超高速開発基盤を核とするトータルサービス 俊敏なITサービスの立ち上げを実現 SCSK

ビジネスがITに求めるスピードを実現するには、開発のスピードアップが必要不可欠である。ともすれば不合理ともいえる状況に陥りがちな開発現場をいかに改革していくか──。SCSKが提供する「FastAPP」は、そのような取り組みを強力に支援するマネージドサービスである。「超高速開発・実行基盤」を中核に、IaaS環境、システム運用支援、サポートデスク、トレーニングに至る幅広いメニューが用意されている。

システム開発は労働集約型から知識集約型へ

SCSK株式会社 ビジネスソリューション事業部門 AMO第二事業本部 先進開発部 部長 早川 潤氏
SCSK株式会社 ビジネスソリューション事業部門 AMO第二事業本部 先進開発部 部長 早川 潤氏

いかにスピーディーにITサービスを構築して提供するか。いち早いビジネス価値の実現を目指す経営サイドは、情報システム部門にさらなるスピードアップを求め続けている。

「ところが、システム開発の現場は、まだまだ労働集約的で不合理な構造を持つ部分が多く、そうした経営側の要求に応えきれないでいます」とSCSKの早川 潤氏は指摘する。

要求に応えるには「長期間・不合理・コスト高」な労働集約型の開発を脱却し、「迅速・柔軟・低コスト」な知識集約型の開発へと移行しなければならない。SCSKが提供する「FastAPP」は、その取り組みを強力に支援するソリューションだ。


独自のアプリケーション仮想化でコードレス開発を実現

SCSKは、住商情報システムとCSKが合併して現在の姿になったシステムインテグレーターである。合併に際しては、それまで両社が持っていた開発フレームワークや開発プロセスを一本化し、知識集約型のフレームワーク、プロセスへと転換していく取り組みを進めた。FastAPPは、まさにそうした取り組みの中から生まれた「超高速開発・実行基盤」である。

大きな特徴は、アプリケーションの仮想化によってスピード開発と長期利用を実現していることだ。

「我々のいう仮想化とは、アプリケーションを設定(設計)とエンジン(基盤+部品)に分離することです。FastAPPでは、設定情報を基にエンジンがアプリケーションを動的に実行させるというアーキテクチャとなっています」と早川氏は紹介する。

具体的にFastAPPにおける開発の流れは、次のようになる。

初めにデータベースの定義を行い、次に画面の項目を定義。その上でボタンなどのUIオブジェクトを押した際のサーバーサイドでのアクションを、コマンド群の中から選択して設定していく。「コマンド部品は約50種類用意されています。それらを組み合わせながら、データベースの検索、画面の入力情報をデータベースに反映するといった処理を設定していきます。設定したコマンドは目の前で動かすことができるので、その場で確認したり、必要に応じて修正したりしながら、ノンプログラミングで開発を進めていくことができます」と早川氏は説明する。

FastAPPの標準機能では実現できない複雑な処理や外部システムとの連携を行いたい、あるいは画面の細かなカスタマイズを行いたいというケースについては、アドオン開発、スクラッチ開発を組み合わせたハイブリッド開発にも対応する。

さらにFastAPPは、このような超高速開発およびアプリケーション実行基盤としての機能に加えて、管理面の支援も充実している。開発したアプリケーションを動作させるMicrosoft AzureやAWS(Amazon Web Services)といったIaaS基盤、それらIaaS環境やFastAPPのサービスを管理するための仕組み、そして、システムの運用監視や障害対応サポート、さらにはサポートデスクや導入トレーニングに至るまでのトータルな支援をマネージドサービスによってワンストップで提供しているのである(図)。

図 FastAPPが提供するマネージドサービスの全体イメージ

図 FastAPPが提供するマネージドサービスの全体イメージ

超高速開発・実行基盤に加えて、IaaS基盤やそれらIaaS環境、FastAPPのサービスを管理するための仕組み、システム運用、サポートデスク、トレーニングに至るトータルな側面で顧客を支援している

既にFastAPPは、金融など様々な業種の顧客に導入され、約100社の実績を誇る。「もちろんSCSK自身もユーザーとして利用しています。FastAPPによる超高速開発による生産性向上、知識集約型の開発へのシフトによって、当社のITエンジニアたちの働き方改革につながっています」と早川氏は強調する。

開発を変え、ビジネス価値の実現に寄与するITサービスをいかに俊敏に立ち上げるか。これはすべての企業の大きな課題となる。FastAPPは、そのための注目すべきソリューションである。


▲TOPへもどる


お問い合わせ

SCSK株式会社
ビジネスソリューション事業部門
AMO第二事業本部 先進開発部
URL:https://www.scsk.jp/
E-mail:fastapp-sales@scsk.jp