社長にバックアップについて聞かれたら…

中小企業や大手企業のグループ会社などに存在するひとり情シス。ひとり情シスは、様々な対応をしなければならず、いつも忙殺されています。また、必ずしもITの専門家ではなく、総務部門や経理部門の仕事のかたわら兼務することもあります。今回の主人公は、そんな「ひとり情シス」になったばかりの山田さん。突然、社長からバックアップのことで、相談を持ち掛けられました。

登場人物

突然の始まり

山田さんは、ホームページを作成することはできるので、ITに縁遠いわけではありませんが、社内の情シスの担当になったことはまだありません。今回、前任の方の仕事が変わり、急遽初めての「ひとり情シス」になったばかり。毎日が新しいことに挑戦です。加えて、今回の自粛要請への対応も必要となり、慌ただしくリモートワークの環境の整備などに追われています。こうしていろいろ目まぐるしく変化が起きる中、山田さんは、社長に突然声を掛けられました。

社長 「バックアップは、万全だろうな!念には念を入れて安心なバックアップ環境を構築して欲しい!」

山田 「前任者から引き継いでいますが、しっかりバックアップはできていると思います。何か気になることでもあるのですか?」

社長 「もちろん、バックアップはできていることは確認している。しかし、昨今の世の中の変化は、VUCA(※)の時代は他人事ではなく、身の回りで起きることが現実になったことを思い知った。今までの前提条件が役に立たない。だから万全にしたいのだ!」
※VUCA…Volatility(激動)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(不透明性)」の頭文字をつなげた言葉

山田 「わかりました。調べて、提案します」

山田さんは、持ち前のガッツで実現に向けての調査に邁進していくのでした。

VUCAの時代が現実的に

今回、舞台となった会社は、実在する新横浜にある株式会社ジェー・エス・ワイ(以降JSY)は、旭エンジニアリング株式会社の子会社で、従業員数約30名の企業です。旭エンジニアリングは、創業30年を迎えた企業で、設計製造を中心としたソフトウエアベンダーです。一方のJSYは、インターネット関連事業を展開しており、不動産物件情報検索サイトや、月極駐車場情報検索サイト、様々な企業のホームページ制作などをしている会社で1997年に創業されているので、こちらも20年以上の歴史を持っています。両社の社長を矢島社長が兼務しています。現在、サーバーの運用はオンプレミスが中心。Dell TechnologiesのサーバーであるPowerEdgeやその他メーカーのサーバーで運用されています。

しかし、矢島社長は、近年の予測できない環境変化に、今後の会社の舵取りをどうするか、時より考え込むこともあるそうです。

「今回、オフィスへ来ることができない状態を体験して、いろいろ考えさせられました。大規模な自然災害などでオフィスの建屋が崩壊すれば、データは永遠に失われる可能性さえあります。近年起きる災害報道を見ると、そこまで考えてもおかしくありません。また、リモートワークで、自社のみならず、お客様とも効率がよくなっている面も多いですが、反面、セキュリティリスクも高まっています。特に、身代金要求型マルウエア(ランサムウエア)攻撃でファイルが使えなくなった場合、単純なコピーでは復旧できません。ビジネスでも今までの成功体験が役に立たなくなると同じで、事業継続でも今までの対策では不足しているのではないでしょうか」(矢島氏)

最初の提案

最初の社長の依頼から10日ほど経った頃です。ベンダーからの提案を受けたり、導入事例などを調査している間にどんどん時間が経っていました。

山田 「バックアップの件ですが、案がまとまりました」

社長 「よし、聞かせてくれ」

山田 「はい、詳細に調べました。まず、ここから約400km離れた西日本のデータセンターに社内と全く同じ環境を新規に構築します。こちらのデータセンターは、電力・通信設備がとても充実しており、サーバールームや重要設備は全て建物3階以上に設置されているので、万が一の浸水でも安心です。更に、地震による建物への衝撃を抑える免震装置も完備しています。加えて、・・・・・・・」

