押し寄せるDXの波、
次世代技術で乗り切るために

さまざまな情報をデジタルに置き換える「デジタル変革」により、デジタル化の波に対応できなかった企業が、徐々に衰退する姿を目の当たりにしている。さらに今、AI(人工知能)やデジタルツインなどのデジタル技術の波が製造業や金融業、交通業、農業、サービス業などさまざま産業に到来し、その風景を変えようとしている。DTTF2019では押し寄せるデジタル変革の波を次世代技術で乗り切るためのカギやヒントが紹介された。
総論 登壇者イメージ 総論 登壇者イメージ
デジタル変革の時代では、誰もが挑戦者になれる一方で、どんなプレイヤーも破壊される恐れがある。そのような世界で私たちはどう次の一手を描くべきなのか。そこで、デジタル変革の波を乗り切るための最新動向の紹介や最新情報を収集できるよう、日経BPは2019年9月19日、「DTTF 2019(Digital Twin&Transformation Forum)-押し寄せるDXの波、次世代技術で乗り切るために-」を都内で開催した。
基調講演では、日経 xTECH/日経コンピュータ 副編集長の中田 敦氏がデジタル変革の成功と失敗を分ける要因を、自らの取材経験を踏まえさまざまな業界の具体例を交えながら紹介。特別講演では、Symmetry Dimensionsの沼倉正吾氏が、デジタルツインはどこまで実現されているのか、5GやXR(VR/AR/MR)、IoT、AI、そしてエッジコンピューティングなどによって実現される未来はどのようなものになるのかを紹介。また、DENSO International Americaの鈴木万治氏が自動運転やスマートシティ、農業などで起きているデジタル変革の大きな波を例に挙げ、シリコンバレーで得た学びを紹介した。
ソリューション講演では、アクセンチュアの河野 真一郎氏がものづくりにおける国内外の先進事例を紹介し、デジタルツイン実現の支援を行うPTCジャパンの成田裕次氏からは、デジタルツインによるソリューションの紹介が行われた。
デジタルトランスフォーメーションの現状と課題を知り、デジタル化における次の一手をどう描くべきなのかを探る、充実した内容のフォーラムとなった。
PAGE TOP