窮地に陥りかけたプロジェクトを救った超高速開発ツールとは スピーディーかつ高品質なシステム開発を可能にするものとして活用が進む超高速開発ツール。インテリジェント・モデルが提供する「ODIP」は、基幹系システムに欠かすことのできないバッチ処理の開発に特化した超高速開発ツールだ。富士通は、個人信用情報機関が実施した大規模システムの刷新プロジェクトにこのODIPを適用。アジャイル開発アプローチを併せて採用することで工期を圧縮。進捗が滞りがちだったプロジェクトを成功に導いた。

金融機関の与信業務を支援する
汎用機のシステムを刷新することに

バッチ処理の理想を追求し
独自の設計思想で開発生産性を向上

ODIPを活用したアジャイル開発が
プロジェクトの工期圧縮に貢献