日経BP総研の主席/上席研究員が訊く

DIGITAL Foresight 2020 Summer DIGITAL Foresight 2020 Summer

ニューノーマル時代に
立ち向かうDXの新潮流

INDEX
  • データマネジメント/ヴィーム・ソフトウェア

クラウドシフトを前提に
データマネジメント手法を見直し
「仕事を止めない」システムを作る

システムやアプリケーションのクラウドへの移行が進む中で、利用する「データ」のマネジメント手法もオンプレミス時代から変化を余儀なくされている。パブリッククラウドやプライベートクラウド、さらにオンプレミスに分散したデータをどのように管理するか。クラウドシフトを前提にしたときのデータマネジメント手法について考察していく。

クラウドシフトが急進
データをいかに管理していくか

ヴィーム・ソフトウェア株式会社
執行役員社長
古舘 正清 氏

小林 ヴィーム・ソフトウェアと古舘さんの自己紹介をしていただけますか。

古舘 ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境を見据えたデータマネジメントソリューションを提供するベンダーです。私個人は、IBMで長く仕事をして、その後はマイクロソフトで役員を務めてきました。この経歴からも分かるように、長く企業システムに携わってきて、企業のデータの重要性についてはよく理解しているつもりです。多くのお客様のデータマネジメントの仕組みは、昨今のクラウドシフトの進展に追いついていないと認識しています。こうした状況を打開すべく、ヴィーム・ソフトウェアのクラウドデータマネジメントの仕組みを国内でも広げていくための活動を行っています。

小林 コロナ禍でテレワークが一般化して、クラウドの利用はさらに広がっています。クラウドシフトが進むと、データマネジメントはどのように変わるでしょうか。

古舘 オンプレミスのワークロードは、どんどんクラウドへとシフトが進んでいます。SaaS(ソフトウエアアズアサービス)型のアプリケーション活用も進んでいます。すなわち、これまではオンプレミスにあった企業のデータが、クラウド上にも分散して保管される時代になってきているのです。これらを統合して管理するのがクラウドデータマネジメントです。

[画像のクリックで拡大表示]
クラウドデータマネジメントの機能要素
業務に必要なデータをいつでもどこからでもアクセスできるようにするために、「バックアップと復元」「クラウドモビリティ」「監視と分析」「オーケストレーションと自動化」「ガバナンスとコンプライアンス」の5つの仕組みを提供する

オンプレミスとクラウドの全体で
ビジネスを止めないためのデータ管理

小林 コロナ禍で、多くのビジネスパーソンは出社できなくなり、自宅で仕事をするようになった影響はありますか。

古舘 オンラインが当たり前な時代になりました。そうした時代に、ビジネスを止めない仕組みをどのように作るかがカギを握ります。今まではデータはなんとなく保管してあればいいというような考え方が幅を利かせていました。しかし、それだけでは事業リスクに対する課題は解決されていません。バックアップを取っていなかったり、すぐにシステムに戻せるような仕組みが整っていなかったりすると、事業継続に問題が残ります。システムがどれぐらいの時間で復旧できるか、どのポイントまできちんと復旧できるかを、クラウドとオンプレミスを含めたシステム全体で考えて再設計する必要があるでしょう。

小林 自然災害を含めて、想定外の事態が起こることが多くなっています。変化への柔軟な対応も必要ですね。

古舘 「クラウドモビリティ」という考えが重要になってきています。オンプレミスからクラウドに移すだけでなく、必要に応じてクラウドからオンプレミスやプライベートクラウドにデータやワークロードを戻せるようにすることです。何が起こるか分からない時代だけに、柔軟性を持たせられるシステムを作る必要性が高まります。

※講演の一部をOn-Demand形式で視聴いただけます。

まずデータ資産とリスクを可視化
その上でデータマネジメントの対策を

小林 クラウドデータマネジメントについて、企業にはどのような指摘をなさっていますか。

古舘 今、自社のデータがどこにどのような状態で管理されているか、その棚卸しをしっかりやってほしいということを説明しています。それによって、事業リスクがどこにどのぐらいあるかを認識できるはずです。

 実際にお客様はどこから手を付けたらいいかすら分からないかもしれません。その場合はまずデータアセット(資産)を可視化することから始めましょう。ヴィーム・ソフトウェアではデータアセットの診断を無償で提供しています。既に弊社のお客様である企業では、バックアップや復元の機能は備えていて、可視化やクラウドモビリティについて対応を考えるケースが多いです。一方で、お客様になっていない企業ではバックアップや復元の機能が標準化されておらず、第一歩から始める必要があることもあります。

 ヴィーム・ソフトウェアの製品を導入するかどうかは別にして、事業リスクの可視化が重要です。そうすることで、標準化されていないことによる無駄なコストも同時に見えてきます。そうすることで、コストを上げずに事業リスクを下げていくことができると考えています。

ヴィーム・ソフトウェア株式会社

https://www.veeam.com/jp


PAGE
TOP