高所作業のあらゆる高度で使える巻取り式ランヤードを3Mが小型軽量化

高さ2mでランヤードによる安全対策は可能か

墜落防止のリーディングカンパニー3Mは、
万が一の墜落時、ランヤードで落下衝突事故を防ぐことができる
使用条件を図説したガイド図を公開した。
また、2mでも使える巻取り式ランヤードを
軽量化・小型化した新製品を発表する。
3M社ランヤードの詳細はこちら

 昨年2月、厚生労働省は、墜落による労働災害防止措置強化のため、労働安全衛生法施行令の一部を改正。高所作業はフルハーネスの使用が原則となった。万が一の落下時に衝撃荷重を分散、局所的な荷重集中を軽減することで事故防止に効果があるからだ。

 「しかし実際は、墜落制止用器具導入の際、もし墜落した場合は何mで制止するのか。どの高度で使用すれば安全か、という質問が多く聞かれます。これらはランヤードが担う機能で、その選定に悩むケースが多く見受けられました」(スリーエム ジャパン安全衛生製品技術部・吉川真由美氏)。

 墜落制止用器具はハーネスとランヤードで構成されている。法改正では、建設業では5m以上はフルハーネス。2〜5mは適切な墜落制止用器具で可としているが、比較的低所で作業をする場合、肝心のランヤードの選定を誤ると、地面に落下衝突する恐れがある。そのため、2m程度ではフルハーネス+ランヤードは使用できないと考える安全管理者も少なくない。

高さ2mの現場でもランヤードを使う安全対策は可能だ

 どの高さの現場ならランヤードは使えるのか? こうした疑問に応えるため3Mでは、社内の落下実証実験の結果をもとに、「選択の巻取り式ランヤードはどの高さで安全に使用できるのか」が、ひと目でわかる独自のガイド図を作成した(下図)。

 「この図を参照すると、設備側のどのような対応が必要かだけでなく、高さ2mでも、条件が合えば巻取り式ランヤードの使用が可能で、より安全性の高いフルハーネスを導入できることがわかります。高所と低所で器具を使い分ける必要がなく、すべての作業をフルハーネスに一本化することが可能なのです」(スリーエム ジャパン安全衛生製品事業部マーケティング部 マネジャー・牛山紘郎氏)。

 ランヤードは、伸縮式・ロープと巻取り式の2種類に大別できる。伸縮式は軽量だが、墜落制止時の落下距離は巻取り式ランヤードより長くなる。一方、巻取り式は、墜落時に瞬時にロープがロックされ落下距離を抑制する。高さ2mで使用可能なのは、落下を検知後、ロープの引き出し約20cm*でロックが作動するからだ。

 「巻取り式ランヤードは、移動距離に応じロープが引き出され、作業中は常にランヤードの長さが必要最小限に保たれます。ロープの弛みが障害物や足に引っかかる危険が少なく、作業環境全体の安全性にも貢献するシステムといえるでしょう。高所からの落下でも、制止距離が小さいと心理的な安心感だけでなく、ロックが作動するまでの僅かな時間内での壁に衝突するリスクも軽減します」(吉川氏)。

*3Mによる「Nano-Lok™巻取り式ランヤード」を使った落下実験の結果。
 重量85~100kgの垂直落下の場合。

落下距離図

巻取り式ランヤードの軽量化とコンパクト化に挑戦

 しかし現場では、巻取り式ランヤードはケースが大きくて重く、作業の邪魔になるという声も多かった。

 「そのため、2020年春に発売予定の巻取り式ランヤードの新製品は、各パーツをダウンサイジングして新設計し、フックもスチールからアルミに変更。日本の法令や当社の厳密な基準も満たし、伸縮式とほぼ同等の軽さと、ケースの小型化を実現しました」と牛山氏。

 新製品は、現行品「Nano-Lok™巻取り式ランヤード」のロック機能と、同等の性能を保ちながら、同製品に比べ約500g軽量化、ツインで使う場合はペットボトル2本分相当が軽くなる。価格も約20%下がる予定だ。

 「巻取り式ランヤードは背中のDリングに取り付けるため、装着したまま、休憩や車両運転で着席すると、背中にケースが当たる不快感があったと思います。小型化はその解消にも貢献できるはずです」(吉川氏)。

 コンパクト化、軽量化のニーズに応えた新開発の巻取り式ランヤードは、日本の高所作業従事者が安全に帰路につくための、個人向けソリューションといえる新製品だ。3Mが提供するランヤード導入ガイド図で、適切なランヤードを選定し、あらゆる高所作業の安全性を高めてほしい。

3M™ DBI-サラ™ Nano-Lok™ Light 巻取り式ランヤード
製品の詳細はこちら
お客様インタビューを動画で紹介
鉄鋼処理産業株式会社 様
株式会社ダイナックス 様
■お問い合わせ
3M
スリーエム ジャパン株式会社
〒141-8684 東京都品川区北品川6-7-29
カスタマーコールセンター 0570-011-321(8:45〜17:15 土日祝除く)
https://www.3mcompany.jp/