「2025年の崖」に立ち向かう 真のDXを成功に導くカギ

基幹業務にAIアルゴリズムを組み込み企業の生産性を飛躍的に高める - 日経クロステックSpecial

「これからのDXでは、企業の生産性を飛躍的に引き上げる取り組みが加速するでしょう」。こう語るのは、野村総合研究所(以下NRI)の舘野 修二氏だ。同氏は、これまで人間が計画と調整を繰り返してきた業務を、機械がデータとAI アルゴリズムを基に調整し、リアルタイムで実行する時代が来ると予測する。これによって、時間の大半を占めているにもかかわらず付加価値を生み出さない人手による調整作業が不要になり、生産性が大きく向上するというのだ。

エンタープライズ領域での
ビッグデータ活用への投資が本格化

意思決定を担うAIアルゴリズムが
業務系システムに埋め込まれる

競争優位性の高い業務モデルを
顧客企業と共創する

PAGE TOP