顧客や市場に関するデータ量の爆発的な増加とともに、「データデバイド」(データ活用の格差)が企業の成長を大きく左右する時代となった。インテルは、データ活用を中心に据えたデジタル変革であるDcX(データ・セントリック・トランスフォーメーション)を提唱。その意義や、インテルが提供するサービスおよび支援について、インテル 代表取締役社長の鈴木国正氏と執行役員常務 技術本部 本部長 土岐英秋氏に取材を行い、前後編に分けて紹介していく。(聞き手は日経BP 総合研究所 フェロー 桔梗原富夫)

データ活用を中心に据えたDXを
「技術の民主化」で「攻め」のデータ活用を支援する

前編を読む

ハードウエアからエコシステムまで
DcX推進のための環境をトータルに形成

後編を読む

前編・後編のハイライトを観る

お問い合わせ

インテル株式会社

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル5階

https://www.intel.co.jp/