日経クロステック Special

高校生の「学びをとめない」ために 兵庫県教育委員会がSurface Go 2 を大規模導入

2020年6月、兵庫県教育委員会が、県立高校向けにマイクロソフトのSurface Go 2を1万6000台導入すると同時に、全生徒分の Office 365などの ライセンスを展開することを発表した。GIGAスクール構想の枠にはまらない「高校」における大規模なICT教育環境整備に踏み切った理由、また臨時休業の事態が起こる以前から入念に進めてきた導入の経緯について、同県教育委員会に話を聞いた。

未来を切り拓く高校生のために
行政が主導してICT環境を整備

髙橋 氏
兵庫県教育委員会事務局
教育企画課長
髙橋伸之

 兵庫県が掲げる教育施策に関する基本的な計画「ひょうご教育創造プラン」は、2019年度から5年間を対象に進められ、現在、第3期期間中。基本理念に「兵庫が育む こころ豊かで自立する人づくり」が掲げられている。

 「プランでは、“未来への道を切り拓く力の育成”をテーマに掲げています。Society5.0時代ともいわれる、ICT技術が発達しグローバル化が進む世の中では、ICTを駆使し情報を取捨選択し、自ら課題を立てて様々な人と協動して解決を図る力が求められています。こうした力の育成のために、ICT環境は必須と考えています」と、兵庫県教育委員会で県立学校のICT化を推進している髙橋伸之氏は語る。

 同プランは小中学校、高校、大学、社会教育などを対象にしているが、今回Surface Go 2の導入を決めたのは県立高校。高校への導入を決めた背景には特別な事情があった。

 「現在、義務教育段階の学校では文科省のGIGAスクール構想によるICT化が進められており、一方で、大学はPCの必携化が進んでいます。しかし高校は、国庫補助があまりない段階なので、県が率先して取り組みを進めなければならない状況でした」

 そこで兵庫県では、県立学校のICT化を目的とした予算を組み、計画的に整備を行うことを決めた。

学びを止めない必然性の高まりと
タブレット端末の貸与、学習支援アプリの導入

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による臨時休業は、そうした最中に発生した。 「今回の臨時休業が決まった際、兵庫県では、早くから対応に動きました。教育現場における雰囲気として、学習を止めるわけにはいかない、しかしICTを活用するのであれば生徒全員が使えなければ踏み出しにくい、という思いがあるように感じました」と髙橋氏。

波部 氏
兵庫県教育委員会事務局教育企画課
主任指導主事兼教育情報班長
波部新

 兵庫県に緊急事態宣言が出された日の翌日には、家庭にインターネット環境のない生徒数を調査し、連休前の4月20日にはLTE通信機能付きのタブレット端末の貸与を開始。スタディサプリやClassiといった学習支援アプリも4月中には導入した。その利用率は、県立高校で9割以上に達するという。

 現場の動きも俊敏だった。突然、遠隔授業を行わざるを得なくなった教員に対しても、動画の作成方法や注意点を研修で伝えるなど、先回りした対策を取った。

 「遠隔で行った研修にはすべての県立学校が参加してくれて、しかも、画面上の様子を見ると、代表者1人ではなく複数人が参加する学校が多く、現場の機運の高まりを強く感じました。その勢いを止めないように4月にも補正予算を組んで、環境整備に努めてきました」と、髙橋氏と共に対応に当たった波部新氏は言う。