日経クロステック Special

個別対応やカスタマイズ案件でもう苦労しない~3Dデータの活用で商談から生産までを効率的に

Scroll

 産業機械分野は自動車分野と並ぶ日本のものづくりのけん引役と言える。建設機械、工作機械、産業ロボット、医療機器、通信機器、食品機械などが挙げられるが、これら機器や設備の大半は、最終顧客のニーズに合わせてカスタマイズ(個別対応)を行うことが普通だ。

 そのため、受注前においては顧客との仕様のすり合わせや、精度の高い見積もりやスケジュールの作成、受注後においては設計変更管理や個別の生産指示などが必要である。

 こうした課題に対して、3D CADの「CATIA」や「SOLIDWORKS」の提供元として知られるダッソー・システムズが提案するのが、設計部門で作成した3Dデータの全社的な活用だ。

 開発、マーケティング、企画、営業、人事、生産、保守など、あらゆる部門の業務を効率化し、製品開発期間の短縮や市場競争力の強化を図ることができる。開発の進捗やビジネスの状況をダッシュボード上に見える化することで、経営的な視点での状況把握も容易になる。

 

 そうした3Dデータ活用を実現するのが、設計部門の3D CAD環境と各部門で導入しているツール環境との間にある「壁」(図1)を取り払い、データコンバーターや中間ファイルを介することなくシームレスな活用を実現するダッソー・システムズの「Power'By」と、3Dデータの管理基盤である「3DEXPERIENCEプラットフォーム」である。

 本ホワイトペーパーでは、自律型検査ロボットメーカーにおける事例や、食品製造機械メーカーにおける事例を挙げながら、「Power'By」の特徴やメリットを解説する。産業機械特有のカスタマイズに課題を抱えている企業の経営者や、エンジニアの方には、ぜひ読んでいただきたい。

ホワイトペーパー
ダウンロードはこちら

DOWNLOAD
ホワイトペーパー見本