AI、IoT、地域医療連携 医療の高度化を支える最重要インフラとは - 様々な業界でデジタル活用による事業の高度化が進んでいる。医療業界も例外ではない。AIを活用した予防医療、IoTを活用した遠隔診療、そして、重要なテーマに挙げられ続けている地域医療連携の実現が近づきつつある。岡山県の倉敷中央病院は、そうしたデジタル活用に積極的に取り組んでいる病院の1つ。同院と、IT企業として多くの病院を支援してきた実績を持つNECのキーパーソンに、医療におけるデジタル活用の現状と今後について語ってもらった。

お問い合わせ