日経 xTECH Special

 オフィスのデジタル化はかなり進んでいるが、建築・土木や医療、製造などの現場ではいまもアナログベースの業務が多い。一方、働き方改革の重要な手段としてデジタル化を位置付ける企業も少なくないため、現場のデジタル化への動きは着実に進んでいる。デジタルトランスフォーメーション(DX)が、様々な現場を大きく変えようとしている。

現場をDXで支援する

菅野 亜紀氏

日本マイクロソフト株式会社
マーケティング&オペレーションズ部門
Microsoft 365 ビジネス本部
プロダクトマーケティングマネジャー
菅野 亜紀

 いま、あらゆる産業分野の多様な職場に、デジタルトランスフォーメーション (以下、DX)の大きな波が押し寄せている。デジタル化を推進することで、働き方改革や生産性向上を目指す企業は多い。マイクロソフトもまた、こうした職場に注目している。日本マイクロソフトの菅野亜紀氏は次のように説明する。

「当社は働く人たちを3つのカテゴリーでとらえています。経営層とオフィスなどで情報を扱う社員、そして現場の最前線で働くみなさん。最初に製品に触れ、顧客と接し、ブランドの顔となる立場にあり、非常に重要な役割を担っています。当社はこれまで主として経営層とオフィスで働く方たち向けに様々なソリューションを提供してきましたが、現在では現場の最前線で働く方向けの提案を強化しています」

辻 康博氏

日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューション事業本部
モダンワークプレイス統括本部
Digital Transformation Lead
担当部長
辻 康博氏

 アナログベースのワークスタイルにより業務効率や情報共有、セキュリティなどの観点で多くの課題が生じている。業務効率の向上は、働き方改革を推進するためにも重要だ。こうした課題に対して、マイクロソフトは様々なソリューションを用意し、“強い現場づくり”を支援している。

「ソリューションの中核は、現場の仕事にフォーカスして開発されたクラウドサービスの『Microsoft 365 F1』です。なかでも、最近、現場向けに機能強化が図られた『Microsoft Teams』は、すでに多くの企業でコミュニケーションやコラボレーションの基盤として活用されています」と日本マイクロソフトの辻康博氏は説明する。クラウド側では業務アプリケーション開発を容易にする「Microsoft PowerApps」、ワークフロー自動化のツールの「Microsoft Flow」なども用意されている。

土屋 奈緒子氏

日本マイクロソフト株式会社
Surface ビジネス本部
シニアプロダクトマーケティングマネージャー
土屋 奈緒子氏

 一方のデバイス側では、オフィス向けの「Microsoft Surface Pro」に加えて、より軽量でサイズの小さい「Microsoft Surface Go」が登場した。

「建築・土木や医療、製造などの現場へのPCやタブレット端末の導入が増えています。『Surface Go』は、こうしたニーズをとらえて、現場での使いやすさを追求して生まれました。Windows OSなので、既存システムやプリンタなど周辺機器との連携もスムーズです」と日本マイクロソフトの土屋奈緒子氏は話す。

 多くの企業が人手不足に直面しており、とりわけ現場の悩みは大きい。現在の働き方や業務のプロセスをDXで変革することで、生産性の高い活気ある職場づくりを推進することができる。こうした未来を目指す企業、そして現場をマイクロソフトは全力で支援している。 そんな“現場の課題”を解決するヒントを、DXの活用事例から学んでみてはいかがだろうか。

セミナー開催決定!三井物産のDX戦略に学ぶー企業価値向上を目指してコーポレートの立場で出来ること セミナー開催決定!三井物産のDX戦略に学ぶー企業価値向上を目指してコーポレートの立場で出来ること
建築・土木現場の未来を拓くDX 医療現場の“Win-Win”をDXで目指す 製造現場はDXで“ものづくり”を支えていく