ソニー4K大型提示装置/4K電子黒板

急ピッチで進む教育現場でのICT活用。折しも、2009年からスタートしたスクールニューディール事業の一環として導入された、デジタルテレビをはじめとする大型提示装置の買い替え需要が高まっている。そうしたなかで注目されているのが、ソニーが提案する4Kディスプレイ「ブラビア」を核とした新たな教育ソリューションだ。

どんな機材が求められているのか? 教育現場のニーズを調査

ソニーマーケティング株式会社 ビジネスソリューション本部 開発営業部 統括部長 真砂野 透 氏ソニーマーケティング株式会社
ビジネスソリューション本部
開発営業部 統括部長
真砂野 透

 文部科学省は2017年12月に「教育のICT化に向けた環境整備5か年計画」を発表した。その中で目標水準の一つとして掲げられているのが、大型提示装置の100%整備(各普通教室1台、特別教室用として6台)だ。スクールニューディール事業によるデジタルテレビの更新も含め、大型提示装置は今後、大きな需要が見込まれている。では、実際に全国の小・中学校ではどのような機材・機能が求められているのか。ソニーは文教市場に大型提示装置を投入するに当たって、教育委員会を対象にヒアリングを行った。

 「その結果、生徒がしっかりと授業に集中できること、そして、先生がIoT機材を含めて大型提示装置を使いこなせること、すなわち、使い勝手の良い機材・機能が求められていることが見えてきました」と語るのは、ソニーマーケティング株式会社・ビジネスソリューション本部開発営業部統括部長の真砂野透氏だ。

 例えば、教室の明るさや最後方からの視認性を考慮し、ディスプレイは60型以上が望まれている。また、教室後方まで音声がはっきり届くものが良い、書画カメラとディスプレイとを簡単に接続したい、先生や生徒用PC・タブレットとディスプレイをミラーリング接続して、円滑に授業を進めたいという要望も多かった。さらに電子黒板については、使う機能が限られているので低コストで導入したい、授業支援ソフトを使える機種がほしいなどといった声が聞かれた。

4Kブラビアならではの高画質 別売タッチパネル装着で電子黒板に

つくば市みどりの学園義務教育学校175型の大画面で鮮明な画像を表示。迫力が増すデジタル教材はNHK for schoolを活用(つくば市みどりの学園義務教育学校)

つくば市みどりの学園義務教育学校2音楽の授業で電子黒板により試行錯誤の過程を共有。デジタル教科書で「創作」活動に取り組みやすくなった(同校)

 こうしたニーズを考慮したうえで、ソニーが提案するのは4Kブラビア大型提示装置だ。その最大の魅力は、4K高画質による視認性の良さ。2Kコンテンツさえも4K相当にアップコンバートして表示できるため、普通の教材の文字や図もはっきりと美しく見える。また、620cd/㎡と高輝度なので、明るい教室でも視認性が良く、カーテンを閉めて手元が暗くなることもないうえに、IPS液晶の採用により視野角が広く、教室の前方端でも見やすい。HDMI入力信号の感知により自動で大型提示装置の電源がオンオフ、かつ入力切替ができる点も見逃せないポイント。教材の準備などで授業前の時間がタイトな教員にとっては大型提示装置の活用により、事前に用意すべきことが少なくなるのは大きなメリットだ。

 「電子黒板については、ブラビア+タッチパネルのセットを提案することで、コストダウンと導入のしやすさを図りました。ブラビアの持つ視認性の良さに加えて、強化ガラスの採用により板書と変わらない書き心地を実現し、書画カメラで投影した画像に書き込みを可能にするなど、『生徒の授業への集中』と『先生の使いやすさ』を徹底的に追求しています」と、ビジネスソリューション本部開発営業部営業3課・統括課長の光成和真氏は説明する。

 ソニーでは、各教育委員会の協力を得て4K大型提示装置の実地検証を繰り返し、現場から好感触を得てきた。

ビジネスソリューション本部 開発営業部 営業3課 統括課長 光成 和真 氏ビジネスソリューション本部
開発営業部 営業3課
統括課長
光成 和真

ビジネスソリューション本部 開発営業部 営業3課 ビジネスプロデュースマネジャー 若林 芳典 氏ビジネスソリューション本部
開発営業部 営業3課
ビジネスプロデュースマネジャー
若林 芳典

 「植物の小さな葉を拡大すると葉毛まではっきりと見え、立体感もわかるなど、4Kの高画質や明るさには皆さんが驚き、感動しています」と、同課・ビジネスプロデュースマネジャーの若林芳典氏。真砂野氏も「タッチパネルは後付けが可能。そのため、電子黒板はほしいけれど予算がなくて…という学校から注目されています。また、ITを教育現場に取り入れるには、ステップが必要。先生の熟練度に合わせて、ブラビアを活用した大型提示装置は電子黒板へと進化します」と語る。

アプリでバージョンアップ デジタル教科書や遠隔授業にも対応

 ブラビア4K大型提示装置の魅力はまだある。それは、HTML5対応、AndroidTV機能搭載のため、機能をバージョンアップしていくことができる点だ。

 まず、ミラーリング機能を利用することによってChromebookやiPad(※)、書画カメラなどの画面をワイヤレスでつなぐことが可能になる。また、デジタル教科書への対応や、遠隔授業も今後手軽に行うことができる。「最初に、ブラビア4K大型提示装置を用意していただくことで、後は機器を買い換えることなく、教育現場のニーズに応じてアップデートしていくことができるのです」(若林氏)

 ブラビア4Kの高画質には定評がある。その高画質に多様な機能を組み合わせ、文教市場において新たなソリューションを提案してしていく。「家庭で4Kが当たり前になる時代はすぐにやって来ます。時代を見据え、4Kをおすすめしていくことはメーカーとしての義務だと考えています」(真砂野氏)

 「4K大型提示装置/電子黒板の使い勝手を理解するために、実際に授業で使っていただくことをおすすめします。体験を通して、授業での活用イメージと今後の進化、教育活動の質を高めるヒントを得ていただけばと思います」(光成氏)

※2019年内ソフトウェアアップデートにより対応予定。お客様の使用環境によりワイアレス機能が使用できない場合があります。

図1

ソニーマーケティング株式会社 https://www.sony.jp/bravia-biz/academy/

「ブラビア法人のお客様向け購入相談デスク」
0120-448-863 受付時間 10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)
●携帯電話・PHS/一部のIP電話などでご利用になれない場合がございます。