「PoC止まり」を卒業しビジネス変革へ一歩を踏み出せ!

日立ソリューションズ × 日本マイクロソフト 特別対談

― 製造業フィールドサービス デジタル化への具体的解法「リファレンスアーキテクチャー」活用のススメ

製造業のデジタル化は一日にしてならず―
確実で速やかな第一歩を!

―デジタル化を推進したいものの、どこから着手すべきかわからないという製造業のお客様に、メッセージをお願いします。

長谷川 裕 氏 長谷川 経営層がめざすデジタル活用によるビジネス変革には、データの蓄積および解析が必要で、期間がかかります。そのためにも一日も早く取り組みを始めることが重要です。我々は日立グループの情報・通信システム事業の中核を担うIT企業であり、また、国内外に多くの製造業のお客様を持ち、製造業における業務経験が豊富です。そして、グローバルに展開するグループで Dynamics 365 の技術者も多く抱えており、マイクロソフトとの距離も近い存在です。製造業のデジタル化推進という大きな命題に、この「リファレンスアーキテクチャー」が第一歩を踏み出す大きなヒントになればと思います。

鈴木 靖隆 氏 鈴木 日立ソリューションズはマイクロソフトのグローバルパートナーでもあり、AIだけ、IoTだけ、ではなく全体最適で網羅性を持った、製造業の真のデジタル化を推進するパートナーです。マイクロソフトには Dynamics 365 だけでなく HoloLens などフィールドサービスに有効なスマートユーザーインターフェースもあり、活用いただけます。日本の製造業はコネクテッドになれば、通常は得難いデータを取得できるリアルな“機器”をすでに持っている点が差別化ポイントであり、強みでもあります。Product as a Service、モノからコト化、そしてサブスクリプション化など、あらゆるビジネスが変化する中で、長谷川さんがおっしゃる通り、1日も早い取り組みが求められます。ぜひ我々に問い合わせをいただき、共にデジタル化の第一歩を踏み出していただければと思います。