テレワーク導入、
「セキュリティ後回し」の
リスクと対策

働き方改革の促進によって注目されているテレワークだが、導入にはいろいろと課題が残っている。中でも最優先に考えなければならないセキュリティの課題に、ソリトンシステムズは解決策を提案する。

テレワークのセキュリティは端末が紛失する前提で考えるべし

ソリトンシステムズ ITセキュリティ事業部 プロダクト部 プロダクトマネージャー 新井 ひとみ 氏

ソリトンシステムズ
ITセキュリティ事業部
プロダクト部
プロダクトマネージャー

新井 ひとみ

 テセキュリティが不安でテレワークの導入が進まない企業に対し「弊社は生産性を損なわずに情報セキュリティを確保できるソリューションを提供します」と、新井氏はソリトンシステムズの特徴を紹介した。

 テレワークでは社外でパソコンやスマホなどのデバイスが使われ、外部のネットワークから社内システムにアクセスする。このような環境下においては、「なりすましによる不正アクセス防止と、デバイスは紛失するという前提で考え、“デバイスを落としても、データは落とさない”仕組みを構築しておくことが重要です」と新井氏は注意を呼びかける。

 その仕組みを実現するテレワーク向けソリューションSecureAccessについて、新井氏は「あらかじめ許可されたデバイスしか社内にアクセスできないようデバイス認証が可能です。デバイスはマルチOSに対応しています。また、システムへの通信経路はVPN機器を用意しなくても暗号化されており、盗聴防止を実現しています」と説明する。

SecureAccessが提供する3つのソリューション

SecureAccessが提供する3つのソリューション

画像を拡大する

強固なセキュリティに守られた各種ソリューションを提供

 SecureAccessは、業務の効率が下がることなく、「外に情報を漏らさないこと」を基本ポリシーとしている。

 例えばクラウドサービスや社内のWebシステムを快適に使うなら、「SecureBrowser」が最適である。専用Viewerが搭載されており、OfficeやDocuWorksの文書閲覧も可能である。一方、ドキュメントの編集作業まで行いたい場合は、Windowsアプリを安全な保護領域で動作させることができる、「WrappingBox」を推奨する。また、自宅や外出先から社内にある自席のPCにアクセスできる「SecureDesktop」は、独自の高速転送技術でスマホからでも快適に利用できるという。新井氏は「いずれのソリューションも、ログアウトしたら自動的にデータを消去するため、デバイスに情報は残らないという共通点があります」と、安全性を強調する。

 実際にその高いセキュリティ品質と利便性が評価され、SecureAccessを6000人もの営業部員が活用している導入事例も紹介した。また、ソリトンシステムズ自身、自社製品を使ってテレワークに取り組んでいる。「そこで得られた情報を製品にフィードバックし、今後も利用者目線に立った製品開発を心がけたい」と語った。

このページのトップに戻る