社長 「わかった、もう説明はいい。安心な気はしてきたが、ところで、いくらの費用が発生するのだ?」

山田 「はい、月額150万円です。初期費用に800万円ほどかかります」

社長 「・・・・・。 しっかり検討してくれてありがとう。しかし、費用を際限なく投資するものではない。費用を最低限に抑えて知恵を使って検討して欲しいのだ」

社長からの指令にひとり情シスの山田さんは、途方にくれるのでした。

伝説のひとり情シスが登場

山田さんは、まだ解決策にたどり着かない状況でいたのですが、ある日、見知らぬ人が会社を訪ねてきました。

黒田 「こんにちは、黒田です」

山田 「は、はい。はじめまして・・・」

黒田 「何か、困っている様子ですね・・・」

山田 「バックアップ環境の構築で悩んでいるのです」

黒田 「そうですか、それではまず・・・」

山田 「ちょっと待ってください。もしかして、黒田さんは、伝説のひとり情シスの黒田光洋さんですか?」

黒田さんとは、ペンネーム成瀬 雅光氏の名前で『ひとり情シス 虎ノ巻』(日経BP社)を書かれた黒田 光洋氏のことです。200台以上のサーバーの管理など10人で担っていたIT部門の業務を1人で行い、安定した稼働をさせた「伝説のひとり情シス」です。

そんな黒田さんは、まだ情シス経験の浅い山田さんに、基本的なことから説明しました。

黒田 「企業経営において重要なデータやシステムを、機器の障害や人為的なミス、災害などから守るためにバックアップをすると思います。バックアップはBCP(事業継続計画)の要の部分です。

バックアップするといっても、社内にある膨大なデータの何を守るか?どこまで守るか?によって仕組みやコストのかかり方が大きく変わります。ファイルを間違って消してしまったときの対処をしたいのか、災害時に事業を継続させるために復旧したいのかまでさまざまです。一般的には、備えれば備えるほどコストは掛かります。

『万全にしたい、安心を得たい』と言うのは主観でしかないため、同じ状況でも人によって判断が異なります。それをそのまま受けて、具体的な要求仕様が曖昧なまま、システムインテグレーター業者に見積もってもらうと、業者は完璧を目指そうとするため比較的高額な金額になります。万全や安心といった言葉をもっと具体的な形にしてからでないとコストの妥当性も判断できません。

しかし、ITに詳しくない上司や経営者に聞いても望むような答えは貰えないでしょう。そのような場合は多少時間がかかっても松竹梅のプランを検討・立案することをおすすめします。いくつものプランを検討するのは手間がかかりますが、実はこのプランの松は将来目指す姿になります。中長期計画と言っても良いでしょう。本当に安心できるプランはこうであるというイメージをもっておけば、ITの進化やサービス価格の低下が進んだときや、投資を得るチャンスがあったときにすぐに松プランを出せます。松竹梅のプランでチャンスを待つことが重要です。

私はそうやってチャンスを待ちながら、IT環境の整備をしてきました。ひとりでも運営できる環境を目指して。また、このような機会を使ってしっかり調査検討をすることでスキルアップもできるでしょう。1つの仕事を将来のスキルアップにつなげるなど、どうせやるなら1つで2度も3度も美味しい仕事ができると効率が良いです。

また、上司や経営者からバックアップを強化したいと言われたのはラッキーなことです。金額はわからなくても投資をしてもよいという気持ちになっているからです。とはいえ、高額な見積りを見せたらチャンスも失うかもしれません。まずは小さくでも始めることが重要なので梅プランは必要です」

山田 「そうか、安心っていっても人それぞれなんだ・・・、またどのデータをどこまで守ることで、いかに安心を得るということなのか・・・」

黒田さんからのアドバイスを聞き、山田さんは、大きく頷いたのでした。

ひとり情シスがひらめいた

JSYでは、多くのお客様のホームページ関連のビジネスを展開している関係で、Webコンテンツやアプリケーション関連のファイル、 日々蓄積されてくるログファイルなど、お客様に納入したシステムに関わるデータは数がとにかく多い。

