DXのカギを握るハイブリッドIT環境 基盤の整備に向け、必要な視点とは

「テクノロジーの力を、どうビジネス価値に変えるか」――。これが、あらゆる日本企業のミッションになっている。それには、パブリック/プライベートクラウド、オンプレミスといった様々なITインフラを適材適所で使い分けながら、変化の激しいビジネスに即応していくことが肝心だ。そうした中、かねて提供してきた多彩なサービス群を再編・強化し、新たな技術やデリバリモデルを付加し提供することで市場の声に応えようとしているのが富士通である。最新サービス「FUJITSU Hybrid IT Service」を利用することで、企業はどのような価値を得られるのか。キーパーソンに聞いた(聞き手:日経BP総合研究所 フェロー 桔梗原 富夫)。

PAGE TOP