京セラが基幹システムを刷新した。そこで活用されたのは一般的なマイグレーション手法ではなく、「システムリフォーム」と呼ばれる新手法だ。システム構築を担ったのは、関連会社である京セラコミュニケーションシステム(KCCS)。ソフトロードが提供するツールを駆使したことで移行期間を大幅に短縮できたという。

基幹系でシステムリフォームを選択

近代工業生産的な開発作業