1日1テーマでこれからのデジタル課題が分かる DIGITAL Foresight 2020-2021 Winter Review 1日1テーマでこれからのデジタル課題が分かる DIGITAL Foresight 2020-2021 Winter Review

日経BPの編集長/日経BP総研研究員が総力を挙げて展望する ニューノーマル時代のデジタル・トレンド 日経BPの編集長/日経BP総研研究員が総力を挙げて展望する ニューノーマル時代のデジタル・トレンド
INDEX
  • ゼロトラスト/NTTデータ

「デジタルワークスペース」が
ニューノーマル時代の常識となる

コロナ禍を背景に、場所にとらわれない働き方の確立が企業における重要課題の1つになっている。それに向けて、テレワークへの対応やそこでのセキュリティー対策についての課題を抱える企業も少なくない。NTTデータでは「BizXaaS Office(BXO)」の提供を通じて「デジタルワークスペース」の構築を支援。そうした課題の解消に向けた企業の取り組みを強力に支援している。

コロナ禍を背景に注目が高まる
「デジタルワークスペース」

遠藤 由則 氏
株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
デジタルビジネスソリューション事業部 部長
遠藤 由則 氏

大和田 コロナ禍を契機として、働き方改革の推進が加速し、テレワークの実践も急速に進んでいます。一方、従業員によるリモートからのアクセス急増によるVPNの遅延、あるいはアプリケーションのクラウド化に伴うセキュリティーリスクの増大など、様々な問題が顕在化しています。それらの問題を解消しながら、いかに従業員の生産性を高めていくかという課題感の下、OA環境をデジタル化する「デジタルワークスペース」という考え方にあらためて大きな関心が寄せられていますね。

遠藤 端的にいえば、「いつでも」「どこでも」「どんなデバイス」からでも、必要なアプリケーションをセキュアに利用できるようなOA環境を実現していくことがデジタルワークスペースの本義だといえます。もっとも、口で言うのは簡単ですが、実際のところ企業には、ほとんどの場合、予算面でも人的リソースについても制約があります。そうした事情も踏まえながら、いかに最適な姿を実現していくかが取り組みを進めていくうえでの重要な課題であり、現実的には数年間を費やして着実に理想像に近づけていくことになるかと思います。

デジタル技術を臆せず活用し
従業員/経営双方の要求を両立

大和田 デジタルワークスペースの構築を進めるうえでのポイントがあればお聞かせください。

遠藤 業務現場の求める利便性が経営的にはセキュリティー上の問題をはらむことになるというジレンマが存在すると、経営サイドはリスク回避を優先する傾向になりがちです。こうした場合にも、ゼロトラストネットワークに基づくセキュリティー対策など、多様なデジタル技術を臆することなく活用し、生産性向上やエンゲージメント強化に向けたEX(Employee Experience)などを念頭に、従業員目線をしっかりと維持しながら、経営側の要件も満たしていくという方策を探っていくことが肝要でしょう。

※講演の一部をOn-Demand形式で視聴いただけます。

市場にある最適なソリューションを
“Best of Breed”で組み上げ提供

大和田 NTTデータでは業界に先駆けて、企業におけるデジタルワークスペースの構築支援に取り組まれてきました。その具体的内容を紹介いただけますでしょうか。

遠藤 当社では2010年に「BizXaaS Office(BXO)」というサービスの提供を開始しています。これはデジタルワークスペース実現のための様々なオファリングの集合体で、ビジネス環境や技術動向の変化に合わせて、随時サービスラインアップを追加してきました。現在では一連のVDIソリューションを「BVDI(BXO Virtual Desktop Infrastructure)」というサブオファリングにまとめて提供しているほか、「BMWS(BXO Managed Workspace Security)」という名称のサブオファリングでは、CASBやIDaaS、UEM、EDRといったゼロトラストネットワークに基づくセキュリティー対策を構成する各種パーツをご用意。ここで採用しているプロダクトはいずれも、各領域におけるグローバルデファクトスタンダードと呼べるもので、それらをOEM供給のようなかたちで調達し、われわれのほうで“Best of Breed”として組み上げて提供するというスタイルを取っています。

大和田 ご用意されているそうしたラインアップから、どういうサービスを、どのような優先度で導入していくべきかについて頭を悩ませる企業も多いかと思います。それについてはどのように支援されていますか。

遠藤 BXOにおけるサブオファリングの集合体の1つですが「BPCS(BXO Professional Consulting & Support)」をご用意しています。これはBXOの導入に向けて、お客様の抱える課題やニーズをお聞きして、現行環境のアセスメントなども行いながら最適なアプローチをコンサルティングさせていただくというサービスです。導入効果の最大化に向けたご支援をさせていただいています。

大和田 新型コロナとの闘いは当面続くことが予想されます。しかし見方を変えると、ワークスペースのデジタル化を進めるうえでの大きなチャンスとも捉えることができるでしょう。今こそ「アフターコロナ」を見据えた、積極的なデジタル投資が企業に求められているといえそうです。

デジタルワークスペース領域のオファリング「BizXaaS Office(BXO)」のラインアップ
[画像のクリックで拡大表示]
デジタルワークスペース領域のオファリング「BizXaaS Office(BXO)」のラインアップ
BXOのサブオファリングであるBMWS は、ネットワークやデバイス、ロケーションなどを一切信頼しない、常に検証する「ゼロトラストネットワーク」アーキテクチャの概念を取り入れ構築することで、より強固なセキュリティー基盤を実現している

株式会社NTTデータ「BizXaaS Office」

https://www.bizxaas.com/application/office/


PAGE
TOP