「2025年の崖」に立ち向かう 真のDXを成功に導くカギ

労働集約型のIT運用から脱却するために単一基盤のシンプルなハイブリッド環境を - 日経クロステックSpecial

グローバルレベルからは後れを取っている日本のDX。その最大の要因はIT技術者がベンダー側に集中しており、ユーザー企業の人材が不足していることだとニュータニックス・ジャパンの町田 栄作氏は指摘する。この問題を解決するために有効なのが、単一基盤でシンプルなハイブリッド環境を作り上げること。ニュータニックスはそのためのソフトウエアを提供しており、日本国内でもIT運用管理の常識を大きく変えつつある。

ユーザー企業が求めているのは
利用と所有の“いいとこ取り”

グローバルで約1万6000社が導入
日本でも多様な組織が採用

ハードベンダーはパートナー
エコシステムでITの常識を変える

PAGE TOP