ニューノーマル時代、生き残りを賭け 金融機関が行うべきシステム変革のポイント~収益性向上、コスト削減、規制対応への処方箋~

ニューノーマル時代の生き残りを賭け、今後どのような取り組みを行うべきなのか――。これが、多くの日本の金融機関にとって重要なテーマとなっている。収益の急減と信用コストの増加が懸念される一方、多くの金融機関ではレガシーシステムが足かせとなり、新しいニーズに即応できない状況も顕在化している。こうした状況を打破し、金融機関が“あるべき姿”へと進化するには、どのようなアプローチが必要なのか。世界70カ国で多様な金融ソリューションを提供するブロードリッジ日本法人のキーパーソンに、最新テクノロジーを活用した金融システム変革のポイントを聞いた。

お問い合わせ