人工知能サミット2019

REVIEW

〜新時代を迎えたAI経営の展望と課題〜

ストックマーク株式会社

事例から見る、
デジタル変革に必要な4つの視点
~鳥の目、魚の目、虫の目、そしてAIの目~

数多くの企業に向け、AIで事業活動を支援するサービスを提供するストックマーク。その代表取締役CEO、林氏がそのサービスと発想を語る。

ストックマーク 代表取締役CEO 林 達 氏

ストックマーク

代表取締役CEO

林 達

自分のビジネスに役立つニュースの配信から事業を開始

 ストックマークは2016年に設立されたばかりのスタートアップ企業だ。社員の多くが大学でAIや機械学習を研究した後、大手企業に勤務した経験を持つだけに、実効性の高い、ビジネスへのAI活用を発想できるのが特色だと林氏は語る。

 同社の中心的サービスは、Anews、Astrategy、Asalesの3つ。「Anewsは当社最初のサービス。各社員の行動履歴から、AIが個々の社員に必要と判断したニュースを配信するもので、既に約1000社が採用しています」(林氏)。このサービスから始めた理由について林氏は、役職や階層による情報の非対称性が、組織の活性化を妨げているという思いがあったからだという。Anewsによって、全社員が自分のビジネスに必要なニュースを得て、それをチームメンバーとも共有し、コミュニケーションや組織活性化に役立てることができるのだ。

AIは人間の気付かない市場環境を察知し、営業活動を支援する

 Anewsの進化系ともいえるAstrategyは、経営企画や事業企画部門を対象に、経営を取り巻く市場環境の変化を可視化するサービスだ。「全世界からニュースデータを収集して時系列で解析、マクロ環境、競合企業の動向、新規事業のシーズなどをAIが知らせる。人間では気付かない微妙な市場の動きもAIは検知することができるのです」(林氏)

 同社が今、最も注力するサービスは営業企画や営業現場を対象としたAsalesだ。「“新人即エース”のサービスと呼んでいます。過去の商談メモ、行動履歴、提案資料、メールなどから成功や失敗のパターンを抽出し、営業活動や意思決定を支援するものです」(林氏)。これによりベテラン社員に内在化されていたノウハウが抽出され、新人でも利用できる。しかもデータを蓄積するほど、使いやすくなるのも強みである。

AIで、なぜ売れた・売れなかったのかを解析する「Asales」

Asalesは営業戦略の意思決定プロセス、PDCAサイクルの高速化を実現することができる

画像を拡大する

お問い合わせ先

ストックマーク株式会社

お問い合わせURL

URL ● https://stockmark.ai/

お問い合わせはこちら

このページのトップに戻る