2025年の崖を飛び越える
IT戦略とは

2025年の崖を飛び越えるIT戦略とは
2025年までに既存システムを刷新し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に大きくかじを切らなければ、日本企業は生き残れない──。経済産業省は昨年9月に公表した「DXレポート」の中でこのように警鐘を鳴らした。最悪のシナリオ「2025年の崖」を克服し、持続的成長を実現するために、今何をすべきか。DXを推進するためにどのようなIT戦略や仕組みを整えるべきなのか。こうした観点からITソリューションプロバイダーも様々な支援を展開しつつある。ここでは三井情報の取り組みを取り上げ、2025年を飛び越えるIT戦略について考えてみたい。