データサイエンティスト・ジャパン 2019 Review AI/IoT時代、データ分析と活用を全社に根付かせ、日本の現場力再興へ データを活用し、いかに業務改革/効率化を行うか。あるいは、新しいサービスや製品、イノベーションにどう結び付けるか。これは多くの企業にとって重要なテーマになった。ただし、その実現にはクリアすべき課題もある。既存システムのデータ連携やデータサイエンティストをはじめとした人材不足はその一例だ。こうした課題を払拭し、データ活用を日本の現場力の強化につなげるためにはどうすればよいのだろうか。そのヒントを探るために開催されたのが「データサイエンティスト・ジャパン 2019」(主催:日経xTECH/協力:日経コンピュータ)だ。当日は多くの先進企業やICTベンダーが集結し、その実践例や課題解決の糸口が示された。

株式会社ウェザーニューズ 執行役員 石橋 知博氏

基調講演 | ウェザーニューズ

「WxTech」の活用でビジネスが変わる

SOMPOホールディングス株式会社 チーフ・データサイエンティスト 中林 紀彦氏

特別講演 | SOMPO ホールディングス

「AI-Ready」な企業への変革を加速する

大阪ガス株式会社 情報通信部 ビジネスアナリシスセンター所長 岡村 智仁氏

特別講演 | 大阪ガス

イノベーション創出の期待に応える組織のあり方とは

日本IBM

多様化するデータ活用人材
AI統合環境で業務実装を目指す

PwC Japanグループ

どのような人材を育成すべきか
変革をリードするためのマインドとは

日鉄ソリューションズ

AIの民主化を推進する「DataRobot」
活用事例に見る、成功のポイント

SAPジャパン

AIでデータ分析プロセスを高度化する
SAPが進めるAugmented Analytics戦略

クリックテック・ジャパン

BIとAIを融合した新しい分析環境が
デジタル革新を加速する基盤となる

Splunk Services Japan

データ準備作業の煩わしさを解消し
分析業務の効率と生産性を大幅に向上

デル

データ分析力がビジネスを変える
2社の実践に学ぶそのポイントとは