、撤去までのPCライフサイクル全体を通したトータルアウトソーシングサービス「Wave PC Mate」を提供しています。これまでに培った構築・運用に至る経験とノウハウをベースに、デスクトップ領域におけるプロフェッショナル集団が情報システム部門を強力にサポートいたします。

株式会社NTTデータウェーブのサイトを見る Wave PC Mateのサイトを見る

オリックス・レンテック株式会社

オリックス・レンテックは国内最大規模のハイテク機器を保有するレンタル会社です。インテル® Coreプロセッサー・ファミリーをはじめ、 vProテクノロジーを搭載したさまざまなメーカーのPCを豊富に取り揃え、最短1日からご利用形態に合わせた柔軟な期間設定で、レンタルサービスをご提供しています。

オリックス・レンテック株式会社のサイトを見る

パナソニック株式会社

働き方改革、業務効率性Upに欠かせないモバイル PC。「モバイルワーク」「在宅ワーク」「オフィスワーク」など、さまざまな環境で、快適に業務が行えるよう、レッツノートがトータルサポートします。安心安全の純日本製のレッツノートだからこそできるソリューションを皆様にご提供いたします。

パナソニック株式会社のサイトを見る

Sky株式会社

SKYSEA Client Viewは使いやすさにこだわったクライアント運用管理ソフトウェアです。PC情報を収集し、Windows 10 PCの管理やサイバー攻撃対策を支援。vPro テクノロジーにも対応し、詳細なPC情報管理やメンテナンスが可能です。

Sky株式会社のサイトを見る

バリオセキュア株式会社

バリオセキュアはファイル共有をクラウドレスで行う、次世代ファイル共有サービス「FileFlex」を提供をしています。

バリオセキュア株式会社のサイトを見る

Coming soon...

ビジネスやプロジェクトに役立つ関連リンク集(外部リンク)

インテル

インテル® vPro プラットフォーム

インテル® vPro テクノロジー事例リンク

事例紹介 -千葉県立津田沼高等学校-

リモートでPC電源の投入状況を監視し、障害時の早期対応を実現

事例紹介 -三菱電機ビルテクノサービス株式会社-

モバイル・コンピューター現品管理システムを自社構築し、全国に分散する4,500台のPCの稼働状況を可視化

事例紹介 -Lancaster Brooks&Welch LLP-

インテル® vPro プラットフォームが法律事務所のデータ・セキュリティーをサポート

事例紹介 -Lightbridge Academy-

Lightbridge Academy の次世代リーダー・トレーニングを支えるインテル® vPro プラットフォーム

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー運用管理ツール関連技術資料(日本語)

インテル® AMT コンフィグレーション・ユーティリティーユーザーガイド

インテル® AMT コンフィグレーション・ユーティリティーの使用方法について

インテル® セットアップ・アンド・コンフィグレーション・ソフトウェア(インテル® SCS)ユーザーガイド

インテル® セットアップ・コンフィグレーション・ソフトウェア(インテル® SCS) の使用方法について

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー運用管理ツール関連技術資料(英語)

インテル®セットアップ・コンフィグレーション・ソフトウェア(インテル®SCS)ユーザーガイド

インテル®セットアップ・コンフィグレーション・ソフトウェア(インテル®SCS)の使い方について

インテル ® 管理機能コマンダーのユーザーガイド

インテル ® 管理機能コマンダー2.0 のインストールと使用方法について

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー ソリューションガイド

スマート・コネクテッド・ワールドでのデバイス管理の効率化

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーとインテル® vProプラットフォームの機能の概要について

クライアント・デバイスの管理とセキュリティーの最適化

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーを活用したデバイスの管理とセキュリティーの強化について

Intel Unite® ワイヤレス会議室ソリューション関連技術資料

Intel Unite ®ソリューションバージョン4.0 導入ガイド

Intel Unite ®ソフトウェアをインストールする場合の、アプリケーションの機能の詳細やトラブルシューティングについて

Intel Unite® ソリューション-Skype* for Business 用プラグインガイド-

Skype* for Business 用プラグインをインストールする詳細な手順と、Intel Unite® プラグインの主な機能について

インテル® Authenticate多要素認証機能技術関連資料

Intel ®Authenticate登録ガイド

インテル®Authenticateの認証ファクターを登録するためのクイックガイド

Intel ®Authenticate統合ガイド-Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)-

インテル®Authenticateの使用方法とMicrosoft System Center Configuration Manager(SCCM)との統合方法について

Intel ®Authenticate統合ガイド-Active Directory Group Policy Objects-

インテル® Authenticateの使用方法とActive Directory Group Policy Objects(GPO)との統合方法について

Intel ®Authenticate統合ガイド-McAfee*ePolicy Orchestrator-

インテル® Authenticateの使用方法とMcAfee*ePolicy Orchestratorとの統合方法について