tags on every page of your site. -->
トップへ

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー
データ処理のパフォーマンスを最大化する
革新的テクノロジー

現在グローバルなデータセンターの年間トラフィック量は、毎年大きく増加し続けているという調査報告があり、今後この傾向はさらに加速していくことが予想されます。こうしたデータ量の急増に対応するためには、データセンターにおけるメモリーとストレージに新たなイノベーションが必要です。インテルでは、スマートなデータ管理機能を持つインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを提供することで、低コストで高性能かつ大容量が求められるデータセンターの要求にお応えします。

■

メモリー/ストレージ間の新たな階層として誕生した
インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー

現在のデータセンターでは、大容量のデータを高速に移動して処理すると同時に、大容量のデータを高速に演算できるメモリー領域も必要とされています。

こうした大容量のデータの演算に対して、インテルではシステムアーキテクチャを再定義し、メモリー(DRAM)とストレージ(SSD)の間に新たな階層として、高速・大容量・低コストの不揮発性メモリー「インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー」を配置することで、現在のデータセンターが抱える課題を解決します。

メモリー/ストレージ階層を再定義

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、インテルとマイクロンが共同開発した不揮発性メモリーの技術である3D XPointテクノロジーを使って誕生したもので、DRAMの機能を補完する革新的なテクノロジーだといえます。

DRAMのようにDDR4スロットに挿入してメインメモリーとして利用することができ、ホット・ウォーム・コールドといったデータのステータスに応じて、利用するデータを最適なストレージやメモリーを活用できるようになります。こうしたスマートなデータ管理機能によって、企業はデータ処理のパフォーマンスを最大化することが可能となります。

ステータスに応じて最適な階層にデータを配置

実際にインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを搭載したシステムでは、実機における特定の分析クエリにおいて、DRAMのみを搭載したシステム構成と比較した場合、劇的なパフォーマンスの向上を実現しています。

■

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーとの
組み合わせで、より大きなビジネス効果を提供

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、次世代のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーとの組み合わせにより利用可能となるテクノロジーで、両製品の組み合わせにより、メモリーにおけるデータ処理のパフォーマンスは、飛躍的に向上します。

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーが、DRAMを補完してメモリー容量を改善することで、毎秒当たりのデータベース操作数や利用ユーザ数を大幅に増やすことが可能となります。

また不揮発性であるインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、サーバーの電源を落としても保存されているデータは消えません。これによって、これまで数分かかっていたシステムやサービスの再起動時間を劇的に短縮することができ、さらに万一の障害発生時の復旧時間も大幅に削減することが可能となります。

こうした能力を獲得することで、企業はIoT時代に求められる高速なアナリティクス処理やより多様なクラウドサービスの利用を実現することができます。

インテルでは2019年から、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーと、次世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーの出荷を開始する予定です。

20周年を迎えるインテル® Xeon®プロセッサー

HPCaaS

CPUのより近くにデータを置いておくことで、
データ処理のパフォーマンスを最大化することができる!

例えば私たちは、頻繁に参照する少量の書籍やノートは、すぐに手の届く「デスク」の上に置いておくことが一般的です。また部屋の中に「本棚」を置いておけば、デスクの上よりも多くの書籍や資料を保管しておくことができ、この場合もすぐに取り出して見ることができます。

より深く調べ物をしたい時には、近くの「地域の図書館」に足を運びますが、この場合には、移動のための時間が必要です。さらにもっと多くの資料や書籍を調べたい時には、電車やバスを乗り継いで「中央図書館」に出向きますが、この場合には時間だけでなく、交通費もかかります。それでも目的の資料が見つからなければ、図書館の「書庫」に保管されているかもしれません。しかしその中から必要な資料を探し出して持ち帰るまでには、さらに時間がかかります。

この例と同様に、多くの情報システムでパフォーマンスのボトルネックとなっているのが、必要なデータをストレージからCPUに伝送するための速度が不足していることです。そこでよく利用するデータを、CPUの近くに置いておくことができれば、データの出し入れもより高速に、ストレスなく行うことができます。

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、“より面積の広いデスク”を利用可能にするテクノロジーだと言えます。

よく利用する少量のデータは近くに、あまり使わない大量のデータは遠くに

インテルへのお問い合わせはこちら