また、顧客データの製品やサービス情報の管理も必要で高解像度であればテラバイト級のデータも珍しくない。容量が大きいことでネットワークや保存先メディアを多く消費し、バックアップ時間も長時間必要になる。

Webコンテンツは、製品やサービスによっては、どんどん更新を続けていくものも少なくありません。更新中にはデータのバックアップは静止点を確保する必要があるなどの難しさもあります。

社内のデータも、現状ではバックアップを取れていますが、過去何度かヒヤリハットもあったということも聞いています。現在は、社内にバックアップ用のストレージ装置があり、大量のデータを頻繁に高速にバックアップを実現しています。しかし、それだけでは不安だということで他の媒体にコピーして社外の関係会社や貸し金庫などに外部保管の運用などをしていました。

山田さんは、次の提案構成が頭に浮かびました。

クラウドバックアップ
ちょい足しソリューションの登場

黒田さんからのアドバイスを得て、山田さんはもう一度、社長に提案することになりました。

山田 「バックアップの件ですが、案がまとまりました」

社長 「今度は期待していいのかな?」

山田 「はい、今回はアプローチを変えました」

社長 「どういうことかな?」

山田 「やりたいことを考えるのではなく、金額を固定して、その中で何ができるか考えてみました」

社長 「金額を固定する?」

山田 「はい、月額3,000円程でクラウドでのバックアップをするということを考えました。クラウドは、金額が知らぬ間に増えてしまうなど、予算立てが難しいことがあります。そこで、なるべく低い金額に限定して、その金額内で最大限の安心を得ることを主眼に置き、提案構成を固めました」

山田 「この金額で、最も大事なWeb開発関連データをカバーすることができます。これにより、この部分は3重のバックアップということになります。今後、運用の慣れや、ハードウエアの増強計画など考慮して、クラウドを強化することも減少することもできます」

社長 「そうだな。先の計画が見えにくいので、増減できるのもいいね。今回のコロナのようなことがあり、急にクラウドを契約しようとしても実際の経験がないと、そう簡単にはできない。小さいクラウド利用でもしていれば、今後瞬時に増加できる。そこに目を付けてくれたのは、よく考えてくれた。ありがとう」

山田 「社内も Windows Server が多いので、親和性のあるマイクロソフト社のクラウドの Azure を利用します。他のメンバーでも使い易いと思います。クラウドを現在のシステムに少しプラスして、最大の安心を得る方法です。まさに、『クラウドちょい足しソリューション』です」

今回、山田さんが検討したバックアップ構成は、おおよそ次の通りです。

まず社内でバックアップされたデータがマイクロソフトのクラウドサービスである Azure へとステージング(複製)されます。それを Azure のネットワーク上にある複数の冗長サイトでさらにミラーリングする仕組みです。そのため、データバックアップ、ディザスターリカバリー(災害復旧)、そしてビジネス継続性を、さらに簡単に、かつ低コストで実現していくことができるわけです。

クラウドにデータを預けたとしても、「何かあったら?」という心配は付き物ですが、 Azure では、ストレージは3重化されています。そのため、同時に2つのディスクが壊れても、データの損失なく稼働することになります。これはユーザーが意識することはないのですが、データ損失のリスクをなくし可用性を高めるために Azure 側で行っているので、安心感は増します。

山田さんは、黒田さんの言葉を時折思い出します。

まず、自分で考えて、自分で実行するのが重要と山田さんも理解していました。矢島社長と方向性を確認した後、自席に戻るやいなや、既に取得してあった Azure の1年間無料アカウントで様々な機能を検証し始めました。クラウドに不慣れな部分もあり、ひとつひとつが試行錯誤ですが、まだ見えない先ですが、何かに進んでいると感じていました。(第二話に続く

今後、JSYでは、自社の経験を活かし、今後ひとり情シス向けの Azure クラウドのソリューションの情報提供やサポートを提供していく予定です。低価格で提供し、新横浜にあるオフィスでは定期的にセミナーを実施していきます。ご関心のある方は、下記バナーをクリックしアンケートにてご意向をお聞かせください。