教育現場の利用に最適な2in1タブレット 使いやすく壊れにくい端末を小中学生に 教育現場の利用に最適な2in1タブレット 使いやすく壊れにくい端末を小中学生に

全ての小中学生が1人1台のIT端末を使えるようにすることと、高速大容量の通信ネットワークを全国の学校現場に整備することを柱とする政策「GIGA(Global and Innovation Gateway for All)スクール構想」が成立。1人1台の環境を実現するため、国は1台当たり4万5000円を限度に購入費を補助する。それでは、小中学生はどのようなPCを活用すべきなのか。全国の教育現場にPCを提供した豊富な実績を持つマウスコンピューターに聞いた。

落下衝撃に強く、防塵にも優れた「MousePro P116Bシリーズ」

落下衝撃に強く、防塵にも優れた「MousePro P116Bシリーズ

2020年1月20日、安倍晋三首相は通常国会冒頭の施政方針演説で、「4年以内に、全ての小学生、中学生に1人1台のIT端末を揃えます」と明言した。この「GIGAスクール構想」によって、今後の数年間で教育現場は大きく変わるだろう。

教育現場におけるICT活用をメーカーの立場から追及してきたマウスコンピューター法人営業本部の金子覚本部長は、1人ひとりの小中学生がIT端末を使えるようになる意義を次のように語る。「学校や自治体の方にICT活用を説明する場で、ゲストスピーカーの方の『皆様の世代に、YouTubeクリエイターという職業はありましたか?デジタル技術で構成される業種が広がっていく中で今の小学生にデジタルを触らせないのは、将来を妨げることではないですか?』というお話がとても印象的でした。教育現場のICT活用は進めるべきですし、デバイスを提供するメーカーとして、弊社も貢献したいと強く思いました」

株式会社マウスコンピューター 法人営業本部 本部長 金子 覚氏
株式会社マウスコンピューター 法人営業本部 本部長 金子 覚

子どもたちの教育を支えるためには、教育現場に適したPCを選ぶ必要がある。教育現場で求められるPCの要件について、金子氏が最初に挙げたのはサポート体制だ。子どもたちが乱暴に扱ってPCを壊してしまったり、教職員では解決できないトラブルが発生したりする。こうした際に迅速に対応できるかが、学びを止めないためのポイントになる。マウスコンピューターは、24時間365日の電話やチャットでのサポートを提供しており、教育現場からも高い評価を得ている。日中、授業や児童の対応に追われる教師がサポートに連絡できるのは、どうしても夕方以降になるからだ。

金子氏は「修理に要する時間が短ければ、導入する予備機が少なくて済みます。弊社では、72時間以内での修理返却を目標としており、お客様からは『心強い』とのコメントをいただいています」とメンテナンスや修理の体制も重要と続ける。

子どもの利用を考えた堅牢性と工夫

教育現場での使用に適した2in1タブレットとして、マウスコンピューターが提供するのが「MousePro P116Bシリーズ」だ。タブレットの状態から、11.6型の液晶ディスプレイを360度回転させると、キーボードを使うノートPCとしても利用可能。JIS規格準拠の落下試験で約75cmからの落下に耐え、机の上からの落下にも耐えられる。IP5Xの防塵基準に準拠している頑強なボディーに加え、キーボード部分はIPX2の防滴基準に準拠している。そのため、子どもが汚れた手や濡れた手で触っても安心して使える仕様だ。鉛筆などで傷つけられる恐れのある液晶ディスプレイ部分には、硬度7Hのガラスを採用。バッテリーの持続時間は約10.6時間なので、朝から夕方まで充電せずに使える。

「GIGAスクール構想」に関連して国がまとめたWindows PCの「標準仕様書」では、タッチパネル対応を規定している。「MousePro P116Bシリーズ」は、10点マルチタッチに対応しているので、グループ学習の際に複数の子どもたちが画面をタッチして、画面上のコンテンツを動かすといった使い方にも適している。また、標準装備のスタイラスペンは1024段階の筆圧を感知し、文字の「とめ」「はね」などの表現も十分にできる。

さらに金子氏は「お客様からは、標準装備しているハンドルが『小さな子どもが持ち運ぶ際に便利』との声をいただいています。2in1タブレットはノートPC形状の場合、イン側にしかカメラがない製品も多いのですが、「MousePro P116Bシリーズ」はカメラが180度回転してイン・アウト双方の利用に対応しています。この点も非常に好評です」と説明する。

「MousePro P116Bシリーズ」を活用した柏市立手賀東小学校の授業風景

「MousePro P116Bシリーズ」を活用した柏市立手賀東小学校の授業風景

教育現場の課題を解決する様々な機能

ほとんどのタブレット製品の場合、USBメモリーなどの外部メディアへのアクセス端子がなかったり、あっても特殊な形状だったりする。「MousePro P116Bシリーズ」はUSB3.0 Type-A×1、Type-C×1、マルチカードリーダーなどを装備しているので、ほかのデバイスとのデータの受け渡しは万全だ。

「プログラミング教育でタブレット製品を導入していた学校では、プログラムデータをBluetoothで送受信していたのですが、ペアリングのコンフリクトなど、様々な問題が発生していました。しかし物理的にUSBで接続してプログラムデータを送ると、そうした問題は発生しません。事実、USB端子の有無が決め手となって弊社の製品を導入していただいた事例もあります」と金子氏が話すように、USB端子の有無は教育現場にはとても重要だという。

ほかにも教育現場ならではの要件がある。教科書や筆記用具、部活動の道具などと一緒にカバンに詰められるため、圧迫に強いことも求められるのだ。タブレット製品の開発・販売などを通じて、教育現場で多くの要望に応えてきたマウスコンピューターの「MousePro P116Bシリーズ」は、従来のモデルと比べて、圧迫による故障などの報告件数は非常に少ないという。

学年ごとに変わる用途に対応する
2in1タブレット

「教育現場におけるPCの用途は学年ごとに変わります。低学年はタブレット形状でタッチパネルに手書きで文字を書かせる使い方が中心ですが、高学年になるとプログラミングや文書の作成などの作業も行うので、ノートPC形状でタイピングする必要が出てきます。2in1の『MousePro P116Bシリーズ』なら、こうした変化にも対応可能です」と金子氏は語る。

今回の「GIGAスクール構想」で全ての小中学生に1人1台の端末が配備されると、学校教育の現場は大きく変わるだろう。その実現に向けてマウスコンピューターの果たす役割は小さくない。同社はGIGAスクール構想の「標準仕様書」に準拠した新モデル「MousePro P101シリーズ」の開発も発表した。

「MousePro P101シリーズ」は、「MousePro P116Bシリーズ」の頑強さそのままに、現場からの声を活かして改良したモデルだ。着脱可能なキーボードやハンドルにもなる一体型のスタンドを付属し、本体背面には教師が各端末の動作状態を確認するための専用インジケータを搭載。オプションとしてMicrosoft Pen Protocol準拠のスタイラスペンも準備される予定だ。こちらも「MousePro P116Bシリーズ」と併せて期待したい。

現在開発中の「MousePro P101」

現在開発中の「MousePro P101シリーズ